洋書に出てくる英語表現0195:bend over backward(s)【おすすめ英語フレーズ編175】

「洋書に出てくる英語表現0195:bend over backward(s)【おすすめ英語フレーズ編175】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第195回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第175回として「bend over backward(s)」を取りあげます。

目次
  1. Bend over backward(s)の意味と由来
  2. Bend over backward(s)の英語による定義
  3. 洋書におけるbend over backward(s)の出現頻度
  4. Bend over backward(s)の年代分布
  5. Bend over backward(s)の出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):Rebel: The Life and Legend of James Dean (1996)(邦題『ジェームズ・ディーン:反逆児、その生涯と伝説』、ドナルド・スポト = 著)より
    2. 実例2(パターン1):DYING TO BE ME (2012)(邦題『喜びから人生を生きる!:臨死体験が教えてくれたこと』、アニータ・ムアジャーニ = 著)より
    3. 実例3(パターン1):My Life (2004)(邦題『マイライフ:クリントンの回想』 ビル・クリントン = 著)より
    4. 実例4(パターン1):Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products (2013)(邦題『ジョナサン・アイブ:偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー』、リーアンダー・ケイニー = 著)より
    5. 実例5(パターン1):Wild Swans: Three Daughters of China (1991)(邦題『ワイルド・スワン』、ユン・チアン = 著)より
    6. 実例6(パターン1):Black Order (2006)(邦題『ナチの亡霊(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より
    7. 実例7(パターン1):Open: An Autobiography (2009)(邦題『OPEN:アンドレ・アガシの自叙伝』、アンドレ・アガシ = 著)より
    8. 実例8(パターン1):Pedro (2015)(邦題『ペドロ・マルティネス自伝』、ペドロ・マルティネス、マイケル・シルバーマン = 著)より
    9. 実例9(パターン2):The snowball: Warren Buffett and the business of life (2009)(邦題『スノーボール ウォーレン・バフェット伝 (改訂新版)』、アリス・シュローダー = 著)より
  7. Bend over backward(s)のまとめ

Bend over backward(s)の意味と由来

直訳すると、「体を後ろにそらせる」となります。

この表現の由来についてはいくつか説があるのですが、最も一般的なものはサーカスやショーで体の柔らかい曲芸師が体を大きく後ろにそらせるパフォーマンスに由来するというものです。

曲芸師が観客を喜ばせるために懸命に体を後ろにそらせている様子から、「bend over backward(s)」は「(他人のために)懸命に努力する」を意味するフレーズとして広く使用されるようになりました。

注意点としては、同じ努力であっても、「私は貧乏を抜け出すために懸命に努力しました」のように自分のみに向けられた努力ではなく、他人又はお互いのための努力について表現する場合によく使用されるということです。

曲芸師が体を大きく後ろにそらせるのは自分の健康のためではなく、観客を楽しませるためであることを考えると理解しやすいのではないかと思います。

日本語では「懸命に努力する」のほか、「全力を尽くす」や「最大限の努力をする」、「腐心する」、「心を砕く」などと訳されます。

Bend over backward(s)の英語による定義

do everything possible, especially to help or please someone else

洋書におけるbend over backward(s)の出現頻度

AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Bend over backward(s)の年代分布

1930年 – 2018年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1930年発行の『The French Powder Mystery(邦題:フランス・デパート殺人事件)』(エラリー・クイーン = 著)で、最も新しい洋書は2018年発行の『RED CARD: How The U.S. Blew The Whistle On The World’s Biggest Sports Scandal(邦題:レッドカード:汚職のワールドカップ)』(ケン・ベンシンガー = 著)でした。

Bend over backward(s)の出現パターン

bend over backward(s)の出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:bend over backward(s)(基本型・最頻出パターン)
パターン2:lean over backward(s)

パターン1は「bend over backward(s)」の形で使用する基本型で、例文を挙げると次のようになります。

例文195-1)
My grandparents were always bending over backward to help others.
私の祖父母は、いつも他の人を助けようと懸命に努力していました。

例文195-2)
I love Apple Store. They are kind and always willing to bend over backward to please customers.
私はアップルストアが大好きです。アップルストアの店員は親切で、いつもお客さんを喜ばせようと進んで懸命に努力します。

パターン2はbendの代わりにleanを用いて「lean over backward(s)」の形で使用するもので、意味はbendの場合と同じです。

例文195-3)
She leaned over backward to make everyone else happy.
彼女は、他の人みんなが幸せになるように精一杯努力しました。

 

洋書内の実例

bend over backwardのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるbend over backward(s)の使用例を紹介していきます。

 

まずは、「bend over backward(s)」の形で使用する基本型のパターン1から紹介します。

パターン1:bend over backward(s)(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):Rebel: The Life and Legend of James Dean (1996)(邦題『ジェームズ・ディーン:反逆児、その生涯と伝説』、ドナルド・スポト = 著)より

“Of course he was upset when he came back,” said his aunt Ortense. “Everyone felt sorry for him, and we bent over backwards to make him happy.
「こちらにもどってきたとき、もちろんジミーは動揺してましたよ」伯母のオーテンスは語る。「みんながかわいそうがって、何とか幸せにしてやろうと一生懸命になりましたもの

引用元:
(英語原著)Rebel: The Life and Legend of James Dean (1996) by Donald Spoto; chapter three
(日本語版)『ジェームズ・ディーン:反逆児、その生涯と伝説』(ドナルド・スポト = 著、永井喜久子 = 訳)、共同プレス(1997/10);3(ビリー・ザ・キッドの青春)より

1955年に自動車事故により24歳の若さで亡くなったアメリカの伝説的俳優ジェームズ・ディーン(上記引用文中の「ジミー」)は、9歳の時に最愛の母を卵巣ガンで亡くします。

ジェームズ・ディーンは、今で言うところの「できちゃった結婚」(婚前妊娠)で生まれたきた子供で、父親にとっては結婚も息子の誕生も自身が望んだものではなかったため、ジェームズ・ディーンは母親の死後に父親の希望で伯父夫婦に引き取られることとなります。

つまり、9歳のジェームズ・ディーンは最愛の母を失うと同時に、父親からも捨てられるという二重の苦しみを味わうこととなったわけです。

こうした流れで出てくるのが上記引用文で、みなしご同然のジェームズ・ディーンを何とか幸せにしてやろうと伯母たちみんなが懸命に努力したことが「bend over backward(s)」を用いて表現されています。

「意味と由来」の項に、この表現は同じ努力であっても、自分のみに向けられた努力ではなく、他人又はお互いのための努力について表現する場合によく使用される、と書きましたが、この実例1はその分かりやすい例だと思います。

実例2(パターン1):DYING TO BE ME (2012)(邦題『喜びから人生を生きる!:臨死体験が教えてくれたこと』、アニータ・ムアジャーニ = 著)より

I bent over backward to avoid people thinking ill of me; and over the years, I lost myself in the process.
人から悪く思われないように懸命に努力しているうちに、やがて自分自身を見失ってしまいました。

引用元:
(英語原著)DYING TO BE ME (2012) by ANITA MOORJANI; CHAPTER 15 Why I Got Sick . . . and Healed
(日本語版)『喜びから人生を生きる!:臨死体験が教えてくれたこと』(アニータ・ムアジャーニ = 著、奥野 節子 = 訳)、ナチュラルスピリット(2013/6);第15章(私が癌にかかった理由、そしてなぜ癒されたか)より

【単語ノート】
think ill of … = …を悪く思う

実例3(パターン1):My Life (2004)(邦題『マイライフ:クリントンの回想』 ビル・クリントン = 著)より

I also promised to keep bringing new people into state government and to bend over backward to avoid abuse of power.
そのほかにも、州政府に新たな人材を投入すること、権力の濫用を避けるために最大限の努力をすることを約束した。

引用元:
(英語原著)My Life (2004) by Bill Clinton; Chapter 25
(日本語版)『マイライフ:クリントンの回想』(ビル・クリントン = 著、楡井浩一 = 訳)、朝日新聞社(2004/9);上巻、第25章より

アメリカの第42代大統領のビル・クリントンは、大統領になる前にアーカンソー州の知事を5期にわたって務めていました。

この英文は、クリントンが5期目に向けた州知事選への出馬を表明した際に述べた公約について記載したもので、権力の濫用を避けるために「最大限の努力をする」と約束したことが「bend over backward」を用いて表現されています。

この実例3も実例1と同じく、「bend over backward」が「他人又はお互いのための努力」を表すことを示す分かりやすい例だと思います。

実例4(パターン1):Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products (2013)(邦題『ジョナサン・アイブ:偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー』、リーアンダー・ケイニー = 著)より

By contrast, when Jony’s team went overseas for other projects, the Asian suppliers bent over backward to get the contract.
それとは対照的に、ジョニーのチームがほかのプロジェクトで海外に行くと、アジアのサプライヤーは契約を取ろうとどんな無理な要求にも応じた

引用元:
(英語原著)Jony Ive: The Genius Behind Apple’s Greatest Products (2013) by Leander Kahney; CHAPTER 9 Manufacturing, Materials and Other Matters
(日本語版)『ジョナサン・アイブ:偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー』(リーアンダー・ケイニー = 著、関 美和 = 訳)、日経BP社(2015/1);9(製造・素材・そのほかのこと)より

実例5(パターン1):Wild Swans: Three Daughters of China (1991)(邦題『ワイルド・スワン』、ユン・チアン = 著)より

He was fighting his own crusade against the old ways, and he insisted on treating everyone by the same criteria. But there was no objective standard for fairness, so he relied on his own instincts, bending over backward to be fair.
これは、中国の旧来の悪習に対する父の聖戦だったのだ。父は、すべての人間は同一の基準で公平にあつかわれるべきだ、という信念を持っていた。けれども客観的なものさしがなかったので、自分の感覚をたよりにことさら厳格に公平さを追求した

引用元:
(英語原著)Wild Swans: Three Daughters of China (1991) by Jung Chang; 9. “When a Man Gets Power, Even His Chickens and Dogs Rise to Heaven’-living with an incorruptible man
(日本語版)『ワイルド・スワン』(ユン・チアン = 著、土屋京子 = 訳)、講談社(1993/1);第九章「主人が高い地位につけば、鶏や犬まで天に昇る」──清廉潔白すぎる男(一九五一年 – 一九五三年)
より

【単語ノート】
crusade [kruːséid] = 聖戦、十字軍;改革運動

この英文は、1950年代の中国でみられた「コネ」について記載しています。共産党の高級幹部であった「父」は、すべての人間が公平に扱われるべきだという自分の信念を貫くため、それほど有能ではなかった義兄の昇進に関して便宜をはからなかったばかりか、昇進の話自体を却下してしまいます。

上記英文は、このように身内の昇進の邪魔をしてまで公平性の確保のために懸命に努力したことが「bend over backward」を用いて表現されています。

実例6(パターン1):Black Order (2006)(邦題『ナチの亡霊(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より

“You don’t really want a relationship.”
「本当は真剣な交際を望んでいないんだろ?」

He blinked at the frontal assault. “What are you talking about? Rachel and I have been bending over backward to make this work. I love Rachel. You know that.”
グレイは真正面からの攻撃に一瞬たじろいだ。「何を言っているんだよ。レイチェルも俺も、懸命に努力をしながら、よりいい方向に持っていこうとしているんだぞ。俺はレイチェルを愛している。それくらいわかっているだろ」

引用元:
(英語原著)Black Order (2006) by James Rollins; 7 BLACK MAMBA
(日本語版)『ナチの亡霊(上・下)』(ジェームズ・ロリンズ = 著、桑田健 = 訳)、竹書房(2012/7);7(ブラックマンバ)より

【単語ノート】
blink = まばたきする;ひるむ、たじろぐ
frontal = 正面の
assault [əsɔ́ːlt]= 襲撃、暴行

実例7(パターン1):Open: An Autobiography (2009)(邦題『OPEN:アンドレ・アガシの自叙伝』、アンドレ・アガシ = 著)より

He complained that Wimbledon officials unfairly bend over backward to schedule my matches on Centre Court.
つまり、ウインブルドンの役員は僕の試合をセンターコートに入れるべく最大限の努力をしており、不公平だと彼は話した。

引用元:
(英語原著)Open: An Autobiography (2009) by Andre Agassi; Chapter 17
(日本語版)『OPEN:アンドレ・アガシの自叙伝』(アンドレ・アガシ = 著、川口由紀子 = 訳)、ベースボール・マガジン社(2012/5);第17章より

実例8(パターン1):Pedro (2015)(邦題『ペドロ・マルティネス自伝』、ペドロ・マルティネス、マイケル・シルバーマン = 著)より

As nice as it was to see Ramon again, he didn’t bend over backwards to make sure I was adjusting okay.
現地で兄のラモンと再会できたのも嬉しかった。とはいえ、ラモンは手取り足取り僕の面倒を見てくれたわけではない

引用元:
(英語原著)Pedro (2015) by Pedro Martinez and Michael Silverman; 3 Dodgertown Blues
(日本語版)『ペドロ・マルティネス自伝』(ペドロ・マルティネス、マイケル・シルバーマン = 著、児島修 = 訳)、東洋館出版社(2017/7);第3章(ドジャータウン・ブルース)より

米大リーグで通算219勝を挙げた元プロ野球投手、ペドロ・マルティネスは、アメリカでプロ野球選手としてのキャリアをスタートさせるため、1990年3月に17歳で故郷ドミニカ共和国を離れ、ロサンゼルス・ドジャースのキャンプ地であるフロリダ州ベロビーチのドジャータウンに降り立ちます。

当時、ドジャースには同じくプロ野球投手であった3つ年上の実兄ラモン・マルティネス(大リーグ通算135勝)が所属していたため、そこで兄と再会することとなります。

上記引用文は、その兄との再会について記載したもので、当時兄はドジャースで先発投手としての自分の地位を築くのに精一杯で弟のために全力で尽くしてくれたわけではなかったことが「bend over backward」を用いて表現されていて、ここでは「手取り足取り面倒を見てくれたわけではない」と訳されています。

 

次は、bendの代わりにleanを用いて「lean over backward(s)」の形で使用するパターン2です。

パターン2:lean over backward(s)

実例9(パターン2):The snowball: Warren Buffett and the business of life (2009)(邦題『スノーボール ウォーレン・バフェット伝 (改訂新版)』、アリス・シュローダー = 著)より

“We didn’t feel our obligation to the shareholders was inconsistent with leaning over backward to be fair. We have that Ben Franklin idea that the honest policy is the best policy. It had a sort of shoddy mental image to us to try to reduce the price.”25
「株主への義務が、公平であろうとする努力と矛盾するとは思いませんでした。私たちはベンジャミン・フランクリンとおなじように、正直であることが最良の行動だと考えています。価格を下げようとするのは、私たちには卑劣に見えたのです(註25)」

引用元:
(英語原著)The snowball: Warren Buffett and the business of life (2009) by Alice Schroeder; 39: The Giant
(日本語版)『スノーボール ウォーレン・バフェット伝 (改訂新版)』(アリス・シュローダー = 著、伏見威蕃 = 訳)、日本経済新聞出版社(2014/6/3);中巻・第39章(巨人)より

【単語ノート】
obligation = 義務
shareholder = 株主
shoddy = 粗悪な、見せかけの、見掛け倒しの

Bend over backward(s)のまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

bend over backward(s)

bend over backwardのイメージ画像1です。

  • 由来:サーカスやショーで曲芸師が観客を喜ばせるために懸命に体を後ろにそらせている様子から(諸説あり)。
  • 意味:(他人のために)懸命に努力する、全力を尽くす、最大限の努力をする
  • 英語による定義:do everything possible, especially to help or please someone else
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:bend over backward(s)(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:lean over backward(s)
  • 例文
    My grandparents were always bending over backward to help others.
    私の祖父母は、いつも他の人を助けようと懸命に努力していました。
    I love Apple Store. They are kind and always willing to bend over backward to please customers.
    私はアップルストアが大好きです。アップルストアの店員は親切で、いつもお客さんを喜ばせようと進んで懸命に努力します。
    She leaned over backward to make everyone else happy.
    彼女は、他の人みんなが幸せになるように精一杯努力しました。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング