クイズで上達!洋書の英語31:洋書に出てくる英語表現0151~0155

「クイズで上達!洋書の英語31:洋書に出てくる英語表現0151~0155」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第31回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0151から0155を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

 

穴うめ英作文

 

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0151:make a splash

make a splash

make a splashのイメージ画像1です。

  • 由来:水中に勢いよく飛び込んで派手に「水しぶきを上げる(make a splash)」と周りから大きな注目を集めることから(正確な由来は不明)。
  • 意味:(何か派手なことをして)大きな注目を集める、世間をあっと言わせる
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    The company made a splash by launching innovative products one after another.
    その会社は革新的な製品を次々と発売して世間をあっと言わせました。
    The new product made a big splash because of its striking design and credible quality.
    その新製品は、印象的なデザインと確かな品質により大きな注目を集めました。
    Her sexy revealing dress made a big splash at the party.
    彼女のセクシーな露出度の高いドレスは、パーティーで大きな注目を集めました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0152:vent one’s spleen

vent one’s spleen

vent one's spleenのイメージ画像1です。

  • 由来:かつて怒りや憂鬱、不機嫌といったマイナスの感情は「脾臓(spleen)」によって引き起こされると考えられていたことから(ventは「捌け口を与える」の意)。
  • 意味:怒りをぶちまける、怒りをまきちらす、八つ当りする
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    In a press conference after the match, the manager vented his spleen on reporters.
    監督は、試合後の記者会見で報道陣に怒りをぶちまけました。
    Yesterday my mother was in a bad mood all day and vented her spleen on me.
    昨日、母は一日中機嫌が悪く、私に八つ当たりしました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0153:have a nice ring

have a nice ring

have a nice ringのイメージ画像1です。

  • 意味:響きが良い(直訳すると「素敵な指輪を持っている」となりますが、この「ring」は「指輪」ではなく「響き」という意味で使用されています)
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現](nice以外の形容詞を使うパターンを含む)
  • 例文
    I recently got a dog and named him Wan-wan. It has a nice ring to it, doesn’t it?
    最近、犬を飼い始めて、ワンワンと名付けたんだよ。良い響きだろ?
    “I recently got a dog, but haven’t found a good name yet. Any good ideas?”
    “What about Wan-wan?”
    “Got a nice ring to it. I really like it!”
    「最近、犬を飼い始めたんだけど、名前がまだ決まっていないんだ。何か良いアイデアない?」
    「ワンワンはどう?」
    「良い響きだねえ。すごく気に入ったよ!」
    The name had a familiar ring to it, but I couldn’t remember who he is.
    その名前には何となく聞き覚えがありましたが、彼が誰なのかを思い出すことはできませんでした。
    Maybe it was just my imagination, but his words had a negative ring to them.
    気のせいかもしれませんが、彼の言葉にはどことなくネガティブな響きがありました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0154:red herring

red herring

red herringのイメージ画像1です。

  • 由来:昔、猟犬を訓練する際に強いにおいのある「燻製ニシン(燻製保存して赤くなったニシン = red herring)」を、猟犬の嗅覚を惑わすための一種の囮(おとり)として使用していたことから。
  • 意味:注意をそらすもの、注意をそらすための囮(おとり)、にせの手がかり
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    That was a relatively minor issue, but the President used it as a red herring to distract people from more serious issues.
    それは比較的小さな問題だったのですが、大統領はより深刻な問題から人々の気をそらすためにそれを利用しました。
    When the question was asked, he drew a red herring across the track by referring to another less important issue.
    その質問をされた時、彼は別のあまり重要ではない問題に言及することによってはぐらかしました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

 

洋書に出てくる英語表現0155:turn lemons into lemonade

turn lemons into lemonade

turn lemons into lemonadeのイメージ画像1です。

  • 由来: “When life passes out lemons, make lemonade”(人生からレモンを与えられたら、レモネードを作りなさい)という格言から。(lemonには「欠陥品」や「できそこない」、「役に立たないもの」の意味がある)
  • 意味:失敗を成功に変える、ピンチをチャンスに変える、マイナスをプラスに変える
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    He has overcome many difficulties by turning lemons into lemonade.
    彼はピンチをチャンスに変えることによって多くの困難を乗り越えてきました。
    Through the experience, he learned ways to make lemonade out of lemons.
    彼はその経験を通して、失敗を成功に変える方法を学びました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング