クイズで上達!洋書の英語39:洋書に出てくる英語表現0191〜0195

「クイズで上達!洋書の英語39:洋書に出てくる英語表現0191〜0195」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第39回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0191から0195を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0191〜0195
全10問

 

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0191〜0195
全10問

 

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0191:spill the beans

spill the beans

spill the beansのイメージ画像1です。

  • 由来:白色の豆(賛成票)と黒色の豆(反対票)を使った古代ギリシャの投票において、誤って豆をこぼしてしまうと、投票結果が先に分かってしまうことから。
  • 意味:(うっかり又は意図的に)秘密を漏らす
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    All our efforts went up in smoke, because John spilled the beans.
    ジョンが秘密を漏らしてしまったため、私たちの努力はすべて無駄になりました。
    It’s a secret. Don’t spill the beans to anyone.
    秘密だからな。誰にも漏らすなよ。
    We tried to get him to spill the beans, but he kept tight-lipped about any details.
    私たちは彼に口を割らせようとしましたが、彼は固く口を閉ざしたまま詳しいことは何も言いませんでした。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

例文内で使用した「go up in smoke」については以下の記事で詳しく解説しています。

洋書に出てくる英語表現0192:drive someone up the wall

drive someone up the wall

drive someone up the wallのイメージ画像1です。

  • 由来:独房に閉じ込められて禁断症状を来したアルコールや薬物依存症の患者が「ひどく苛立って」独房の壁をよじ登る様子から(諸説あり)。
  • 意味:(人を)ひどく苛立たせる、カンカンに怒らせる、頭にくる
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    His arrogant attitude drives me up the wall.
    彼の横柄な態度は頭に来ます。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0193:sell someone down the river

sell someone down the river

sell someone down the riverのイメージ画像1です。

  • 由来:昔、アメリカの農園主がそれまで自分に尽くしてきた奴隷を「裏切って」ミシシッピー川の下流にある、より労働条件の厳しい別の農園に売り飛ばしたことから。
  • 意味:(人を)裏切る、(人を)見捨てる
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    My boss sold me down the river to protect himself.
    私の上司は自分自身の保身のために私を見捨てました。
    Never trust John. He is the type of person who will easily sell you down the river for his own benefit.
    絶対にジョンを信用しちゃいけないよ。彼は自分の利益のためなら簡単に人を裏切るタイプの人間だからね。
    I felt I was sold down the river when I heard it from him.
    彼からそれを聞いた時、私は裏切られたと感じました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0194:push the envelope

push the envelope

push the envelopeのイメージ画像1です。

  • 由来:航空機が安全に飛行することのできる速度や高度、荷重の「限界範囲(フライト・エンベロープ)」のギリギリで飛行したり、限界範囲を超えて飛行する様子から。
  • 意味:限界に挑む、限界を押し広げる、既成概念を打ち破る
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    They pushed the envelope of human ability.
    彼らは人間の能力の限界に挑みました。
    Apple pushed the envelope of mobile devices.
    アップルは、モバイル機器の持つ可能性を押し広げました。
    He has a flexible way of thinking and doesn’t hesitate to push the envelope.
    彼は柔軟な考え方の持ち主で、既成概念の枠を超えることをためらいません。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0195:bend over backward(s)

bend over backward(s)

bend over backwardのイメージ画像1です。

  • 由来:サーカスやショーで曲芸師が観客を喜ばせるために懸命に体を後ろにそらせている様子から。
  • 意味:(他人のために)懸命に努力する、全力を尽くす、最大限の努力をする
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    My grandparents were always bending over backward to help others.
    私の祖父母は、いつも他の人を助けようと懸命に努力していました。
    I love Apple Store. They are kind and always willing to bend over backward to please customers.
    私はアップルストアが大好きです。アップルストアの店員は親切で、いつもお客さんを喜ばせようと進んで懸命に努力します。
    She leaned over backward to make everyone else happy.
    彼女は、他の人みんなが幸せになるように精一杯努力しました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング