クイズで上達!洋書の英語24:洋書に出てくる英語表現0116~0120

「クイズで上達!洋書の英語24:洋書に出てくる英語表現0116~0120」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第24回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0116から0120を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0116~0120
全10問

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0116~0120
全10問

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0116:hand over fist

hand over fist

hand over fistのイメージ画像1です。

  • 由来:水夫が船の上で網やロープを素早くたぐる様子に由来するという「水夫」説と、大繁盛しているお店で次々にお金を受け取る様子に由来するという「お金」説があります。いずれの場合も片方の手(hand)がもう一方の手の拳(fist)を次々と追い越していく様子に由来します。
  • 意味:どんどん、どしどし、みるみる、じゃんじゃん、がぽがぽ
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    He seems to make money hand over fist in spite of recent economic recession.
    最近の不況にもかかわらず、彼はがっぽり儲けているようです。
    The travel industry is losing money hand over fist due to the impact of the coronavirus pandemic.
    コロナウイルスの大流行の影響で、旅行業界は資金をどんどん失っています。
    He is losing followers hand over fist because of his recent racist remarks.
    彼は、最近の人種差別発言が原因でフォロワーを次々と失っています。
    The product has been selling hand over fist since it was featured on TV.
    その商品は、テレビで紹介されて以来、ものすごい勢いで売れています。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0117:someone’s hands are tied

someone’s hands are tied

someon's hands are tiedのイメージ画像1です。

  • 由来:ロープなどで手を縛られていて身動きが取れない様子から。
  • 意味:何かに制限されているせいで自分の自由にはならない、制約があってなにもできない、私にはどうしようもない
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    Unfortunately, there is nothing I can do for you. I’m sorry, but my hands are tied by regulations.
    残念ながら、私があなたのためにできることはありません。申し訳ありませんが、規則で縛られていて私にはどうしようもないのです。
    Unfortunately, there is nothing I can do for you. I’m sorry, but regulations tie my hands.
    残念ながら、私があなたのためにできることはありません。申し訳ありませんが、規則で縛られていて私にはどうしようもないのです。
    I will not get married with anyone, because I don’t want to have my hands tied.
    私は、制約に縛られるのが嫌なので誰とも結婚はしません。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0118:let one’s hair down

let one’s hair down

let one's hair downのイメージ画像1です。

  • 由来:髪を結い上げた女性が髪を下ろしてリラックスする様子から。
  • 意味:緊張を解いてくつろぐ、楽にする、リラックスする、打ち解ける
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    After the speech, he let his hair down and began to eat like a horse.
    彼は、スピーチの後、気を楽にしてもりもり食べ始めました。
    Let’s let our hair down and have some fun tonight.
    今夜は、リラックスして楽しみましょう。
    The party gave us a chance to let our hair down and exchange frank opinions.
    そのパーティーは、私たちが打ち解けて率直な意見を交換する良い機会となりました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0119:play one’s cards close to one’s chest

play one’s cards close to one’s chest

play one's cards close to one's chestのイメージ画像です。

  • 由来:トランプなどのカードゲームで他のプレイヤーに自分の手札が見られないようにカードを自分の胸の方に引き寄せてプレーする様子から。
  • 意味:手の内を見せない、手の内を明かさない
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    Play your cards close to your chest until you can completely trust them.
    彼らのことを完全に信用できるようになるまでは、手の内を見せてはダメだよ。
    I don’t know what he is trying to do. He is known for keeping things close to his vest.
    彼が何をしようとしているのか私にはわかりません。彼は手の内を見せないことで知られていますからね。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0120:double-edged sword

double-edged sword

double-edged swordのイメージ画像3です。

  • 由来:剣の両辺に刃が付いていると、非常に役に立つことがある一方で、振り上げた剣で自分を傷つけてしまう恐れがあることから。
  • 意味:諸刃の剣、良さそうにみえるが、使い方によっては有益にも有害にもなりうること
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    The internet is a double-edged sword. It allows us to access beneficial information in a moment, but at the same time, it also enables us to access harmful information.
    インターネットは諸刃の剣です。インターネットのおかげで、私たちは有益な情報に瞬時にアクセスすることができますが、それと同時に有害な情報にもアクセスすることが可能となるのです。
    Every drug is a two-edged sword. When taking a drug, its potential benefits should be weighed against its potential risks.
    すべての薬は諸刃の剣です。薬を服用する際には、潜在的な利益を潜在的なリスクと比較検討する必要があります。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング