クイズで上達!洋書の英語15:洋書に出てくる英語表現0071~0075

「クイズで上達!洋書の英語15:洋書に出てくる英語表現0071~0075」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第15回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0071から0075を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0071~0075
全10問

 

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0071~0075
全10問

 

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0071:pull out all the stops

pull out all the stops

pull out all the stopsのイメージ画像1です。

  • 由来:パイプオルガンの音を抑制しているストップをすべて引っ張れば、そのオルガンで出すことができる最大限の音が出るようになることから。
  • 意味:全力を尽くす、全力を傾ける、あらゆる手を尽くす、最大限の努力をする
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    He was pulling out all the stops for the business.
    彼は、そのビジネスに全力を傾けていました。
    We need to pull out all the stops to win the contract.
    私たちは、その契約を勝ち取るためにあらゆる手を尽くす必要があります。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0072:rock bottom

rock bottom

rock bottomのイメージ画像1です。

  • 由来:海の底で、石油や天然ガスなどの有用な鉱物を採掘できる鉱床(deposit)を掘り進めていくと、それ以上採掘することのできない岩石の層(rock bottom)、つまり「海の底のさらに底(= 本当の底)」に突き当たることから。
  • 意味:どん底、落ちるところまで落ちた最低の状態
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    I really hit rock bottom last year, when I lost my job and place to live at the same time.
    昨年、私は仕事と住む場所を同時に失って、どん底を味わいました。
    I never gave up even when I reached rock bottom.
    私は、どん底に落ちた時でさえ決してあきらめませんでした。
    He always helped me whenever I was at rock bottom.
    私がどん底の状態にある時には、彼がいつも助けてくれました。
    We have cut out the middlemen to provide high-quality products at rock-bottom prices.
    私たちは、高品質な商品を最低価格で提供するために中間業者をカットしています。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0073:rack one’s brain

rack one’s brain

rack one's brainのイメージ画像3です。

  • 由来: 脳を拷問にかけているかのように頭を必死に働かせる様子から(「rack one’s brain」は直訳すると「脳を拷問にかける」の意)。
  • 意味:頭を働かせて懸命に考える、頭を絞る、頭を悩ませる、頭をひねる、知恵を絞る
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    I racked my brains, but failed to come up with any good idea.
    私は、頭を振り絞って考えましたが、良いアイデアは何も思いつきませんでした。
    I desperately racked my brain to find a solution
    私は、解決策を見つけだそうと必死で知恵を絞りました。
    I racked my brain trying to remember what she had said at that time.
    私は、あの時彼女が何を言ったのかを思い出そうと頭を絞りました。
    She was quiet and quite shy, and we had nothing in common. So, I had to rack my brains for topics of conversation.
    彼女は物静かで、とてもシャイだった上、私達には何の共通点もありませんでした。だから、私が頭を振り絞って話題を考えなければなりませんでした。
    Just as I was racking my brain over that problem, he hit upon a great solution.
    その問題について私が頭を悩ませていたちょうどその時、彼がすばらしい解決策を思いつきました。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0074:lock horns

lock horns

lock hornsのイメージ画像3です。

  • 由来:発情期に雌をめぐって雄ジカ同士が角を突き合わせて闘う際に、雄の角と角が絡まって鍵をかけたように外れなくなる様子から(「lock horns」は直訳すると「角に鍵をかける」の意)。
  • 意味:(ある問題をめぐって)対立する、角を突き合わせるように議論する、意見が衝突する
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    My ex-husband and I are locking horns over the payment of child support.
    元夫と私は子供の養育費の支払いをめぐって対立しています。
    My husband and I are locking horns over the education of our children.
    夫と私は子供の教育をめぐって意見が衝突しています。
    I compromised this time because I didn’t want to lock horns with him any more.
    彼とこれ以上対立したくなかったので、今回は私が妥協しました。
    There is no point in locking horns with your mother-in-law. You must find a way to get along with her.
    姑と対立してもムダです。彼女とうまくやっていく方法をみつけなきゃ。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

洋書に出てくる英語表現0075:uphill battle

uphill battle

uphill battleのイメージ画像1です。

  • 由来:戦闘時に丘を駆け上がりながら、上から攻め下ってくる敵と対峙するのは困難な戦いとなることから。
  • 意味:勝つ見込みの低い困難な戦い、厳しい戦い、苦戦、悪戦苦闘、骨の折れる戦い
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    I decided to deliver my baby while receiving cancer treatment. I knew it was going to be an uphill battle, but I desperately wanted to be a mother.
    私は癌の治療を受けながら出産することに決めました。困難な戦いになることは分かっていましたが、どうしても母親になりたかったのです。
    In that match, we were fighting an uphill battle, because our captain got a red card.
    その試合では、キャプテンがレッドカードをもらったため、私達は苦戦を強いられていました。
    It was obvious that I would face an uphill battle in this company, because most of the new employees had quit the job within only one month in the preceding year.
    前年に新入社員のほとんどがわずか1ヵ月以内に仕事を辞めていたため、私がこの会社で苦戦するであろうことは明らかでした。
    Working with such a stubborn partner is an uphill struggle.
    そのような頑固なパートナーと一緒に働くのは至難の業です。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング