洋書に出てくる英語表現0176:let the cat out of the bag【おすすめ英語フレーズ編156】

「洋書に出てくる英語表現0176:let the cat out of the bag【おすすめ英語フレーズ編156】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第176回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第156回として「let the cat out of the bag」を取りあげます。

目次
  1. Let the cat out of the bagの意味と由来
  2. Let the cat out of the bagの英語による定義
  3. 洋書におけるlet the cat out of the bagの出現頻度
  4. Let the cat out of the bagの年代分布
  5. Let the cat out of the bagの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):Kane and Abel (1979)(邦題『ケインとアベル』、ジェフリー・アーチャー = 著)より
    2. 実例2(パターン1):Salvation of a Saint (2012)(日本語原著『聖女の救済』、東野圭吾 = 著)より
    3. 実例3(パターン1):Midnight Sun (2018)(邦題『ミッドナイト・サン : タイヨウのうた』、トリッシュ・クック = 著)より
    4. 実例4(パターン1):A Fall of Moondust (1961)(邦題『渇きの海』、アーサー・C.クラーク = 著)より
    5. 実例5(パターン2):White Angels (2004)(邦題『白の軍団:ベッカムとレアル・マドリードの真実』、ジョン・カーリン = 著)より
    6. 実例6(パターン2):BLACK DAHLIA AVENGER: A Genius for Murder (2003)(邦題『ブラック・ダリアの真実〈上・下〉』、スティーヴ・ホデル = 著)より
    7. 実例7(パターン2):Brave Story (2007)(日本語原著『ブレイブ・ストーリー』、宮部みゆき = 著)より
    8. 実例8(パターン2):Daddy-Long-Legs (1912)(邦題『あしながおじさん』、ウェブスター = 著)より
    9. 実例9(パターン2):The Sigh of Haruhi Suzumiya (2009)(日本語原著『涼宮ハルヒの溜息』、谷川流 = 著)より
    10. 実例10(パターン3):Goodbye Tsugumi (2002)(日本語原著『TUGUMI:つぐみ』、吉本ばなな = 著)より
    11. 実例11(パターン3):Black Order (2006)(邦題『ナチの亡霊(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より
  7. Let the cat out of the bagのまとめ

Let the cat out of the bagの意味と由来

直訳すると、「袋から猫を出す」となります。

昔、イギリスの農村部にある市場では、子豚を袋に入れて売るという習慣がありました。そこで、一部の腹黒い商人は、袋の中身が見えないのをいいことに、袋の中に子豚の代わりに猫を入れることがあったそうです。そのような場合に袋から猫が飛び出してしまうと騙していたことがバレてしまうことから、「let the cat out of the bag」は「秘密をばらす」を意味するフレーズとして広く使用されるようになりました。

日本語では「秘密をばらす」のほか、「秘密を漏らす」、「うっかり口をすべらせる」などと訳されます。

Let the cat out of the bagの英語による定義

reveal a secret (often unintentionally)

洋書におけるlet the cat out of the bagの出現頻度

AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Let the cat out of the bagの年代分布

1885年 – 2018年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1885年発行の『Adventures of Huckleberry Finn(邦題:ハックルベリ・フィンの冒険)』(マーク・トウェイン = 著)で、最も新しい洋書は2018年発行の『Midnight Sun(邦題:ミッドナイト・サン : タイヨウのうた)』(トリッシュ・クック = 著)でした。

Let the cat out of the bagの出現パターン

let the cat out of the bagの出現パターンは主に以下の3つに分類することができます。

パターン1:let the cat out of the bag(基本型・最頻出パターン)
パターン2:the catを主語に持ってくるもの
パターン3:その他

パターン1は人を主語にして「let the cat out of the bag」の形で使用する基本型で例文を挙げると次のようになります。

例文176-1)
Our plan was ruined because John let the cat out of the bag.
ジョンがうっかり秘密を漏らしてしまったため、私たちの計画は台無しになりました。

例文176-2)
Mary nearly let the cat out of the bag, but managed to catch herself.
メアリーは危うく秘密をばらしそうになりましたが、何とか思いとどまりました。
*catch oneself = 思いとどまる、自制する;体勢を立て直す

パターン2はcatを主語に持ってきて主に「the cat is out of the bag」の形で使用するもので、例文を挙げると次のようになります。

例文176-3)
The cat will be out of the bag soon even if you try to hide it.
隠そうとしたって、秘密はすぐにバレますよ。

パターン3の「その他」については「洋書内の実例」の中で紹介します。

洋書内の実例

let the cat out of the bagのイメージ画像1です。

それでは、実際に洋書内にみられるlet the cat out of the bagの使用例を紹介していきます。

 

まずは、人を主語にして「let the cat out of the bag」の形で使用する基本型パターン1から紹介します。

パターン1:let the cat out of the bag(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):Kane and Abel (1979)(邦題『ケインとアベル』、ジェフリー・アーチャー = 著)より

Abel reddened and looked hastily towards Fletcher Warren, hoping he would help him out.
アベルは赤面し、助け舟を求めるかのようにあわててフレッチャー・ウォレンのほうを見た。

‘Oh, have I let the cat out of the bag, Fletcher?’ said Sir Bernard, turning to the American ambassador. ‘You told me the appointment was common knowledge, old chap.’
「おや、わたしはうっかり口を滑らしてしまったかな、フレッチャー?」と、サー・パーナードはアメリカ大使のほうを向いていった。「きみはたしか、任命は周知の事実だといったはずだが」

引用元:
(英語原著)Kane and Abel (1979) by Jeffrey Archer; Chapter 38
(日本語版)『ケインとアベル』(ジェフリー・アーチャー = 著、永井淳 = 訳)、新潮社(1981/5);下巻・38より

実例2(パターン1):Salvation of a Saint (2012)(日本語原著『聖女の救済』、東野圭吾 = 著)より

‘Think we should tell Mrs Mashiba her husband was cheating on her?’
「義孝氏の不倫について、夫人に教えたほうがいいでしょうか」

Mamiya immediately shook his head. ‘No need for us to let that particular cat out of the bag. I can’t see how it would help the investigation.
草薙の問いに、間宮は即座に首を振った。
こちから知らせることはない。そんなことをしても、捜査にはプラスにならんからな。

引用元:
(英語版)Salvation of a Saint (2012) by Keigo Higashino, translated by Alexander O. Smith; Chapter 6
(日本語原著)『聖女の救済』(東野圭吾 = 著)、文藝春秋(2008/10);6より

実例3(パターン1):Midnight Sun (2018)(邦題『ミッドナイト・サン : タイヨウのうた』、トリッシュ・クック = 著)より

Dad will insist on meeting Charlie pronto. And when he does, he’ll definitely let the cat out of the bag.
パパはすぐさまチャーリーに会うっていい張るだろう。そうなったら、絶対に秘密をもらす

引用元:
(英語原著)Midnight Sun (2018) by Trish Cook; Chapter 12
(日本語版)『ミッドナイト・サン : タイヨウのうた』(トリッシュ・クック = 著、有澤真庭 = 訳)、竹書房(2018/5);第12章より

【単語ノート】
pronto [prɑ’ntou](スペイン語)= すぐに、今すぐ

実例4(パターン1):A Fall of Moondust (1961)(邦題『渇きの海』、アーサー・C.クラーク = 著)より

“Does it seem reasonable,” Schuster argued, “that if thousands of scientists know this, not one of them will let the cat out of the bag? You can’t keep a secret that big! It would be like trying to hide the Washington Monument!”
「もしもほんとうに多数の学者がそれを知ってるのなら、そのうちのだれひとりとして、うっかり口をすべらしたりするものがいないというのは、すこし不合理じゃありませんか?」シャスターは食いさがる。「そんなに大きな秘密なんて、とても守りきれるものじゃない! まるでワシントン記念碑を隠そうとするようなものですからね!」

引用元:
(英語原著)A Fall of Moondust (1961) by Arthur C. Clarke; Chapter 27
(日本語版)『渇きの海』(アーサー・C.クラーク = 著、深町真理子 = 訳)、早川書房(1977/4);27より

「reasonable」の部分は直訳すると「〜は合理的だと思われますか?」となりますが、「すこし不合理じゃありませんか?」と訳されていることからも分かるように、実際には「合理的ではないですよね?」という反語的な意味で使用されていてます。

 

次はcatを主語に持ってきて主に「the cat is out of the bag」の形で使用するパターン2です。

パターン2:the catを主語に持ってくるもの

実例5(パターン2):White Angels (2004)(邦題『白の軍団:ベッカムとレアル・マドリードの真実』、ジョン・カーリン = 著)より

The drip-drip became a flood after Real Madrid were drawn to play Manchester United in the Champions League quarterfinals. Especially after the cat was let out of the bag, in the most unwitting way, on the night of 7 April, twenty-four hours before the big game at the Bernebeu.
雨漏りのようにぽつぽつと出た記事は、チャンピオンズリーグ準々決勝でレアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドの対戦が決まったとき、洪水のように一気にあふれ出した。とりわけ四月七日、ベルナベウでのビッグゲームを一ヵ月後に控えた夜に、最も自然な形で秘密が漏れた後はすごかった。

引用元:
(英語原著)White Angels (2004) by John Carlin; 3: The Biggest Sports Story of the Year
(日本語版)『白の軍団:ベッカムとレアル・マドリードの真実』(ジョン・カーリン = 著、有沢善樹 = 訳)、ランダムハウス講談社(2005/12);3章(本年度スポーツ大賞)より

【単語ノート】
unwitting = 無意識の、意図しない

かねてからアレックス・ファーガソン監督との確執が伝えられていたデイビッド・ベッカムは、2002-03シーズンの終了後にイングランドのマンチェスター・ユナイテッドからスペインの名門レアル・マドリードに移籍するのですが、その移籍がまだ噂話でしかなかった2003年4月7日に、意外なところから情報が漏れます。

それはマンチェスター・ユナイテッドに所属していたスペイン人の控えゴールキーパーがベッカムにマドリード近郊の小学校の特徴について質問されたことをテレビ番組で喋ってしまったのでした。それは、ベッカムがレアル・マドリードへの移籍を真剣に検討していて、子供の学校のことを心配していることを示すまぎれもない証拠であったことから、メディアは大騒ぎとなります。

上記引用文では、そのようにゴールキーパーから情報が漏れたことが「the cat was let out of the bag」と表現されていて、日本語では「秘密が漏れた」と訳されています。

実例6(パターン2):BLACK DAHLIA AVENGER: A Genius for Murder (2003)(邦題『ブラック・ダリアの真実〈上・下〉』、スティーヴ・ホデル = 著)より

The cat was out of the bag and into print on the front pages of the Los Angeles newspapers too quickly.
情報はたちまち漏洩し、ロスアンジェルスの新聞各紙の一面を飾った。

引用元:
(英語原著)BLACK DAHLIA AVENGER: A Genius for Murder (2003) by STEVE HODEL; 30. The Dahlia Investigation, 2001-2002
(日本語版)『ブラック・ダリアの真実〈上・下〉』(スティーヴ・ホデル = 著、東理夫 = 訳)、早川書房(2006/8);下巻・30(ダリア調査、二〇〇一?二〇〇二年)より

実例7(パターン2):Brave Story (2007)(日本語原著『ブレイブ・ストーリー』、宮部みゆき = 著)より

Well, the cat was out of the bag now. Wataru wound the film like a madman and pressed the shutter button again. He spun around the room, taking shot after shot.
こうなってはもう、バレバレだ。亘はフィルムを巻いてはシャッターを押し、部屋じゅうをぐるぐると撮って撮って撮りまくった。

引用元:
(英語版)Brave Story (2007) by Miyabe Miyuki, translated by Alexander O. Smith, Part 1, Chapter 4 The Invisible Girl
(日本語原著)『ブレイブ・ストーリー』(宮部みゆき = 著)、角川書店(2003/3);上巻・第一部・4(見えない女の子)より

実例8(パターン2):Daddy-Long-Legs (1912)(邦題『あしながおじさん』、ウェブスター = 著)より

The cat was almost out of the bag when I grabbed it by its tail and pulled it back. It’s awfully hard for me not to tell everything I know. I’m a very confiding soul by nature; if I didn’t have you to tell things to, I’d burst.
あやうくバレそうになりましたが、あぶないところでごまかしました。頭の中にあることを口に出さずにおくのは、わたしにはすごく難しいことなんです。もともと隠しごとのできない性格なので。おじさまに話せなかったら、きっと破裂しちゃうと思います。

引用元:
(英語原著)Daddy-Long-Legs (1912) by Jean Webster
(日本語版)『あしながおじさん』(ウェブスター = 著、土屋京子 = 訳)、光文社(2015/10)

直訳すると「袋から猫がほとんど飛び出していたけれど、尻尾をつかんで中に戻した」となりますが、この一文全体が比喩表現となっています。

実例9(パターン2):The Sigh of Haruhi Suzumiya (2009)(日本語原著『涼宮ハルヒの溜息』、谷川流 = 著)より

I stared at the video camera containing the incriminating evidence. I’m pretty sure that the second this is screened, the cat will be out of the bag.
俺は証拠の詰つまっているビデオカメラを見た。この映像を上映なんかしたら一発でネタバレすると思うのだが。

引用元:
(英語版)The Sigh of Haruhi Suzumiya (2009) by Nagaru Tanigawa, English translation by Chris Pai for MX Media LLC; Chapter 3
(日本語原著)『涼宮ハルヒの溜息』(谷川流 = 著)、角川書店(2003/10);第三章より

 

最後は「その他」のパターン3です。

パターン3:その他

実例10(パターン3):Goodbye Tsugumi (2002)(日本語原著『TUGUMI:つぐみ』、吉本ばなな = 著)より

Her face was flushed with fever, and she was leaning against Aunt Masako, taking small, listless steps, but the second she entered the room and saw my expression she gave a smug little grin. “Cat out of the bag?” she asked.
熱で赤くほてり、だるそうな足取りで政子おばさんに寄りかかって、つぐみは部屋へ入るなり私の表情を見てにやりと笑い、
ばれたか
と言った。

引用元:
(英語版)Goodbye Tsugumi (2002) by Banana Yoshimoto, Translated from the Japanese by Michael Emmerich; The Haunted Mailbox
(日本語原著)『TUGUMI:つぐみ』(吉本ばなな = 著)、中央公論社(1989/3);「お化けのポスト」より

【単語ノート】
listless = だるい、気乗りしない

実例11(パターン3):Black Order (2006)(邦題『ナチの亡霊(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より

With the cat out of the bag, Gray proceeded more directly.
こちらの手の内をさらしてしまったからには仕方がない。グレイはもっと直接的なアプローチを取ることにした。

引用元:
(英語原著)Black Order (2006) by James Rollins; 8 MIXED BLOOD
(日本語版)『ナチの亡霊(上・下)』(ジェームズ・ロリンズ = 著、桑田健 = 訳)、竹書房(2012/7);8(混血)より

Let the cat out of the bagのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

let the cat out of the bag

let the cat out of the bagのイメージ画像2です。

  • 由来:昔、イギリスの市場で子豚を袋に入れて売っていた頃の話に由来。一部の腹黒い商人が袋の中に子豚の代わりに猫を入れることがあり、そのような場合に袋から猫が飛び出してしまうと騙していたことがバレてしまうことから。
  • 意味:秘密をばらす、秘密を漏らす、うっかり口をすべらせる
  • 英語による定義:reveal a secret (often unintentionally)
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:let the cat out of the bag(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:the catを主語に持ってくるもの
    パターン3:その他
  • 例文
    Our plan was ruined because John let the cat out of the bag.
    ジョンがうっかり秘密を漏らしてしまったため、私たちの計画は台無しになりました。
    Mary nearly let the cat out of the bag, but managed to catch herself.
    メアリーは危うく秘密をばらしそうになりましたが、何とか思いとどまりました。
    The cat will be out of the bag soon even if you try to hide it.
    隠そうとしたって、秘密はすぐにバレますよ。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング