クイズで上達!洋書の英語8:洋書に出てくる英語表現0036〜0040

「クイズで上達!洋書の英語8:洋書に出てくる英語表現0036〜0040」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第8回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0036から0040を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0036〜0040
全10問

 

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0036〜0040
全10問

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0036:vanilla

vanilla

vanillaのイメージ画像1です。

  • 意味:ありきたりな、面白みのない、平凡な
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    My job may seem creative, but, for the most part, is vanilla.
    私の仕事はクリエイティブに見えるかもしれませんが、大部分はありきたりでつまらないものです。
    Today, markets are full of plain-vanilla commodities.
    今日、市場はありきたりの平凡な商品で溢れかえっています。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0037:like-minded

like-minded

like-mindedのイメージ画像1です。

  • 意味:同じ志を持った、同じような考えを持った、同じような価値観を持った、心の似通った
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    Social media is a good way to meet like-minded people.
    ソーシャルメディアは同じような考えを持つ人達と出会う良い方法です。
    My parents get along very well, but they are not necessarily like-minded about money.
    私の両親はとても仲が良いのですが、お金に関しては必ずしも同じ考えを持っているわけではありません。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0038:also-ran

also-ran

also-ranのイメージ画像1です。

  • 意味と由来:競馬のレースで入着(3位以内でゴール)できなかった4位以下の馬を表す「着外馬(also-ran)」に由来する表現で、「落伍者」や「落ちこぼれ」、「負け組」、「敗者」の意味で使用されます。
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    When Steve Jobs came back to Apple, the company was an also-ran on the verge of bankruptcy.
    スティーブ・ジョブズがアップルに帰ってきた時、アップルは倒産寸前の落ちこぼれ企業でした。
    He may be special in Japan, but is just an also-ran player in the world
    彼は日本では特別かも知れないが、世界でみればその他大勢の選手の一人に過ぎない。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0039:finger-pointing

finger-pointing

finger-pointingのイメージ画像

  • 意味と由来:喧嘩や言い争いをして相手を非難する時に相手を指差す様子に由来する表現で、「人を非難すること」や「責任転嫁」、「責任の追及」、「責任のなすり合い」の意味で使用されます。
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    It’s not the time for finger-pointing. We must make every effort to improve this situation now.
    責任の追及をしている場合ではありません。今は、この状況を改善するために最善を尽くさなければなりません。
    His finger-pointing attitude is not appropriate as a leader.
    人を非難する彼の態度はリーダーとして適切ではない。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0040:foot in the door

foot in the door

foot in the doorのイメージ画像1です。

  • 意味と由来:飛び込み営業をしているセールスマンが訪問先の家のドアの隙間に片足を入れて、ドアを閉められないようにした状態でセールスを行う様子に由来する表現で、「足がかり」や「とっかかり」、「最初の一歩」、「糸口」の意味で使用されます。
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    That job didn’t make money, but helped me get a foot in the door of online businesses.
    その仕事は儲かりませんでしたが、オンラインビジネスの足がかりをつかむのに役立ちました。
    A part-time job can be a foot in the door for a full-time job.
    パートタイムの仕事は、フルタイムの仕事を得るための足がかりになり得ます。
    Winning a customer’s trust is a foot in the door toward building a successful business.
    顧客の信頼を勝ち取ることは、ビジネスを成功させるための第一歩です。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング