洋書に出てくる英語表現0106:cut from the same cloth【おすすめ英語フレーズ編89】

「洋書に出てくる英語表現0106:cut from the same cloth【おすすめ英語フレーズ編89】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第106回は、フレーズ編の第89回として「cut from the same cloth」を取りあげます。

目次
  1. Cut from the same clothの意味と由来
  2. Cut from the same clothの英語による定義
  3. 洋書におけるcut from the same clothの出現頻度
  4. Cut from the same clothの年代分布
  5. Cut from the same clothの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):iCon: Steve Jobs (2005)(邦題『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』、ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著)より
    2. 実例2(パターン1):INSANELY SIMPLE: The Obsession That Drives Apple’s Success (2012)(邦題『Think Simple – アップルを生みだす熱狂的哲学』、ケン・シーガル = 著)より
    3. 実例3(パターン1):Undisputed Truth (2013)(邦題『真相 マイク・タイソン自伝』、マイク・タイソン = 著)より
    4. 実例4(パターン1):GOOD TO GREAT (2001)(邦題『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』、ジム・コリンズ = 著)より
    5. 実例5(パターン1):THE REMAINS OF THE DAY (1989)(邦題『日の名残り』、カズオ・イシグロ = 著)より
    6. 実例6(パターン1):Body of evidence (1991)(邦題『証拠死体』、P.コーンウェル = 著)より
    7. 実例7(パターン1):Hellfire (2015)(邦題『神火の戦場 : SAS部隊ナイジェリア対細菌作戦(上・下)』、クリス・ライアン = 著)より
    8. 実例8(パターン1):The Outsiders (1967)(邦題『アウトサイダーズ』、スーザン・E.ヒントン = 著)より
    9. 実例9(パターン2):INSANELY SIMPLE: The Obsession That Drives Apple’s Success (2012)(邦題『Think Simple – アップルを生みだす熱狂的哲学』、ケン・シーガル = 著)より
  7. Cut from the same clothのまとめ

Cut from the same clothの意味と由来

直訳すると、「同じ布から裁断された」となります。

この表現は、スーツの仕立て屋がスーツを作る際に、ジャケットとズボンがちゃんとマッチするように、ジャケットとズボンを全く同じ「bolt of cloth(一反の布)」から作っていたことに由来します。

このように同じ「bolt of cloth(一反の布)」から作ったジャケットとズボンはよく似ていて相性が良いことから、「cut from the same cloth」は「非常によく似ている」を意味するフレーズとして広く使用されるようになりました。

非常にまれですが本来の形である「cut from the same bolt of cloth」で出てくることもあります。

日本語では「非常によく似ている」のほか、「うりふたつ」、「類友」、「同類」、「似た者同士」などと訳されます。

Cut from the same clothの英語による定義

sharing many similarities

洋書におけるcut from the same clothの出現頻度

A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Cut from the same clothの年代分布

1967年 – 2016年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1967年発行の『The Outsiders(邦題:アウトサイダーズ)』(スーザン・E.ヒントン = 著)で、最も新しい洋書は2016年発行の『How to Make a Spaceship(邦題:Xプライズ 宇宙に挑む男たち)』(ジュリアン・ガスリー = 著)でした。

Cut from the same clothの出現パターン

cut from the same clothの出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:cut from the same cloth(基本型・最頻出パターン)
パターン2:cut from the same cloth as …

パターン1は「cut from the same cloth」の形で使用する基本型で例文を挙げると次のようになります。

例文106-1)
I clicked with John right away when we first met. We were cut from the same cloth.
私は、ジョンと初めて会った時にすぐに意気投合しました。私たちは似た者同士だったんです。

この例文で使用している「click」については以下の記事で詳しく解説しています。

パターン2は、asを使って何と同じ(same)なのかを示すもので、例文を挙げると次のようになります。

例文106-2)
John is cut from the same cloth as Tom. They are joined at the hip.
ジョンとトムは似た者同士で、まるで一心同体です。

joined at the hip」については以下の記事で詳しく解説しています。

 

洋書内の実例

cut from the same clothのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるcut from the same clothの使用例を紹介していきます。

 

まずは、パターン1から紹介します。

パターン1:cut from the same cloth(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):iCon: Steve Jobs (2005)(邦題『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』、ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著)より

Steve Jobs and Steve Wozniak seemed to be cut from the same cloth. They both were solitary, self-absorbed, and isolated, neither joiners nor jocks.
スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアクは、いわゆる類友だった。ふたりとも孤独を好み、自己陶酔型で、他人と接点を持たず、交友範囲は狭く、運動も苦手だった。

引用元:
(英語原著)iCon: Steve Jobs – THE GREATEST SECOND ACT IN THE HISTORY OF BUSINESS (2005) by Jeffrey S. Young and William L. Simon; PART ONE Flowering and Withering; 1 Roots
(日本語版)『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』(ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著、井口耕二 = 訳)、東洋経済新報社(2005/11);第1部(沙羅双樹の花の色)、第1章(ルーツ)より
(英語原著Audible版)Audible-要約版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間10分

【単語ノート】
solitary = 孤独な
self-absorbed = 自己陶酔型の、自己中心的な、自分勝手な
isolated = 孤立した
joiner = いろいろな組織なグループに加入したがる人;家具職人
jock = 運動選手;(頭の弱い)スポーツマン

この文章は、アップルコンピュータ社の創業者である2人のスティーブ、つまりスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアクについて記載されています。2人のスティーブは、「同じ布から裁断された」ジャケットとズボンのようによく似ていたことが「cut from the same cloth」を用いて表現されていて、ここでは「類友」と訳されています。

実例2(パターン1):INSANELY SIMPLE: The Obsession That Drives Apple’s Success (2012)(邦題『Think Simple – アップルを生みだす熱狂的哲学』、ケン・シーガル = 著)より

Jay and Steve had a unique relationship in the days of the original Macintosh and in certain ways were cut from the same cloth.
ジェイとスティーブは初代マッキントッシュの時代にユニークな関係を築いていて、二人はある意味でうりふたつだった

引用元:
(英語原著)INSANELY SIMPLE: The Obsession That Drives Apple’s Success (2012) by Ken Segall; Chapter 2 Think Small
(日本語版)『Think Simple – アップルを生みだす熱狂的哲学』(ケン・シーガル = 著、高橋則明 = 訳、林 信行 = 監修・解説)、NHK出版(2012/5);第2章(少人数で取り組む)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約5分

「ジェイ」とは、「1984」や「Think different.」などのアップルの伝説的な広告シリーズを手がけたアメリカの広告代理店「シャイアット・デイ」の創業者ジェイ・シャイアットのことを指していて、「スティーブ」はアップルコンピュータの創業者スティーブ・ジョブズを指しています。

上記英文では、「ジェイ」と「スティーブ」のもとで仕事をしてきた著者のケン・シーガル氏が2人を「cut from the same cloth」と表現していて、ここでは「ふりふたつ」と訳されています。

実例3(パターン1):Undisputed Truth (2013)(邦題『真相 マイク・タイソン自伝』、マイク・タイソン = 著)より

Jackie was totally street. We were cut from the same cloth.
ジャッキーは根っから下町風で、俺と似た者同士だった

引用元:
(英語原著)Undisputed Truth (2013) by Mike Tyson; Chapter 11
(日本語版)『真相 マイク・タイソン自伝』(マイク・タイソン = 著、ジョー小泉 = 監訳、棚橋志行 = 訳)、ダイヤモンド社(2014/7);11(数々の裏切り)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

元統一世界ヘビー級王者のマイク・タイソン は、1990年2月11日に東京ドームで行われた世界タイトルマッチでバスター・ダグラスにまさかの敗北を喫してWBC・WBA・IBF王座から陥落します。その試合は、日本で行われたことからもわかるように興行的な色合いの濃いもので、むしろ本番はその後に予定されていたイベンダー・ホリフィールドとの試合でした。

こうした位置付けからタイソン陣営には大きな油断があり、さらにレフェリーのカウントミスも重なって(実際にはタイソンがKO勝ちしていたのですが審判のカウント開始が遅かったためKOならず)、世紀の番狂わせが生じます。

王座から陥落したタイソンは、幼少期を過ごしたブラウンズヴィルに戻ります。ブラウンズヴィルの友人たちは失意のタイソンに無償の愛を注いでくれ、特に昔、一緒に強盗もしていたという女友達の「ジャッキー」はよくしてくれたといます。

上記引用文は、その女友達の「ジャッキー」について記載したもので、ジャッキーとタイソンは「似た者同士」だったという部分が「cut from the same cloth」を用いて表現されています。

実例4(パターン1):GOOD TO GREAT (2001)(邦題『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』、ジム・コリンズ = 著)より

The good-to-great executives were all cut from the same cloth.
良い企業を偉大な企業に飛躍させた経営者は全員、おなじ性格をもっていた

引用元:
(英語原著)GOOD TO GREAT (2001) by Jim Collins; Chapter 2 Level 5 Leadership
(日本語版)『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』(ジム・コリンズ = 著、山岡洋一 = 訳)、日経BP社(2001/12);第二章(野心は会社のために 第五水準のリーダーシップ)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

実例5(パターン1):THE REMAINS OF THE DAY (1989)(邦題『日の名残り』、カズオ・イシグロ = 著)より

There existed in those days a true camaraderie in our profession, whatever the small differences in our approach. We were all essentially cut from the same cloth, so to speak.
当時、私ども同業の者には真の仲間意識がありました。仕事への姿勢に多少の違いはあっても、本質的には、いわば「同じ布から裁断された」人々ばかりでしたから。

引用元:
(英語原著)THE REMAINS OF THE DAY (1989) by Kazuo Ishiguro; Prologue: July 1956 Darlington Hall
(日本語版)『日の名残り』(カズオ・イシグロ = 著、土屋政雄 = 訳)、中央公論社(1990/7);プロローグ 一九五六年七月(ダーリントン・ホールにて)より
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間7分46秒

【単語ノート】
camaraderie[ˌkɑməˈrɑdəri/ˌkæməˈrɑːdəri(ː)] = 仲間意識、友情

実例6(パターン1):Body of evidence (1991)(邦題『証拠死体』、P.コーンウェル = 著)より

“You seem awfully hard on your brother,” I remarked quietly.
“I’m awfully hard on myself, Dr. Scarpetta,” she said as our eyes met. “Gary and I are cut from the same cloth. The difference between the two of us is I don’t feel compelled to be analytical about what can’t be altered.
「弟さんに対して、少し厳しすぎるような気がしますけど」と、私は静かに言った。
「私は自分に対しても、とても厳しいんですのよ、ドクター・スカーペッタ」私と目が合うと、彼女は言った。「ゲーリーと私はとても似ているんです。違うところは、私は変えることのできないことをあれこれ分析しようと思わない点です。

引用元:
(英語原著)Body of evidence (1991) by Patricia Cornwell; Chapter 7
(日本語版)『証拠死体』(P.コーンウェル = 著、相原真理子 = 訳)、講談社(1992/7);7より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間10分

【単語ノート】
awfully = ひどく、ずいぶん、恐ろしく
hard on … = …に対して厳しい、きつい、つらく当たる

“I think it’s more likely Beryl reopened the old wound,” I answered. “It reminded him of his inability to have relationships.”
Sounds like he and the killer are cut from the same cloth. Both of them unable to relate to women. Both of them losers’.”
「と言うより、ベリルに古傷を開けられたんじゃないかしら。ベリルのことで、自分が女性と関係を持てないことを思いだしてしまったのよ」
どうやらハントと犯人は同類みたいだな。二人とも女と関係が持てなかった。二人ともいわば人生の落後者だ」

引用元:
(英語原著)Body of evidence (1991) by Patricia Cornwell; Chapter 11
(日本語版)『証拠死体』(P.コーンウェル = 著、相原真理子 = 訳)、講談社(1992/7);11より

実例7(パターン1):Hellfire (2015)(邦題『神火の戦場 : SAS部隊ナイジェリア対細菌作戦(上・下)』、クリス・ライアン = 著)より

Danny half wondered if these were the same people who had cut off the hand of the villager they’d met. Probably not – the Nigerian family could never have travelled that distance on foot. But he didn’t doubt that these militants were cut from the same cloth. They deserved what was coming to them.
路上で出会った村人の手を切り落としたのもこいつらだろうか。おそらく違うだろう。ここからあそこまではかなりの距離があるからだ。しかし、ああした蛮行を平気でやらかす連中と同類であることは間違いない。だったらその報いを受けるのは当然だろう。

引用元:
(英語原著)Hellfire (2015) by Chris Ryan; Chapter Six
(日本語版)『神火の戦場 : SAS部隊ナイジェリア対細菌作戦(上・下)』(クリス・ライアン = 著、石田享 = 訳)、竹書房(2017/10);第6章(チクンダ村)より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/9/11確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
militant = 戦闘員、過激派、武装勢力

実例8(パターン1):The Outsiders (1967)(邦題『アウトサイダーズ』、スーザン・E.ヒントン = 著)より

They looked like they were all cut from the same piece of cloth: clean-shaven with semi-Beatle haircuts, wearing striped or checkered shirts with light-red or tan-colored jackets or madras ski jackets.
連中は同じ布から切りとったように見えた。きれいにひげをそり、髪は準ビートルズ・カット。縞か格子のシャツの上には明るい赤か、黄褐色のジャンパーか、マドラス木綿のスキー・ジャケットをはおっている。

引用元:
(英語原著)The Outsiders (1967) by S.E. Hinton; Chapter 9
(日本語版)『アウトサイダーズ』(スーザン・E.ヒントン = 著、清水真砂子 = 訳)、大和書房(1983/5);9より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
clean-shaven = (ひげなどを)きれいに剃った

 

次は、asを使って何と同じ(same)なのかを示すパターン2です。

パターン2:cut from the same cloth as …

実例9(パターン2):INSANELY SIMPLE: The Obsession That Drives Apple’s Success (2012)(邦題『Think Simple – アップルを生みだす熱狂的哲学』、ケン・シーガル = 著)より

This was the campaign that came to be used by NeXT throughout its lifetime: a modern look with thick black headlines and bold photography — clearly cut from the same cloth as the BMW ads that had attracted Steve to the agency in the first place.
このキャンペーンは、ネクストがアップルに買収されるまで続くことになった。太い黒のフォントで書かれた見出しと大胆な写真を使った現代的な見栄えで、最初にスティーブを魅了したBMWの広告と同じトーンだった

引用元:
(英語原著)INSANELY SIMPLE: The Obsession That Drives Apple’s Success (2012) by Ken Segall; Chapter 1 Think Brutal
(日本語版)『Think Simple – アップルを生みだす熱狂的哲学』(ケン・シーガル = 著、高橋則明 = 訳、林 信行 = 監修・解説)、NHK出版(2012/5);第1章(容赦なく伝える)より

Cut from the same clothのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

cut from the same cloth

cut from the same clothのイメージ画像3です。

  • 由来:スーツの仕立て屋がスーツを作る際に、ジャケットとズボンを全く同じ「bolt of cloth(一反の布)」から作っていたことに由来。同じ「bolt of cloth」から作ったジャケットとズボンはよく似ていることから。
  • 意味:非常によく似ている、うりふたつ、同類、似た者同士
  • 英語による定義: sharing many similarities
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:cut from the same cloth(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:cut from the same cloth as …
  • 例文
    I clicked with John right away when we first met. We were cut from the same cloth.
    私は、ジョンと初めて会った時にすぐに意気投合しました。私たちは似た者同士だったんです。
    John is cut from the same cloth as Tom. They are joined at the hip.
    ジョンとトムは似た者同士で、まるで一心同体です。

上記例文で使用した「click」と「joined at the hip」については以下の記事で詳しく解説していますので、是非あわせてお読み下さい。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング