洋書に出てくる英語表現0154:red herring【おすすめ英語フレーズ編134】

「洋書に出てくる英語表現0154:red herring【おすすめ英語フレーズ編134】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第154回は、フレーズ編の第134回として「red herring」を取りあげます。

目次
  1. Red herringの意味と由来
  2. Red herringの英語による定義
  3. 洋書におけるred herringの出現頻度
  4. Red herringの年代分布
  5. Red herringの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):People Who Eat Darkness (2011)(邦題『黒い迷宮:ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 』、リチャード・ロイド・パリー = 著)より
    2. 実例2(パターン1):RED CARD: How The U.S. Blew The Whistle On The World’s Biggest Sports Scandal (2018)(邦題『レッドカード:汚職のワールドカップ』、ケン・ベンシンガー = 著)より
    3. 実例3(パターン1):Three Act Tragedy (1934)(邦題『三幕の殺人』、アガサ・クリスティ = 著)より
    4. 実例4(パターン1):The Tattoo Thief (2018)(邦題『刺青強奪人(上・下)』、アリソン・ベルシャム = 著)より
    5. 実例5(パターン1):A Little History of Economics (2017)(邦題『若い読者のための経済学史』、ナイアル・キシテイニー = 著)より
    6. 実例6(パターン1):Insanely Great: The Life and Times of Macintosh, the Computer that Changed Everything (1994)(邦題『マッキントッシュ物語:僕らを変えたコンピュータ』、スティーブン・レヴィ = 著)より
    7. 実例7(パターン1):Breaking Dawn (2008)(邦題『トワイライトIV 最終章』 ステファニー・メイヤー = 著)より
    8. 実例8(パターン2):Partners in Crime (1929)(邦題『おしどり探偵(1・2)』、アガサ・クリスティ = 著)より
    9. 実例9(パターン2):The Murder on the Links (1923)(邦題『ゴルフ場殺人事件』、アガサ・クリスティ = 著)より
    10. 実例10(パターン2):The Thirteen Problems (1932)(邦題『ミス・マープルのご意見は?(1・2)』 、アガサ・クリスティ = 著)より
    11. 実例11(パターン2):The French Powder Mystery (1930)(邦題『フランス・デパート殺人事件』、エラリー・クイーン = 著)より
  7. Red herringのまとめ

Red herringの意味と由来

直訳すると「赤いニシン」となります。

ここで言う「赤いニシン」とは燻製保存して赤くなったニシン、つまり「燻製ニシン」のことを指しています。

燻製ニシンには強いにおいがあることから、昔は猟犬を訓練する際に猟犬の嗅覚を惑わすための一種の囮(おとり)として使用されていました。以下の図のように、獲物が通りすぎて匂いが残っている道と交差するようにして、地面に燻製ニシンを引きずっておくことで、猟犬が燻製ニシンの匂いに惑わされることなく、獲物のにおいを正しく判別できるように訓練したということです。

red herringの説明図

 

このように、燻製保存した赤いニシン(レッド・ヘリング)は、猟犬の嗅覚を惑わすために使用されたことから、「red herring」は「注意をそらすもの」の意味で使用されるようになりました。

日本語では「注意をそらすもの」のほか、「注意をそらすための囮(おとり)」や「囮情報」、「にせの手がかり」、「本質とは無関係のもの」などと訳されます。

Red herringの英語による定義

something irrelevant that diverts people’s attention from the real issue or main subject

洋書におけるred herringの出現頻度

AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Red herringの年代分布

1905年 – 2018年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1905年発行の『The Return Of Sherlock Holmes(邦題:ホームズの生還)』(コナン・ドイル = 著)で、最も新しい洋書は2018年発行の『RED CARD: How The U.S. Blew The Whistle On The World’s Biggest Sports Scandal(邦題:レッドカード:汚職のワールドカップ)』でした。

Red herringの出現パターン

red herringの出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:a red herring(基本型・最頻出パターン)
パターン2:(draw) a red herring across the track (trail/path) の形で使用されるもの

パターン1は「a red herring」の形で使用される基本型で例文を挙げると次のようになります。

例文154-1)
That was a relatively minor issue, but the President used it as a red herring to distract people from more serious issues.
それは比較的小さな問題だったのですが、大統領はより深刻な問題から人々の気をそらすためにそれを利用しました。

パターン2は、「獲物の通った道を横切るようにして地面に燻製ニシンを引きずっておく」というこの表現の由来となった行為をそのまま「draw a red herring across the track (trail/path) 」という形で表現したもので、「無関係な事柄を持ち出して人の注意をそらす」を意味します。「draw」のかわりに「drag(引く、引きずる)」という動詞が使用されることもあります。

例文154-2)
When the question was asked, he drew a red herring across the track by referring to another less important issue.
その質問をされた時、彼は別のあまり重要ではない問題に言及することによってはぐらかしました。

洋書内の実例

red herringのイメージ画像2です。

 

それでは、実際に洋書内にみられるred herringの使用例を紹介していきます。

 

まずは、「a red herring」の形で使用する基本型のパターン1から紹介します。

パターン1:a red herring(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):People Who Eat Darkness (2011)(邦題『黒い迷宮:ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 』、リチャード・ロイド・パリー = 著)より

The phone call from Akira Takagi was obviously a hoax, a red herring lobbed by someone who wanted to throw the investigation off the scent. But it proved that someone knew where Lucie was and strengthened the assumption that she was being held against her will.
タカギアキラの電話の内容は明らかな作り話であり、捜査の攪乱を狙った偽装工作にちがいなかった。同時にそれは、誰かがルーシーの居場所を知る証左であり、彼女が自らの意思に反して囚われの身となった可能性をさらに裏づけるものだった。

引用元:
(英語原著)People Who Eat Darkness (2011) by Richard Lloyd Parry; 8. UNINTELLIGIBLE SPEECH
(日本語版)『黒い迷宮:ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』(リチャード・ロイド・パリー = 著、濱野大道 = 訳)、早川書房(2015/4);第八章(理解不能な会話)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験

【単語ノート】
hoax [hóuks] = 人をかつぐこと、だますこと
lob [lɑ’b] = 投げる
throw … off the scent = …に手がかりを失わせる、…をまく
against one’s will = 意思に反して、不本意ながら

It was a measure of his desperation that in mid-October he made an appeal to the “newly risen religion” that was holding Lucie — a detail from the “Akira Takagi” phone call that had been scoffed at as an absurd red herring for all these months.
そんなティムの絶望ぶりを示すように、彼は突然 “ニューリー・リズン・リリジョン” にルーシー解放を直接訴えかけるようになった。事件直後にタカギアキラと名乗る男から伝えられたこの宗教団体の情報は、それまでずっと馬鹿げた囮情報だと一蹴されてきたものだった。

引用元:
(英語原著)People Who Eat Darkness (2011) by Richard Lloyd Parry; 11. THE MAN-SHAPED HOLE
(日本語版)『黒い迷宮:ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』(リチャード・ロイド・パリー = 著、濱野大道 = 訳)、早川書房(2015/4);第十一章(人間の形の穴)より

【単語ノート】
scoff at = …をあざ笑う、ばかにする

2000年7月、六本木でホステスとして働いていた元英国航空CAのイギリス人女性ルーシー・ブラックマンさん(当時21歳)が神奈川県逗子市で行方不明になり、翌年2月に洞窟の中からコンクリートで固められたバラバラ遺体として発見されます。

2000年11月にはルーシーさんに対する準強姦罪で容疑者が逮捕され、その後2010年12月に無期懲役が確定するのですが、このいわゆるルーシー・ブラックマン事件では、ルーシーさんの失踪からわずか2日後に「タカギアキラ」と名乗る男からルーシーさんのホステス仲間に対し、ルーシーさんが新興宗教団体で修行している旨を知らせる電話がかかってきていました。

上記英文は、いずれもこの「タカギアキラ」からの電話について記載したもので、この電話は捜査を撹乱するための偽の情報と考えられていたことが「red herring」を用いて表現されていて、それぞれ「偽装工作」、「囮情報」と訳されています。

実例2(パターン1):RED CARD: How The U.S. Blew The Whistle On The World’s Biggest Sports Scandal (2018)(邦題『レッドカード:汚職のワールドカップ』、ケン・ベンシンガー = 著)より

Danis had found the documents Berryman had requested, but they were a red herring and he didn’t care what they said. He just needed a pretext to meet her in person again, which he did in the second week of November.
デニスはベリーマンの求めた書類を見つけていたが、それらは捜査側の真の狙いを見えにくくするためのもので、内容はどうでもよかった。単にその口実でデニスとまた対面することが目的だったので、ベリーマンは一一月の第二週にそれを実行した。

引用元:
(英語原著)RED CARD: How The U.S. Blew The Whistle On The World’s Biggest Sports Scandal (2018) by Ken Bensinger; TWENTY-TWO: ONE IS SILVER, THE OTHER GOLD
(日本語版)『レッドカード:汚職のワールドカップ』(ケン・ベンシンガー = 著、北田絵里子、手嶋由美子、国弘喜美代 = 訳)、早川書房(2018/7);第22章(一方は銀、もう一方は金)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
pretext [príːtɛkst] = (偽の)口実

実例3(パターン1):Three Act Tragedy (1934)(邦題『三幕の殺人』、アガサ・クリスティ = 著)より

“Well, Satterthwaite, what’s your view?”
「それで君、君の意見はどうなんだ?」

“Mine?” said Mr. Satterthwaite. “Oh, it’s the same as yours. It has been all along. The butler seems to me a very clumsy red herring. I believe that Sir. Bartholomew and poor old Babbington were killed by the same person.”
「僕かい? ああ、僕の意見は君と同じだよ。はじめっからそうさ。その執事はどうも注意をそらすための囮(おとり)らしいがずいぶんまずいね。僕はバーソロミュー卿とバビントン老人を殺したのは同一犯人だと信じるよ」

引用元:
(英語原著)Three Act Tragedy (1934) by Agatha Christie; Chapter 8
(日本語版)『三幕の殺人』(アガサ・クリスティ = 著、赤冬子 = 訳)、グーテンベルク21(2013/3); 第二幕(確信)、第三章より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/12/4確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
clumsy = 下手な、不器用な
butler = 執事

And immediately Sir Charles throws all his personality into directing attention to this unknown woman and away from the butler. He goes to the Sanatorium and questions the Matron. He runs Mrs. de Rushbridger for all he is worth as a red herring.
チャールズ卿はただちに人の注意を、執事からこの見知らぬ婦人に向けさせることに全力をあげました。彼はサナトリュウムに行き、婦長にいろいろと質問しました。彼は、ド・ラッシュブリジャー夫人を、注意をそらすための囮(おと)りにしようと全力を尽くしました。

(中略)

If she were to be Sir Charles’s successful red herring – she could only be so dead. And so Mrs. de Rushbridger, a harmless stranger, was murdered …
チャールズ卿にとってのうまい囮りであるためには、彼女は死ななければならなかった。こうして見も知らぬなんの罪もないド・ラッシュブリジャー夫人は殺されました。

引用元:
(英語原著)Three Act Tragedy (1934) by Agatha Christie; Chapter 27
(日本語版)『三幕の殺人』(アガサ・クリスティ = 著、赤冬子 = 訳)、グーテンベルク21(2013/3); 第三幕(発見)、第十五章より

実例4(パターン1):The Tattoo Thief (2018)(邦題『刺青強奪人(上・下)』、アリソン・ベルシャム = 著)より

‘So, no to the serial killer theory?’
「とすると、連続殺人事件説は否定されたわけか」

‘Indeed. I think we’re looking at different killers with different motives. This whole business with the tattoos is nothing but a red herring.’
「そのようですね。別々の動機を持つ別々の犯人が起こした、別々の殺人事件だろうと思います。タトゥーの件は、事件の本質とは無関係のもののようです

引用元:
(英語原著)The Tattoo Thief (2018) by Alison Belsham; 20 Rory
(日本語版)『刺青強奪人(上・下)』(アリソン・ベルシャム = 著、池田真紀子 = 訳)、竹書房(2019/8);20(ローリー)より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/12/4確認)。(Kindle Unlimited 無料体験

実例5(パターン1):A Little History of Economics (2017)(邦題『若い読者のための経済学史』、ナイアル・キシテイニー = 著)より

People thought that statement two better represented the description of Carole that they’d been given, but the description was a red herring and led them to incorrectly judge probabilities.
②のほうがキャロルに関して与えられている説明をよりよく表していると思われがちだが、これは回答者を惑わせ、確率の判断を誤らせる

引用元:
(英語原著)A Little History of Economics (2017) by Niall Kishtainy; CHAPTER 36 Minds in Fog
(日本語版)『若い読者のための経済学史』(ナイアル・キシテイニー = 著、月沢李歌子 = 訳)、すばる舎(2018/2);36(霧のなかの頭)より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

上記英文では、不確実なものを判断する際に生じる意思決定の歪みについて述べられています。人が合理的であるならば、既知の情報をもとに将来生じることを的確に予想できるはずですが、実際にはそうでないことを心理学者のカーネマンとトヴェルスキーは示します。

たとえば、音楽に熱中して学生時代のほとんどをコンサート通いに費やしたキャロルという女性がいるとします。この女性について、

①キャロルは銀行員だ。
②キャロルは銀行員で、地元のバンドでサクソフォーンを吹いている。

のどちらの方が起こる可能性が高いのかを人に尋ねてみると、実際には①の方が明らかに確率が高いにも関わらず、②を選ぶ人が多いといいます。

こうした流れで出てくるのが上記引用文で、②のような記述が回答者を「惑わせる」ことがred herringを用いて表現されています。

実例6(パターン1):Insanely Great: The Life and Times of Macintosh, the Computer that Changed Everything (1994)(邦題『マッキントッシュ物語:僕らを変えたコンピュータ』、スティーブン・レヴィ = 著)より

Perhaps the biggest red herring was the Macintosh’s conspicuous lack of cursor keys, the four extra keys on the board that move the electronic pen nib right, left, up, and down.
マックにカーソルキー(「電子のペン先」を上下左右に動かす、キーボードについている矢印のキー)がなかったことが、正当な評価をさまたげた最大の要因だろう。

引用元:
(英語原著)Insanely Great: The Life and Times of Macintosh, the Computer that Changed Everything (1994) by Steven Levy; CHAPTER 8
(日本語版)『マッキントッシュ物語:僕らを変えたコンピュータ』(スティーブン・レヴィ = 著、武舎広幸 = 訳)、翔泳社(1994/2);第八章(ひ弱な未熟児)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約2分50秒

【単語ノート】
conspicuous = 人目を引く、顕著な
nib = 尖った先端、ペン先(pen nib)

この英文は、1984年1月に発表された初代マッキントッシュの販売不振について記載したものです。初代マックは、キーボードにカーソルキー(矢印キー)がないことが大きな特徴の1つだったのですが、これはユーザーに対してカーソルキーの使用を強制的に禁止することで、マウス操作を一般に広めることが狙いでした。

上記引用文ではこうしたカーソルキーの欠如が販売不振の最大の原因となったことが「the biggest red herring」と表現されていて、ここでは「正当な評価をさまたげた最大の要因」と訳されています。

実例7(パターン1):Breaking Dawn (2008)(邦題『トワイライトIV 最終章』 ステファニー・メイヤー = 著)より

“Yeah, that’s the idea. Wasn’t the whole ‘let him make the wrong assumptions’ thing your plan? I think I provided a very nice red herring, if I do say so myself.
「うん、それが狙いなんだ。チャーリーに “勘ちがいさせる” のがそもそもの計画だろ?自分でいうのもなんだけど、なかなかのお膳立てをしたと思うけどな

引用元:
(英語原著)Breaking Dawn (2008) by Stephenie Meyer; BOOK THREE: BELLA; 25. FAVOR
(日本語版)『トワイライトIV 最終章』(ステファニー・メイヤー = 著、小原亜美 = 訳)、ヴィレッジブックス(2010/4);第7章(親切な狼)より

 

次は「(draw) a red herring across the track (trail/path)」の形で使用されるパターン2です。

パターン2:(draw) a red herring across the track (trail/path) の形で使用されるもの

実例8(パターン2):Partners in Crime (1929)(邦題『おしどり探偵(1・2)』、アガサ・クリスティ = 著)より

Aren’t you clever?” said Tuppence. “Especially at drawing red herrings across the track. Let’s go back to what we were talking about before.”
あなたは頭がいいらしいわね」と、タペンスは言った。「ことに、ひとの注意をそらすのがうまいわ。さっきまで話していたことに戻ろうじゃないの」

引用元:
(英語原著)Partners in Crime (1929) by Agatha Christie; 7. FINESSING THE KING
(日本語版)『おしどり探偵(1・2)』(アガサ・クリスティ = 著、橋本福夫 = 訳)、グーテンベルク21(2010/8);(1)・キングに気をつけること
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

実例9(パターン2):The Murder on the Links (1923)(邦題『ゴルフ場殺人事件』、アガサ・クリスティ = 著)より

“But Mr. Renauld’s letter? It distinctly mentions a secret and Santiago!”
「しかし、ルノール氏の手紙は? あれには、はっきりと、何か秘密のことと、サンチャゴのことが、書いてありましたが!」

“Undoubtedly there was a secret in Monsieur Renauld’s life — there can be no doubt of that. On the other hand, the word Santiago, to my mind, is a red herring, dragged continually across the track to put us off the scent.
「確かに、ルノール氏の身辺には、何か秘密がありましたね。それについては何の疑いもありません。一方、サンチャゴという言葉は、私の考えるところでは、燻製のにしんのようなもので、私どもの嗅覚をごまかして、追跡をさけるために絶えず持ち出される言葉です

引用元:
(英語原著)The Murder on the Links (1923) by Agatha Christie; 12. Poirot Elucidates Certain Points
(日本語版)『ゴルフ場殺人事件』(アガサ・クリスティ = 著、松本恵子 = 訳)、グーテンベルク21(2015/5);ポワロ、夫人を疑う
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間3分38秒

【単語ノート】
put … off the scent = …に手がかりを失わせる、…をまく

この英文では、「(draw) a red herring across the track (trail/path)」の「draw」のかわりに「drag(引く、引きずる)」が使用されています。

実例10(パターン2):The Thirteen Problems (1932)(邦題『ミス・マープルのご意見は?(1・2)』 、アガサ・クリスティ = 著)より

‘No body,’ said Miss Marple firmly. ‘That’s the thing that would stare you in the face, if there weren’t such a lot of red herrings to draw you off the trail – including the suggestion of foul play and remorse. No body. That was the real significant fact.’
「遺体は発見されませんでしたね。人目につきそうな、にせの手がかりがなかったなら、遺体が発見されないときには、遺体に注意がむけられたでしょうね。ですから、遺体が発見されなかったことは、とても重要な鍵になるのです」

引用元:
(英語原著)The Thirteen Problems (1932) by Agatha Christie; The Companion
(日本語版)『ミス・マープルのご意見は?』(アガサ・クリスティ = 著、各務三郎 = 訳)、グーテンベルク21(2014/6);(1)・コンパニオンより
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
remorse = 良心の呵責、自責の念

実例11(パターン2):The French Powder Mystery (1930)(邦題『フランス・デパート殺人事件』、エラリー・クイーン = 著)より

The murderer did not really hope that the deception would be successful for long – it was merely another red herring drawn across the trail, and anything which would lead the scent away from him in another direction he felt was desirable.
しかしやつは本気で、そのごまかしが長くつづくことを希ったわけではない──ただ捜査の目を自分からそらして、追跡の手を別の方向へ向けさせるものなら、なんでもよかったのです。

引用元:
(英語原著)The French Powder Mystery (1930) by Ellery Queen; Chapter 38 The End of All Things
(日本語版)『フランス・デパート殺人事件』(エラリー・クイーン = 著、石川 年 = 訳)、グーテンベルク21(2002/3);三十八(大円団)より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/12/4確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間2分58秒

【単語ノート】
deception = ごまかし、詐欺、欺瞞

Red herringのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

red herring

red herringのイメージ画像1です。

  • 由来:昔、猟犬を訓練する際に強いにおいのある「燻製ニシン(燻製保存して赤くなったニシン = red herring)」を、猟犬の嗅覚を惑わすための一種の囮(おとり)として使用していたことから。
  • 意味:注意をそらすもの、注意をそらすための囮(おとり)、にせの手がかり
  • 英語による定義:something irrelevant that diverts people’s attention from the real issue or main subject
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:a red herring(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:(draw) a red herring across the track (trail/path) の形で使用されるもの
  • 例文
    That was a relatively minor issue, but the President used it as a red herring to distract people from more serious issues.
    それは比較的小さな問題だったのですが、大統領はより深刻な問題から人々の気をそらすためにそれを利用しました。
    When the question was asked, he drew a red herring across the track by referring to another less important issue.
    その質問をされた時、彼は別のあまり重要ではない問題に言及することによってはぐらかしました。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング