クイズで上達!洋書の英語9:洋書に出てくる英語表現0041〜0045

「クイズで上達!洋書の英語9:洋書に出てくる英語表現0041〜0045」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第9回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0041から0045を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0041〜0045
全10問

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0041〜0045
全10問

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0041:long in the tooth

long in the tooth

long in the toothのイメージ画像1です。

  • 由来:年をとるにつれて歯茎が痩せてきて、歯が長くなったように見えることから。元々は馬の歯に関する表現でしたが、年をとるにつれて歯茎が痩せてくるのは人間も同じであることから、馬以外の事柄に関しても使用されます。
  • 意味:年老いている、年をとっている、古い
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    She’s a bit long in the tooth to play such a romantic role.
    彼女は、そのようなロマンチックな役を演じるには少し年をとりすぎている。
    Flip phones are getting extremely long in the tooth.
    ガラケーは古くなりすぎています。
    She is fond of long-in-the-tooth fashion and always dresses up like a noble woman in the Middle Ages.
    彼女は古いファッションが好みで、いつも中世の高貴な女性のような服装をしています。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0042:peeping Tom

peeping Tom

peeping Tomのイメージ画像1です。

  • 由来:重い税金に苦しむ領民を救うために全裸で白馬に跨って街を一周したゴダイヴァ夫人を仕立て屋のトムが覗き見したという伝説から。
  • 意味:のぞき魔、のぞき屋
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    Have you been monitoring me all the time? Like a peeping Tom?
    ずっと私を監視していたの? のぞき魔みたいに?
    It’s hard to stop playing peeping Tom once you start.
    のぞきは一度はじめると、やめるのが難しい。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0043:pull the wool over someone’s eyes

pull the wool over someone’s eyes

pull the wool over someone's eyesのイメージ画像3です。

  • 由来:かつら(wool)を目の前まで引っ張り下げて相手の目を見えなくすれば、人を簡単にだますことができることから。
  • 意味:人の目をあざむく、人の目をくらます、人の目をごまかす、たぶらかす
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    Mary tried to pull the wool over John’s eyes.
    メアリーはジョンの目をごまかそうとした。
    John didn’t let Mary pull the wool over his eyes.
    ジョンは、メアリーにごまかされなかった。
    John didn’t have the wool pulled over his eyes by Mary.
    ジョンはメアリーにごまかされなかった。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0044:green thumb

green thumb

green thumbのイメージ画像2です。

 

  • 由来:植物を育てるのが上手な人は、親指が緑色になるくらいまで庭いじりをしていると考えられることから。イギリスでは主にgreen fingersの形で使用されます。
  • 意味:園芸の才能
  • 出現頻度:C[まれ:洋書内ではまれにしかでてこないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    You really have a green thumb. Your garden is always beautiful.
    あなたには園芸の才能が本当にありますね。あなたの庭はいつも綺麗です。
    Your mother was excellent at growing plants. You must have green fingers too.
    あなたのお母さんは植物を育てるのが本当に上手だったのよ。あなたにも園芸の才能があるにちがいないわ。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0045:fork

fork

forkのイメージ画像2です。

  • 意味:分かれ道、岐路、分岐点
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    You came to a fork in the road. / You reached a fork in the road.
    あなたは分かれ道にやってきた。
    At the fork in the road, you stood for a while to decide which way to go.
    あなたは、どの道に行くべきか決めるために分かれ道のところでしばらく立ち止まった。
    You took the left fork in the road.
    あなたは左側の分かれ道を進んだ。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング