クイズで上達!洋書の英語23:洋書に出てくる英語表現0111〜0115

「クイズで上達!洋書の英語23:洋書に出てくる英語表現0111〜0115」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第23回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0111から0115を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0111〜0115
全10問

 

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0111〜0115
全10問

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0111:rest on one’s laurels

rest on one’s laurels

rest on one's laurelsのイメージ画像1です。

  • 由来:勝利と栄誉のシンボルである「月桂冠(laurels)」を得たことで満足してしまって、それ以上の努力を行わずに「月桂冠」の上で休む様子から。
  • 意味:過去(現在)の栄光に満足する、過去(現在)の成功に甘んじる、過去(現在)の栄光にあぐらをかく
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    He was one of the most successful players in the world, but his decline started when he became complacent and rested on his laurels.
    彼は世界で最も成功した選手の1人でしたが、自己満足に浸って過去の成功にあぐらをかいた時点で転落が始まりました。
    His first novel received many awards, but he has been resting on past laurels and written no new novels since then.
    彼の最初の小説はたくさんの賞を受賞しましたが、それ以来、彼は過去の栄光に甘んじて、新作を1つも書いていません。
    The Yomiuri Giants won the pennant last year, but the manager didn’t let his players rest on the laurels of victory.
    昨年は読売ジャイアンツが優勝しましたが、監督は選手たちに対して勝利の栄光に満足することを許しませんでした。
    Despite of his huge success, he keeps trying new things without sitting on his laurels.
    彼は、大きな成功を収めているにもかかわらず、栄光に安住することなく新しいことに挑戦し続けています。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0112:on the dot

on the dot

on the dotのイメージ画像1です。

  • 由来:「何時何分頃」といった大まかな時刻ではなく、時計の針が文字盤の上でちょうど特定の時刻を表す特定の「点の上(on the dot)」にある時との考えから。
  • 意味:(何時)ちょうどに、(何時)ぴったりに、時間どおりに
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    John finishes work at 5 p.m. on the dot and makes a beeline for home every day.
    ジョンは、毎日午後5時ちょうどに仕事を終えて、家に直行します。
    He goes to bed on the dot of nine every night.
    彼は毎晩9時ちょうどに寝ます。
    The store opens on the dot at 10 a.m.
    その店は、午前10時ちょうどに開店します。
    She is never late, but never early either. She always appears almost on the dot.
    彼女は決して遅れませんが、早く来ることもありません。いつもほぼぴったりの時間に現れます。
    “Did you make it in time?”
    “Of course. On the dot.”
    「間に合った?」
    「もちろん。ちょうどだったけどね」

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

例文内で使用されている「make a beeline」については以下の記事で詳しく説明していますので、是非あわせてお読みください。

洋書に出てくる英語表現0113:keep balls in the air

keep balls in the air

keep balls in the airのイメージ画像1です。

  • 由来:ジャグラーがお手玉のようにして一度に複数のボールを扱う様子から。
  • 意味:一度に多くのことをする、複数の物事を同時進行させる
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    My father does nothing but work, so my mother has to keep many balls in the air.
    私の父は仕事以外何もしませんので、母が多くの物事をこなさなくてはなりません。
    I finally understood why my business is struggling. I was juggling too many balls in the air.
    なぜ私のビジネスがうまくいっていないのか、私はようやく理解しました。一度に多くのことをやりすぎていたのです。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0114:pregnant pause

pregnant pause (pregnant silence)

pregnant pauseのイメージ画像1です。

  • 由来:直訳すると「妊娠中の沈黙」となりますが、この「pregnant」は「妊娠」の意味で使われているわけではありません。「pregnant」には「孕(はら)んでいる」という意味があり、「pregnant pause」の「pregnant」は「(隠れた)意味」を「孕んでいる」、すなわち「意味深長な」という意味で使用されています。
  • 意味:意味深長な沈黙、期待をはらんだ沈黙、もの言いたげな沈黙
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    He accepted my invitation willingly, but there was a pregnant pause before he said “of course.”
    彼は私の誘いを喜んで受け入れましたが、「もちろん」という前に何か意味深な沈黙がありました。
    After a long pregnant silence, he started to speak again.
    長い意味深な沈黙の後、彼は再び話し始めました。
    After a pregnant pause, the audience burst into laughter.
    意味深な間の後、観客はドッと笑い出しました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0115:play hardball

play hardball

play hardballのイメージ画像1です。

  • 由来: 直訳すると「硬球でプレーする」となります。硬球でプレーする硬式野球とソフトボールとの対比から生まれた表現。
  • 意味: 情け容赦のない強硬な手段を取る、強硬な姿勢に出る、真剣勝負をする
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    It seems that they are going to play hardball with us. We also have to pull out all the stops.
    彼らは我々に真剣勝負を挑んでくるつもりのようです。我々も全力で臨まなければなりません。
    Japan should play hardball with some foreign countries to preserve its national interests.
    日本は、国益を守るために一部の諸外国に対しては強硬な手段を取る必要があります。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング