クイズで上達!洋書の英語12:洋書に出てくる英語表現0056〜0060

「クイズで上達!洋書の英語12:洋書に出てくる英語表現0056〜0060」のアイキャッチ画像

「クイズで上達!洋書の英語」シリーズの第12回は、これまでに紹介した「洋書に出てくる英語表現」の0056から0060を復習します。

ただ記事を読んで納得して終わるのではなく、使える英語としてモノにするために是非クイズ問題を活用してください。

それでは始めましょう!

選択問題

洋書に出てくる英語表現0056〜0060
全10問

 

穴うめ英作文

洋書に出てくる英語表現0056〜0060
全10問

 

フレーズの復習

クイズお疲れさまでした!

それではクイズ問題で取り扱った5つの表現を順に復習します。

洋書に出てくる英語表現0056:The tail wags the dog

The tail wags the dog

The tail wags the dogのイメージ画像3です。

  • 由来:犬としっぽの役割が逆転して、しっぽが犬を振っている様子から。
  • 意味:本来の役割が逆転していること、より小さなものや重要性の低いものが全体を支配していること、本末転倒、あべこべ
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    There’s nothing wrong with studying through the night to get a good grade on an exam, but the tail is wagging the dog when you are too sleepy to concentrate during an exam.
    試験で良い成績をとるために徹夜で勉強するのは悪いことではありませんが、試験中に眠たくて集中できないようでは本末転倒です。

洋書に出てくる英語表現0057:Kodak moment

Kodak moment

kodak momentのイメージ画像1です。

  • 由来:かつて世界屈指の大企業であった1881年創業のアメリカの写真用品メーカー「イーストマン・コダック社(Eastman Kodak Company)」の社名から。
  • 意味:写真に撮って残しておきたいような決定的瞬間、絶好のシャッターチャンス
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 例文
    I miss my school days. Those days were full of Kodak moments.
    学生時代がなつかしいよ。あの頃は、写真にとって残しておきたいような瞬間でいっぱいだったよ。
    My son suddenly took his first toddling steps last night. It was a Kodak moment.
    昨晩、突然うちの息子がはじめてよちよち歩きをしたんだ。写真にとっておきたいような瞬間だったよ。

洋書に出てくる英語表現0058:bark up the wrong tree

bark up the wrong tree

bark up the wrong treeのイメージ画像2です。

  • 由来:猟犬を使ったアライグマ狩りにおいて、猟犬が間違えてアライグマのいない木の下で吠え上げる様子から。
  • 意味:見当違いの努力をする、的外れなことをする(言う)、お門違いの追跡をする
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 例文
    If you think I’m hiding her, I must say you are barking up the wrong tree. She is not here.
    僕が彼女をかくまっていると思っているんだったら、お門違いだと言わざるをえないな。彼女はここにいないよ。
    Do you think I’m barking up the wrong tree?
    君は、僕が見当違いなことをしているとでも思っているのかい?

洋書に出てくる英語表現0059:shoes

shoes

shoesのイメージ画像1です。

  • 意味:立場、状況
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    If I were in your shoes, I would probably have done the same thing.
    もし私があなたの立場にいたとしても、たぶん同じことをしていたと思います。
    Considering his performance last year, I’ve never imagined that the shoe could be on the other foot like this.
    彼の去年のパフォーマンスを考えると、このように立場が逆転するとは想像だにしませんでした。
    You will never understand my true feelings unless you put yourself in my shoes.
    私の立場に立って考えない限り、あなたが私の本当の気持ちを理解することはないでしょう。
    He is so competent that it isn’t easy for anyone to fill his shoes.
    彼はとても有能なので、彼の代役をつとめるのは誰にとっても簡単なことではありません。

洋書に出てくる英語表現0060:dog-eared

dog-eared

dog-earedのイメージ画像1です。

  • 由来:ページの隅が三角に折り曲げられている様子が犬の耳に似ていることから。
  • 意味:(あとで探しやすくするために)角が折り曲げられた、(古くなって)角がめくれ上がってきた、(角がめくれ上がってくるくらい)使い古された
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 例文
    Last week, I finally found the book that I had been looking for in a secondhand bookstore. But, unfortunately, it was in bad condition and some pages were dog-eared.
    先週、ある古本屋でずっと探していた本をやっと見つけたのですが、残念なことにその本は保存状態が悪く、いくつかのページに折り目が付いていました。
    Suddenly, he pulled out a dog-eared little notebook from his pocket and started jotting down something.
    突然、彼はポケットからボロボロになった手帳を取り出して、なにやらメモし始めました。

いかがだったでしょうか?

是非、クイズ問題に繰り返し挑戦して、英語表現をモノにしてください。

今回は以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング