洋書に出てくる英語表現0116:hand over fist【おすすめ英語フレーズ編99】

「洋書に出てくる英語表現0116:hand over fist【おすすめ英語フレーズ編99】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第116回は、フレーズ編の第99回として「hand over fist」を取りあげます。

目次
  1. Hand over fistの意味と由来
  2. Hand over fistの英語による定義
  3. 洋書におけるhand over fistの出現頻度
  4. Hand over fistの年代分布
  5. Hand over fistの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):Schindler’s List (1982)(邦題『シンドラーのリスト』、トマス・キニーリー = 著)より
    2. 実例2(パターン1):The Curse of the Bronze Lamp (1945)(邦題『青銅ランプの呪い』、ディクスン・カー = 著)より
    3. 実例3(パターン1):CRITICAL CHAIN (1997)(邦題『クリティカルチェーン:なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? 』、エリヤフ・ゴールドラット = 著)より
    4. 実例4(パターン1):ELON MUSK: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future (2015)(邦題『イーロン・マスク 未来を創る男』、アシュリー・バンス = 著)より
    5. 実例5(パターン1):Crooked House (1949)(邦題『ねじれた家』、アガサ・クリスティー = 著)より
    6. 実例6(パターン1):Parker Pyne Investigates (1934)(邦題『幸福手配師 パーカー・パイン(1・2)』、アガサ・クリスティ = 著)より
    7. 実例7(パターン1):The Goldfinch (2013)(邦題『ゴールドフィンチ 1,2,3,4』、ドナ・タート = 著)より
    8. 実例8(パターン2):The Bones of Odin (2011)(邦題『オーディンの遺骨 : マット・ドレイクの冒険(上・下)』、デヴィッド・リードビーター = 著)より
    9. 実例9(パターン2):Through the Eye of a Needle (1978)(邦題『一千億の針』、ハル・クレメント = 著)より
    10. 実例10(パターン2):Non-Stop (1958)(邦題『寄港地のない船』、ブライアン・オールディス = 著)より
  7. Hand over fistのまとめ

Hand over fistの意味と由来

直訳すると「拳の上の手」となります。

この表現は、一説には水夫が船の上で網やロープを素早くたぐる様子に由来すると言われています。網やロープを勢いよくたぐる際には左の「手(hand)」が右手の「拳(fist)」を超えて、次は右の「手(hand)」が左手の「拳(fist)」を超えて、というように片方の手がもう一方の手の拳の上を超えていく動作が次々と素早く繰り返されることから、「hand over fist」はある動作や物事が次々と勢いよく進むことを意味するフレーズとして使用されるようになりました。

ただ、この表現はお金に関して表現する際に使用されることが多いため、上記の「水夫」説以外にも、もう一つ有力な説があります。それは、お店で商品が飛ぶように売れていて、お客さんから次々にお金を受け取る場合、お金をつかんだ片方の手の拳(fist)をもう一方の手(hand)が追い越すという動作が左右の手で素早く交互に繰り返されることになり、こうした様子がこの表現の由来になったという説です。

いずれの説であれ、片方の手(hand)がもう一方の手の拳(fist)を次々と追い越していくように物事が「どんどん」進むことを表していて、日本語では「どんどん」、「どしどし」、「着々と」、「みるみるうちに」などと訳されるほか、お金について使用される場合には「じゃんじゃん」や「がぽがぽ」、「がっぽり」などとも訳されます。

Hand over fistの英語による定義

very rapidly; at a tremendous rate

洋書におけるhand over fistの出現頻度

B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Hand over fistの年代分布

1934年 – 2015年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1934年発行の『Parker Pyne Investigates(邦題:幸福手配師 パーカー・パイン(1・2))』(アガサ・クリスティ = 著)で、最も新しい洋書は2015年発行の『ELON MUSK: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future(邦題:イーロン・マスク 未来を創る男)』(アシュリー・バンス = 著)でした。

複数の英文資料によると、この表現は、元々は1700年代中頃に「hand over hand」の形で使用されはじめ、1800年代に「hand over fist」の形でも使用されるようになったということです。

「hand over hand」と「hand over fist」は、いずれも今なお使用されている表現ですが、「hand over hand」は本来の意味であるロープを「たぐって」の意味で使用されることが多く、「hand over fist」はお金に関して使われて「じゃんじゃん」や「かっぽり」を意味することが多いのが特徴です。

Hand over fistの出現パターン

hand over fistの出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:make money hand over fistなどお金に関するもの(基本型・最頻出パターン)
パターン2:お金以外に関するもの

パターン1は、お金について表現するために使用するもので、例文を挙げると次のようになります。

例文116-1)
He seems to make money hand over fist in spite of recent economic recession.
最近の不況にもかかわらず、彼はがっぽり儲けているようです。

例文116-2)
The travel industry is losing money hand over fist due to the impact of the coronavirus pandemic.
コロナウイルスの大流行の影響で、旅行業界は資金をどんどん失っています。

パターン2は、お金以外の事柄を表現するために使用されるものです。既に述べたようにこの表現はお金について表現する際に使用されることが多いのですが、次のようにお金以外の事柄にも使用されます。

例文116-3)
He is losing followers hand over fist because of his recent racist remarks.
彼は、最近の人種差別発言が原因でフォロワーを次々と失っています。

例文116-4)
The product has been selling hand over fist since it was featured on TV.
その商品は、テレビで紹介されて以来、ものすごい勢いで売れています。

洋書内の実例

hand over fistのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるhand over fistの使用例を紹介していきます。

 

まずは、お金について表現する際に使用される基本型のパターン1から紹介します。

パターン1:make money hand over fistなどお金に関するもの(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):Schindler’s List (1982)(邦題『シンドラーのリスト』、トマス・キニーリー = 著)より

To Schindler’s name, Von Korab responded with an indulgent laugh. He knew Herr Schindler, had dined with him. He was physically impressive, said the major, and made money hand over fist.
ヘル・シンドラーの名前が出ると、少佐は笑いながら言った。
「あの男なら知っている。一緒に食事をしたこともありますよ。恰幅のいい男で、じゃんじゃん金を儲けているらしい。

引用元:
(英語原著)Schindler’s Ark (米国改題:Schindler’s List) (1982) by Thomas Keneally; CHAPTER 17
(日本語版)『シンドラーズ・リスト:1200人のユダヤ人を救ったドイツ人 (改題『シンドラーのリスト』)』(トマス・キニーリー = 著、幾野宏 = 訳)、新潮社(1989/1);第17章より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
indulgent = 寛大な、甘い

実例2(パターン1):The Curse of the Bronze Lamp (1945)(邦題『青銅ランプの呪い』、ディクスン・カー = 著)より

Lady Severn thereupon devilled her husband, who was making money hand over fist, to build a house which should be worthy of his newly acquired peerage.
そこでセヴァン卿夫人は当時ぐんぐん金がもうかっていたご亭主をいびって、新しく授けられた爵位にふさわしい家を建てろといった。

引用元:
(英語原著)The Curse of the Bronze Lamp (1945) by John Dickson Carr; Chapter 4
(日本語版)『青銅ランプの呪い』(ディクスン・カー = 著、長谷川修二 = 訳)、グーテンベルク21(2004/4);四より

【単語ノート】
peerage = 爵位、貴族の地位

実例3(パターン1):CRITICAL CHAIN (1997)(邦題『クリティカルチェーン:なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか? 』、エリヤフ・ゴールドラット = 著)より

At first I felt drowned. Slowly the picture started to unfold. The company, like many other steel mills, was losing money, hand over fist.
最初は情報が多すぎてその情報量に溺れたような感じでしたが、次第にその状況が明らかになってきました。他の多くの製鋼会社と同じで、この会社も損失を出していたのです。

引用元:
(英語原著)CRITICAL CHAIN (1997) by Eliyahu M. Goldratt; Chapter 12
(日本語版)『クリティカルチェーン:なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?』(エリヤフ・ゴールドラット = 著、三本木亮 = 訳)、ダイヤモンド社(2003/10);12より引用

【単語ノート】
steel mill = 製鋼所

実例4(パターン1):ELON MUSK: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future (2015)(邦題『イーロン・マスク 未来を創る男』、アシュリー・バンス = 著)より

We were losing money hand over fist,” said Stoppelman. As X.com became more popular and its transaction volume exploded, all of its problems worsened. There was more fraud.
資金がどんどんなくなっていきました」とストッペルマン。X.comの人気が高まり、取扱額が急増するにつれて、問題は悪化していった。不正は増えるばかり。

引用元:
(英語原著)ELON MUSK: Tesla, SpaceX, and the Quest for a Fantastic Future (2015) by Ashlee Vance; 5 PAYPAL MAFIA BOSS
(日本語版)『イーロン・マスク 未来を創る男』(アシュリー・バンス = 著、斎藤栄一郎 = 訳)、講談社(2015/10);5(ペイパル・マフィア 栄光と挫折とビッグマネー)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約4分25秒

【単語ノート】
transaction = 取引
fraud = 詐欺、不正行為

「X.com」とは、南アフリカ出身の実業家で、テスラ社やスペースX社の共同創業者であるイーロン・マスクが1999年に創業したオンライン銀行です。そのX.comは、2000年にコンフィニティ社と合併したのち、2001年にPayPalと社名を変えました。「ストッペルマン」とはX.comのエンジニアを指しています。

ここでは、X.comの取引額が急増する一方で、同時に不正も増加したためにハッカーたちとの戦いで多くの資金が失われたことが「hand over fist」を用いて表現されています。

実例5(パターン1):Crooked House (1949)(邦題『ねじれた家』、アガサ・クリスティー = 著)より

“Correct me if I go wrong, Taverner. Leonides came to London in 1884. He started up a little restaurant in Soho. It paid. He started up another. Soon he owned seven or eight of them. They all paid hand over fist.”
「わたしの言うことが違っていたら訂正してくれたまえ、タヴァナー。レオニデスは一八八四年、ロンドンに来た。ソーホー地区で小さなレストランを開業。これが成功した。もう一つ、店を建てた。そしてたちまち、七、八軒のレストランを経営することになったんだ。それがみんな、どんどん儲かっていった

引用元:
(英語原著)Crooked House (1949) by Agatha Christie; Chapter 3
(日本語版)『ねじれた家』(アガサ・クリスティー = 著、田村隆一 = 訳)、早川書房(2004/6);3より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間4分59秒

実例6(パターン1):Parker Pyne Investigates (1934)(邦題『幸福手配師 パーカー・パイン(1・2)』、アガサ・クリスティ = 著)より

He was a clever fellow, Abner. He worked out a process. They treated him fair, I will say; gave him a good sum for it. He used that money for another idea of his. That brought in money hand over fist.
頭のいい人だったわ、アブナーは。ある製法を案出したのよ。で工場側は、それ相応の待遇をしてくれたわ。まあ、そういっていいと思うわね。それに対して、かなりの金をくれたの。アブナーはその金を新しい考案のために使って、それがどんどんお金を生んだわ。

引用元:
(英語原著)Parker Pyne Investigates (1934) by Agatha Christie; The Case of the Rich Woman
(日本語版)『幸福手配師 パーカー・パイン(1・2)』(アガサ・クリスティ = 著、小西宏 = 訳)、グーテンベルク21(2005/1);(1)(金持の夫人の事件)より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/10/1確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible版-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

実例7(パターン1):The Goldfinch (2013)(邦題『ゴールドフィンチ 1,2,3,4』、ドナ・タート = 著)より

Not that we had worries financially — we’d been pulling in money almost literally hand over fist, so much money that Hobie, crediting me with his salvation (he’d been on the verge of bankruptcy) had insisted on making me partner, which I hadn’t been all that keen on given the circumstances.
財政上の心配事ではなかった。ぼくたちは文字通り “がばがば” と言ってもいいほど金を儲けていた。あまりの大儲けに、ホービーは自分を救ってくれた(彼は破産寸前までいっていた)のはぼくだとみなし、ぼくをパートナーにすると言い張ったが、状況を考えると、それほどなりたいとは思わなかった。

引用元:
(英語原著)The Goldfinch (2013) by Donna Tartt; Chapter 9 Everything of Possibility
(日本語版)『ゴールドフィンチ 1,2,3,4』(ドナ・タート = 著、岡真知子 = 訳)、河出書房新社(2016.6-2016.8);第3巻・第九章(可能性のあるものすべて)より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間4分42秒

 

次は、お金以外の事柄を表現するために使用されるパターン2です。

パターン2:お金以外に関するもの

実例8(パターン2):The Bones of Odin (2011)(邦題『オーディンの遺骨 : マット・ドレイクの冒険(上・下)』、デヴィッド・リードビーター = 著)より

And then the fall . . . seeing his arch enemy, Alicia, climbing hand over fist to get back on top of the Sarcophagus . . . seeing Ben’s mouth twist into a scream . . . Kennedy’s face turning into a death-mask . . . and through his peripheral vision . . . Dahl . . . what the . . ?
そして落下……宿敵アリシアが、ロープをたぐるようによじ登り、石棺の上に戻るのが見える……ベンの口が叫び声で歪み……ケネディの顔がデスマスクに変わり……目の隅に見えるのは……ダール……いったい何を……?

引用元:
(英語原著)The Bones of Odin (2011) by David Leadbeater; FORTY; Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/10/1確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(日本語版)『オーディンの遺骨 : マット・ドレイクの冒険(上・下)』(デヴィッド・リードビーター = 著、渡辺周 = 訳)、竹書房(2017/11);第四十章より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/10/1確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間4分41秒

【単語ノート】
archenemy [ˈɑrˈʧɛnəmi/ˌɑːʧˈɛnɪmi] = 大敵

これは「たぐって」というこの表現の本来の意味で使用されている例です。

実例9(パターン2):Through the Eye of a Needle (1978)(邦題『一千億の針』、ハル・クレメント = 著)より

There are only two troubles. One is that I’ll have to solve my medical difficulties first, before I’ll really have much to show him; and second, I can’t honestly tell him either that I know how the Hunter’s people do these things, or that they start giving up technical information hand over fist after they’ve cured me.
ここで、ふたつだけ問題点があります。ひとつは、そういう画策をする前に、まず、医療の問題を解決しなければならないこと。第二に、ぼくは、”捕り手” の仲間の技術の秘密を自分が知っているとか、また彼らがぼくをなおしたあとは、どんどんそういう技術の情報を渡してよこすだろうとか、そんな嘘はつけません。

引用元:
(英語原著)Through the Eye of a Needle (1978) by Hal Clement; 3. Complications
(日本語版)『一千億の針』(ハル・クレメント = 著、小隅黎 = 訳)、東京創元社(1979/11);3(紛糾)より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間4分36秒

実例10(パターン2):Non-Stop (1958)(邦題『寄港地のない船』、ブライアン・オールディス = 著)より

Cables hung in the middle of the opening. The priest leant forward and seized them, then lowered himself gingerly hand over fist down fifteen feet to the next level.
開口部のまんなかにケーブルが垂れさがっていた。司祭は身を乗りだし、それをつかむと、手を交互に動かして、十五フィート下のつぎの階層まで慎重に降りていった

引用元:
(英語原著)Non-Stop (1958) by Brian Aldiss; II. DEADWAYS
(日本語版)『寄港地のない船』(ブライアン・オールディス = 著、中村融 = 訳)、竹書房(2015/7);第二部〈死道〉より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間2分08秒

【単語ノート】
priest = 司祭
gingerly = 非常に慎重に、非常に用心深く

この実例10も、実例8と同様に「たぐって」という本来の意味で使用されている例ですが、実例8と違ってロープをたぐって上がっていくのではなく、下がっていくことが表現されています。

Hand over fistのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

hand over fist

hand over fistのイメージ画像1です。

  • 由来:水夫が船の上で網やロープを素早くたぐる様子に由来するという「水夫」説と、大繁盛しているお店で次々にお金を受け取る様子に由来するという「お金」説があります。いずれの場合も片方の手(hand)がもう一方の手の拳(fist)を次々と追い越していく様子に由来します。
  • 意味:どんどん、どしどし、みるみる、じゃんじゃん、がぽがぽ
  • 英語による定義: very rapidly; at a tremendous rate
  • 出現頻度:B[低頻度:洋書内での出現頻度はそれほど高くはないがネイティブなら知っている英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:make money hand over fistなどお金に関するもの(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:お金以外に関するもの
  • 例文
    He seems to make money hand over fist in spite of recent economic recession.
    最近の不況にもかかわらず、彼はがっぽり儲けているようです。
    The travel industry is losing money hand over fist due to the impact of the coronavirus pandemic.
    コロナウイルスの大流行の影響で、旅行業界は資金をどんどん失っています。
    He is losing followers hand over fist because of his recent racist remarks.
    彼は、最近の人種差別発言が原因でフォロワーを次々と失っています。
    The product has been selling hand over fist since it was featured on TV.
    その商品は、テレビで紹介されて以来、ものすごい勢いで売れています。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング