クイズで上達!洋書の英語14:洋書に出てくる英語表現0066~0070

「クイズで上達!洋書の英語14:洋書に出てくる英語表現0066~0070」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第14回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0066から0070を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0066~0070
全10問

 

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0066~0070
全10問

 

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0066:fly in the ointment

fly in the ointment

fly in the ointmentのイメージ画像1です。

  • 由来:高級な香油(ointment)にハエが一匹でも混じり込んでいたら、香油を台無しにしてしまうことから。
  • 意味:全体を台無しにしてしまうような小さな欠点、玉に瑕(きず)、興ざめ(な人や出来事)
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    This new cell phone is really great, but the only fly in the ointment is that its battery dies so fast.
    この新しい携帯電話は本当に素晴らしいのですが、バッテリーがすぐに切れるのが玉に瑕です。
    I finally met Mr. Right yesterday, but there was a fly in the ointment. He is a typical mama’s boy!
    昨日、私はとうとう理想の男性に出会うことができました。しかし、玉に瑕だったのは、彼は典型的なマザコンだったのです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

洋書に出てくる英語表現0067:in the groove

in the groove

in the grooveのイメージ画像2です。

  • 由来:レコードプレーヤー(蓄音機)の針がレコード盤の溝(groove)を快調に走っている様子から。
  • 意味:快調で、絶好調で、軌道に乗って、波に乗って
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    The Hanshin Tigers are in the groove this season.
    阪神タイガースは、今シーズンは絶好調です。
    Fujinami was in a slump over the last few years, but he is back in the groove this season.
    藤浪選手は過去数年スランプに陥っていましたが、今シーズンは以前の好調な時の姿を取り戻しています。
    He had a hard time at first, but he got in the groove soon.
    彼は最初は苦労していましたが、すぐに調子を出してきました。
    If you rest too long, it becomes hard to get back in the groove again.
    長く休みすぎると、元の状態を取り戻すのが難しくなります。
    After the injury, he never got back in the groove again.
    その怪我の後、彼が元の状態を取り戻すことはありませんでした。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

洋書に出てくる英語表現0068:break a leg

break a leg

break a legのイメージ画像2です。

  • 由来:これからステージに上がる人に対して「Good luck!」と言って励ますと逆に悪いことが起きるという演劇界の迷信から。
  • 意味:頑張れ!、幸運を祈ってるぞ!
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    On the day of the entrance exam for Tokyo University, we sent him off saying, “Break a leg!”
    東京大学の入試当日、私たちは「頑張ってね!」と言って彼を送り出しました。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

洋書に出てくる英語表現0069:in the cards

in the cards

in the cardsのイメージ画像1です。

  • 由来:タロットカード占いを信じている人にとっては、タロットカード占いの結果の中に出ていること(in the cards)は高い確率で生じると考えられることから。
  • 意味:(ある物事)が起こりそうだ、起こる運命にある
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    They got divorced in just one month. I thought it was in the cards, because they had nothing in common. It’s a mystery why they got married.
    彼らはわずか1ヶ月で離婚したよ。僕はそうなると思ってたよ。彼らには何の共通点もなかったからね。なぜ結婚したのか謎だよ。
    I want to get married and have family someday, but that’s not in the cards for now.
    いつか結婚して家庭を持ちたいけど、今はありえませんね。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

洋書に出てくる英語表現0070:all thumbs

all thumbs

all thumbsのイメージ画像3です。

  • 由来:手の指がすべて親指だと細かい作業をうまく行えないことから。
  • 意味:ぎこちない、不器用な(特に手先の不器用さを指すことが多いが、手先だけにかぎらない全体的なぎこちなさを指すこともある)
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    I’m all thumbs when it comes to cooking.
    私は料理に関しては不器用です。
    This new cell phone is really great, but it is too small for me. I’m all fingers and thumbs.
    この新しい携帯電話は本当にすばらしいのですが、私には小さすぎます。私は手先が不器用なんです。(*主にイギリスではこの例文のように「be all fingers and thumbs」が使用されます)

詳しくは以下の記事をご覧ください。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング