洋書に出てくる英語表現0155:turn lemons into lemonade【おすすめ英語フレーズ編135】

「洋書に出てくる英語表現0155:turn lemons into lemonade【おすすめ英語フレーズ編135】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第155回は、英語学習や英会話に役立つ【おすすめ英語フレーズ編】の第135回として「turn lemons into lemonade」を取りあげます。

Turn lemons into lemonadeの意味と由来

直訳すると、「レモンをレモネードに変える」となります。

この表現は “When life passes out lemons, make lemonade”(人生からレモンを与えられたら、レモネードを作りなさい)という格言に由来します。この格言は、人生で困難に直面している人を前向きにさせるための励ましの言葉として使用されるもので、1900年代の初め頃から使用され始めたのではないかと言われています。

「lemon」には「欠陥品」や「できそこない」、「役に立たないもの」という意味があるのをご存知の方も多いと思いますが、この格言から生まれた「turn lemons into lemonade」という表現は「欠陥品であるレモンを美味しいレモネードに変える」ということで、「失敗を成功に変える」や「ピンチをチャンスに変える」、「マイナスをプラスに変える」を意味するフレーズとして使用されます。

当ブログの調査では、この「turn lemons into lemonade」という表現の使用例は1948年に発行されたデール・カーネギーの『How to Stop Worrying and Start Living(邦題:道は開ける)』が最も古かったことから、1948年以前にも使用されていたものの、自己啓発の世界的名著であるデール・カーネギーの書籍で使用されたことで、広く普及したのではないかと考えられます。

ちなみにデール・カーネギーの書籍では、次のような形でレモンとレモネードの喩えが使われています。

But when the wise man is handed a lemon, he says: “What lesson can I learn from this misfortune? How can I improve my situation? How can I turn this lemon into a lemonade?
一方賢明な人は、レモンを手渡されるとこういう。
「この不運から学べるのは何だろう? どうしたら状況を好転させられるだろう? どうすればこのレモンをレモネードに変えられるだろう?

また、このレモンとレモネードを使った喩えは「~心の平穏と幸せをもたらす7つの心得~」の1つとしてもルール化されています。

RULE 6: When fate hands us a lemon, let’s try to make a lemonade.
【ルール6】運命からレモンをもらったら、それからレモネードを作る努力をしてみよう。

引用元:
(英語原著)How to Stop Worrying and Start Living (1948) by Dale Carnegie
(日本語版)『デール・カーネギーの悩まずに進め:新たな人生を始める方法』(デール・カーネギー = 著、関岡孝平 = 訳)(『道は開ける』)、パンローリング(2014/12)

デール・カーネギー自身は、シカゴ大学学長のロバート・メイナード・ハッチンズからレモネードの喩えを聞いたそうで、そのハッチンズはシアーズ・ローバック社の社長だったジュリアス・ローゼンウォルドという人物から『When you have a lemon, make lemonade.(君にレモンがあるならレモネードを作れ)』というアドバイスをもらったということです。

Turn lemons into lemonadeの英語による定義

turn something undesirable into something desirable

洋書におけるturn lemons into lemonadeの出現頻度

B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Turn lemons into lemonadeの年代分布

1948年 – 2017年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1948年発行の『How to Stop Worrying and Start Living』(邦題:『デール・カーネギーの悩まずに進め:新たな人生を始める方法』、『道は開ける』)(デール・カーネギー = 著)で、最も新しい洋書は2017年発行の『The Four(邦題:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界)』(スコット・ギャロウェイ = 著)でした。

Turn lemons into lemonadeの出現パターン

turn lemons into lemonadeの出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:turn lemons into lemonade
パターン2:make lemonade out of lemons

パターン1は「turn lemons into lemonade」の形で使われるもので、例文を挙げると次のようになります。

例文155-1)
He has overcome many difficulties by turning lemons into lemonade.
彼はピンチをチャンスに変えることによって多くの困難を乗り越えてきました。

パターン2は「make lemonade out of lemons」の形で使われるもので、パターン1と同じくらいの頻度でみられます。意味はパターン1と同じで、例文を挙げると次のようになります。

例文155-2)
Through the experience, he learned ways to make lemonade out of lemons.
彼はその経験を通して、失敗を成功に変える方法を学びました。

洋書内の実例

turn lemons into lemonadeのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるturn lemons into lemonadeの使用例を紹介していきます。

 

まずは、「turn lemons into lemonade」の形で使用するパターン1から紹介します。

パターン1:turn lemons into lemonade

実例1(パターン1):Paranormality: Why We See What Isn’t There (2011)(邦題『超常現象の科学 : なぜ人は幽霊が見えるのか』、リチャード・ワイズマン = 著)より

6. Turning psychic lemons into lemonade
During his readings at Edinburgh University, none of Mr D’s participants openly stated that any of his comments were untrue. However, it does happen.
テクニック6
占いの失敗を成功に変える方法
ミスターDがエディンバラ大学で占いを披露したとき、彼の占いがはずれたと表立って口にした参加者は一人もいなかった。だが、はずれた例はたしかにあった。

(中略)

Bingo. Psychic lemons transformed into lemonade in the blink of an eye.
大当たり! 苦い失敗が一瞬にして甘い蜜に変わったのだ

引用元:
(英語原著)Paranormality: Why We See What Isn’t There (2011) by Richard Wiseman; 1. FORTUNE-TELLING
(日本語版)『超常現象の科学 : なぜ人は幽霊が見えるのか』(リチャード・ワイズマン = 著、木村博江 = 訳)、文藝春秋(2012/2);第1章(占い師のバケの皮をはぐ)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験

この本の著者リチャード・ワイズマンによると、占い師は自分の占いが外れた時に備えて、いくつかの「抜け道」を用意しているといい、その例としてミスターDという占い師がジョージという男性を占った時のことが書かれています。ミスターDはジョージの日焼けした顔をみてジョージが船乗りであると予測し、タロットカードをめくりながら「波止場で船の到着を待つジョージの姿が見える」と告げます。

するとジョージはがっかりとした様子で首を振ります。ジョージはずっと農場で働いていて、海は大嫌いだというのです。つまり、占いは完全なハズレでした。

そこでミスターDは、今言ったことはだたの比喩で、船は人生の新たな方向を示していて、あなたはその変化を前にして心が落ち着かないのではないですか、と問います。

すると、ジョージの顔がパッと明るくなって、「そのとおりです!」と言ったということです。

上記引用文では、こうしたテクニックが「Turning psychic lemons into lemonade」と表現されていて、「占いの失敗を成功に変える方法」と訳されています。

実例2(パターン1):My Life (2004)(邦題『マイライフ:クリントンの回想』 ビル・クリントン = 著)より

My proposal seemed to me to be a good way for the President to look strong, turn lemons into lemonade, and pave the way for public acceptance of the refugees who were allowed to stay.
わたしには自分の提案が大統領を強力に見せ、お荷物を贈り物に変え、国内滞在が許された亡命者たちが世間に受け入れられるようにする良策に思えた。

引用元:
(英語原著)My Life (2004) by Bill Clinton; Chapter 21
(日本語版)『マイライフ:クリントンの回想』(ビル・クリントン = 著、楡井浩一 = 訳)、朝日新聞社(2004/9);上巻、第21章より
(英語原著Audible版)Audible-要約版一冊無料!Audible無料体験):サンプル再生時間は約10分。Audible版はクリントンさん本人が朗読しています。

【単語ノート】
pave the way for = …への道を開く
refugee = 亡命者、避難民

1980年、キューバの最高指導者フィデル・カストロは12万人の政治犯と「好ましからざる人物」をアメリカに国外追放したため、多くのキューバ人が船にのってフロリダに渡りました。このキューバ問題はカーター政権の頭痛の種となり、当時アーカンソー州知事を務めていたビル・クリントンは、一般市民の理解を得るためにアメリカへの入国を認める人間を船上で事前に選び出す予備選別を実施するようホワイト・ハウスに提案します。

上記引用文はこうした流れで出てくるもので、予備選別を行うというビル・クリントンの提案が「お荷物を贈り物に変える」良策に思えたという内容が「turn lemons into lemonade」を用いて表現されています。

実例3(パターン1):The Little Book of Currency Trading: How to Make Big Profits in the World of Forex (2011)(邦題『ザFX:通貨トレーディングで儲ける基礎と応用』、キャシー・リーエン = 著)より

If history tells us anything (and we know it does), there will be more crises, large and small, in various parts of the world over the next 10 years. When they occur, you will have the choice of being on the offense or the defense. So as my Aunt Judy always asked, how will you turn lemons into lemonade?
もし歴史が何でも教えてくれるならば(そうであることは分かっている)、これから10年間に世界各地で大小さまざまな危機があるだろう。ただ、危機が起こったら、攻撃的になるか防御的なるかは自分で選ぶことができる。ジュディおばさんがいつも私に言っていたことだが、レモンをレモネードに変えることができるかどうか、ということなのである。

引用元:
(英語原著)The Little Book of Currency Trading: How to Make Big Profits in the World of Forex (2011) by Kathy Lien; Chapter One When Lightning Strikes Financial Crises and the Rise of Currency Trading
(日本語版)『ザFX:通貨トレーディングで儲ける基礎と応用』(キャシー・リーエン = 著、長尾慎太郎 = 監修、井田京子 = 訳)、パンローリング(2011/10);第1章(雷に打たれたとき — 金融危機と急増するFXトレーディング)より
(英語原著Audible版)Audible版-完全版一冊無料!Audible無料体験

実例4(パターン1):Shadows before dawn: finding the light of self-love through your darkest times (2015)(邦題『自分を愛せなくなってしまった人へ:自らに光をともす29の方法』、ティール・スワン = 著)より

I once overheard a married couple fighting in a restaurant. The husband, who was clearly at a loss for what to say, was trying to help his wife feel better. He said to her in a loud enough voice that half the restaurant heard him, “You just have to turn the lemons into lemonade, you know.
かつて、レストランで夫婦げんかを耳にしたことがあります。夫は何を言うべきか途方に暮れた様子で、妻の機嫌がよくなるように努力していました。彼は、レストランの客の半分が聞こえるような大声で「君は、レモンをレモネードにしなくてはね(注:レモンをレモネードにするとは、不幸を幸せにすることのたとえ)」と妻に言いました。

引用元:
(英語原著)Shadows before dawn: finding the light of self-love through your darkest times (2015) by Teal Swan; TOOL #20 THE DELIBERATE PIVOT
(日本語版)『自分を愛せなくなってしまった人へ:自らに光をともす29の方法』(ティール・スワン = 著、奥野節子 = 訳)、ナチュラルスピリット(2016/8);ツール20(ゆっくりと方向転換する)より

【単語ノート】
overhear = 耳にする、立ち聞きする
at a loss = 途方にくれて、困って

 

次は「make lemonade out of lemons」の形で使用するパターン2です。

パターン2:make lemonade out of lemons

実例5(パターン2):Hard Choices: A Memoir (2014)(邦題『困難な選択(上・下)』、ヒラリー・ロダム・クリントン = 著)より

I told the President that if the votes for action against Syria were not winnable in Congress, he should make lemonade out of lemons and welcome the unexpected overture from Moscow.
私は大統領に対して、仮にシリアに対する行動決議が下院を通りそうもないなら、災い転じて福となすようにして、モスクワからの予期せぬ申し出を歓迎すべきだと話した。

引用元:
(英語原著)Hard Choices: A Memoir (2014) by Hillary Rodham Clinton; 19. Syria: A Wicked Problem
(日本語版)『困難な選択(上・下)』(ヒラリー・ロダム・クリントン = 著、日本経済新聞社 = 訳)、日本経済新聞出版社(2015/5);下巻・第19章(シリア — 厄介な問題)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験)サンプル再生時間約5分

【単語ノート】
overture [óuvərtʃər] = 申し出、申し入れ、提案

実例6(パターン2):EVEN HAPPIER (2010)(邦題『ハーバードの人生を変える授業』、タル・ベン・シャハー = 著)より

In the first example, we find the archetype of the benefit finder — that person who finds the silver lining in a dark cloud, who makes lemonade out of lemons, who looks on the bright side of life, and who does not fault a writer for using too many cliches.
前者は「いいこと探しの名人」です。暗雲の中にも光り輝く銀の一条を見いだせる人。レモンからレモネードをつくることができる人。人生の明るい面を見ることができる人。ありきたりの表現しか使っていないと言って作家を貶したりなどしない人です。

引用元:
(英語原著)EVEN HAPPIER (2010) by Tal Ben-Shahar, Ph.D.; Week 20 Benefit Finding
(日本語版)『ハーバードの人生を変える授業』(タル・ベン・シャハー = 著、成瀬 まゆみ = 訳)、大和書房(2010/11);20(いいところを探す)より

【単語ノート】
archetype [ɑ’ːrkitaip] = 典型的な例、代表例

この本の著者によると、幸福というのは人生における出来事をどのように解釈するかという主観的な心の動きによって決まるものだと言います。つまり、世の中にはどのような状況でもそこによい部分を見つけて、挫折をチャンスに変えることのできる人たちがいる一方で、水が半分入ったコップをみて「半分しか入っていない」と考えて、いつも不満を抱えながら生きている人たちがいるということです。

上記引用文は、こうした流れで出てくるもので、どのような状況でもそこによい部分を見つけることのできる人たちは「いいこと探しの名人」で、「レモンからレモネードをつくる」ことができる人であるという内容が「make lemonade out of lemons」を用いて表現されています。

Turn lemons into lemonadeのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

turn lemons into lemonade

turn lemons into lemonadeのイメージ画像1です。

  • 由来: “When life passes out lemons, make lemonade”(人生からレモンを与えられたら、レモネードを作りなさい)という格言から。(lemonには「欠陥品」や「できそこない」、「役に立たないもの」の意味がある)
  • 意味:失敗を成功に変える、ピンチをチャンスに変える、マイナスをプラスに変える
  • 英語による定義:turn something undesirable into something desirable
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:turn lemons into lemonade
    パターン2:make lemonade out of lemons
  • 例文
    He has overcome many difficulties by turning lemons into lemonade.
    彼はピンチをチャンスに変えることによって多くの困難を乗り越えてきました。
    Through the experience, he learned ways to make lemonade out of lemons.
    彼はその経験を通して、失敗を成功に変える方法を学びました。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング