洋書に出てくる英語表現0102:between a rock and a hard place【おすすめ英語フレーズ編85】

「洋書に出てくる英語表現0102:between a rock and a hard place【おすすめ英語フレーズ編85】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第102回は、フレーズ編の第85回として「between a rock and a hard place」を取りあげます。

目次
  1. Between a rock and a hard placeの意味と由来
  2. Between a rock and a hard placeの英語による定義
  3. 洋書におけるbetween a rock and a hard placeの出現頻度
  4. Between a rock and a hard placeの年代分布
  5. Between a rock and a hard placeの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):Moonwalk (1988)(邦題『ムーンウォーク:マイケル・ジャクソン自伝』、マイケル・ジャクソン = 著)より
    2. 実例2(パターン1):Shadows before dawn: finding the light of self-love through your darkest times (2015)(邦題『自分を愛せなくなってしまった人へ:自らに光をともす29の方法』、ティール・スワン = 著)より
    3. 実例3(パターン1):THE BLIND SIDE: Evolution of a Game (2006)(邦題『ブラインド・サイド:アメフトがもたらした奇蹟』、マイケル・ルイス = 著)より
    4. 実例4(パターン1):Necessary but Not Sufficient (2000)(邦題『チェンジ・ザ・ルール!:なぜ、出せるはずの利益が出ないのか』、エリヤフ・ゴールドラット = 著)より
    5. 実例5(パターン2):Black Order (2006)(邦題『ナチの亡霊(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より
    6. 実例6(パターン2):Emotional Blackmail (1997)(邦題『となりの脅迫者 : 家族・恋人・友人・上司の言いなりをやめる方法』、スーザン・フォワード = 著)より
    7. 実例7(パターン3):Becoming Facebook (2017)(邦題『フェイスブック 不屈の未来戦略』、マイク・ホフリンガー = 著)より
    8. 実例8(パターン3):The Perfect Assassin (2004)(邦題『完全なる暗殺者』、ウォード・ラーセン = 著)より
    9. 実例9(パターン4):Grinding It Out: The Making of McDonald’s (1977)(邦題『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』、レイ・A・クロック、ロバート・アンダーソン = 著)より
  7. Between a rock and a hard placeのまとめ

Between a rock and a hard placeの意味と由来

直訳すると、「岩と固い場所の間に」となります。

この表現は、1900年代初頭に実際にあった鉱夫の話に由来すると言われています。鉱夫たちは賃金を上げるよう雇い主に要求したのですが、雇い主は要求に応じず、そのままの賃金で働き続けるか、仕事を辞めるかのいずれかを選択するよう鉱夫たちに告げます。

この時の鉱夫の状況を表したのが「between a rock and a hard place」という表現で、「a rock(岩)」とは「鉱山」、すなわち「そのままの賃金を受け入れて鉱山に戻ること」を意味し、「a hard place(固い場所)」とは仕事を辞めて収入が途絶える「困窮した状況」に身を置くことを意味します。

このように「鉱山(a rock)」と「困窮(a hard place)」という受け入れがたい2つの選択肢の間に挟まれた鉱夫の状況から、「between a rock and a hard place」という表現は、「(望ましくない2つの物事の間で)板挟みになっている」状態を意味するフレーズとして広く使用されるようになりました。

日本語では「板挟みになって」のほか、「ジレンマに陥って」、「厳しい立場に置かれて」、「にっちもさっちもいかなくなって」、「立ち往生して」、「苦境に陥って」、「進退きわまって」などと訳されます。

「板挟み」や「ジレンマ」を意味する類似表現の「Catch-22」については以下の記事で詳しく解説していますので、是非あわせてお読み下さい。

Between a rock and a hard placeの英語による定義

facing two equally undesirable choices

洋書におけるbetween a rock and a hard placeの出現頻度

A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Between a rock and a hard placeの年代分布

1977年 – 2018年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1977年発行の『Grinding It Out: The Making of McDonald’s(邦題:成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝)』(レイ・A・クロック、ロバート・アンダーソン = 著)で、最も新しい洋書は2018年発行の『Mbappe(邦題:エムバペ 19歳で世界を獲った男)』(ルーカ・カイオーリ & シリル・コロー = 著)でした。

Between a rock and a hard placeの出現パターン

between a rock and a hard placeの出現パターンは主に以下の4つに分類することができます。

パターン1:caught between a rock and a hard place(基本型・最頻出パターン)
パターン2:be between a rock and a hard place
パターン3:stuck between a rock and a hard place
パターン4:その他

パターン1は「caught between a rock and a hard place」の形で板挟みになったり、苦境に陥っていることを意味する基本型で、このパターンが最も多くみられます。

例文102-1)
I was completely caught between a rock and a hard place at that time. I had to continue my business to pay the bill, while I had to quit my business to avoid getting into more debt.
当時、私は完全に板挟みの状態にいました。請求書の支払いを行うためにはビジネスを続けなければならなかった一方で、借金がさらに膨らまないようにするためにはビジネスを辞めなければならなかったのです。

パターン2はbe動詞とともに用いるもので、パターン1と同じく板挟みになったり、苦境に陥っている状態を表します。

例文102-2)
My wife and mother are locking horns over me. I’m really between a rock and a hard place.
嫁と姑が私のことでもめています。2人の間に挟まれて本当に困っています。

「lock horns」については以下の記事で詳しく解説しています。

パターン3は、「stuck between a rock and a hard place」の形で使用するもので、パターン1や2と同様に板挟みになったり、苦境に陥っていることを意味します。

例文102-3)
I have to undergo a surgery to fully recover from the injury, but I can’t play next season if I go under the knife. I’m stuck between a rock and a hard place.
ケガから完全に回復するには手術を受けなければなりませんが、手術を受ければ来シーズンはプレーすることができません。板挟みの状態です。

「go under the knife」については以下の記事で詳しく解説しています。

洋書内の実例

between a rock and a hard placeのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるbetween a rock and a hard placeの使用例を紹介していきます。

 

まずは、「caught between a rock and a hard place」の形で板挟みになったり、苦境に陥っていることを意味する基本型のパターン1から紹介します。

パターン1:caught between a rock and a hard place(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):Moonwalk (1988)(邦題『ムーンウォーク:マイケル・ジャクソン自伝』、マイケル・ジャクソン = 著)より

Artistically speaking we were caught between a rock and a hard place. We had worked with the smartest, hippest people in the world at Motown and Philly International, and we would have been fools to discount the things we’d absorbed from them, yet we couldn’t be imitators.
音楽的に僕らは、厳しい立場ではありました。僕らは、モータウンとフィリー・インターナショナルという世界中で最も粋で、流行の最先端にいるポップス界の人々と仕事をしてきたというのに、愚かにも、彼らから吸収したことを無視しようとしたのです。といって僕らは二番煎じをやるようなアーティストとなるわけにはいきません。

引用元:
(英語原著)Moonwalk (1988) by Michael Jackson; Chapter Four – Me And Q
(日本語版)『ムーンウォーク:マイケル・ジャクソン自伝』(マイケル・ジャクソン = 著、田中康夫 = 訳)、河出書房新社(2009/11);第4章(僕とQ)より引用

【単語ノート】
discount = …を割引する;…を無視する、軽視する
imitator = 模倣者

実例2(パターン1):Shadows before dawn: finding the light of self-love through your darkest times (2015)(邦題『自分を愛せなくなってしまった人へ:自らに光をともす29の方法』、ティール・スワン = 著)より

Trying to move forward in our lives when we hate ourselves is like trying to drive with the parking brake on. We are caught between a rock and a hard place. The only way to break free is to recognize the cycle of self-hate that we’re caught in.
自分を嫌いながら前に進もうとすることは、ブレーキを踏みながら運転するようなものです。当然、にっちもさっちもいかなくなるでしょう。そこから自由になる唯一の方法は、自分が捕らえられた自己嫌悪のサイクルに気づくことです。

引用元:
(英語原著)Shadows before dawn: finding the light of self-love through your darkest times (2015) by Teal Swan; INTRODUCTION: USING THE TOOL KIT TO SELF-LOVE
(日本語版)『自分を愛せなくなってしまった人へ:自らに光をともす29の方法』(ティール・スワン = 著、奥野節子 = 訳)、ナチュラルスピリット(2016/8);はじめに(自分を愛するツールキットを使う)より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/9/6確認)。(Kindle Unlimited 無料体験

【単語ノート】
parking brake = サイドブレーキ
break free = 自由になる、逃げ出す
self-hate = 自己嫌悪

実例3(パターン1):THE BLIND SIDE: Evolution of a Game (2006)(邦題『ブラインド・サイド:アメフトがもたらした奇蹟』、マイケル・ルイス = 著)より

Caught between a rock and a hard place, Roper succumbed to the rock: Fulmer’s buses rolled into Briarcrest at 3:31, just in time to pass Roper driving in the other direction, with Michael in the car.
2人のあいだで板挟みになったローパーは、リー・アンに従うことにした。フルマーのバスがやって来たのは3時31分で、マイケルを載せたローパーの車とは、ちょうどすれ違う形となった。

引用元:
(英語原著)THE BLIND SIDE: Evolution of a Game (2006) by Michael Lewis; CHAPTER SEVEN THE PASTA COACH
(日本語版)『ブラインド・サイド:アメフトがもたらした奇蹟』(マイケル・ルイス = 著、藤澤將雄 = 訳、河口正史 = 監修)、ランダムハウス講談社(2009/11);第7章(パスタコーチ)より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間10分

【単語ノート】
succumb = 屈服する

実例4(パターン1):Necessary but Not Sufficient (2000)(邦題『チェンジ・ザ・ルール!:なぜ、出せるはずの利益が出ないのか』、エリヤフ・ゴールドラット = 著)より

He is caught between a rock and a hard place. And not just on this issue but on almost everything that he is doing. That’s the nature of the monstrous system that has grown here. But he is not going to solve it now. Actually he doesn’t see how to solve it at all.
どっちをとるべきか板挟みだ。こんなことは、今回だけではない。レニーが携わっているほとんどのプロジェクトがそうだ。大型のシステムともなれば仕方のないことなのかもしれない。しかし、いまはその解決に取り組んでいる余裕はない。実は、どう解決していいのかさえ検討がつかないのだ。

引用元:
(英語原著)Necessary but Not Sufficient (2000) by Eliyahu M. Goldratt with Eli Schragenheim and Carol A. Ptak; Chapter 2 FEBRUARY 23, 1998
(日本語版)『チェンジ・ザ・ルール!:なぜ、出せるはずの利益が出ないのか』(エリヤフ・ゴールドラット = 著、三本木亮 = 訳)、ダイヤモンド社(2002/10);2 February 23, 1998より

We’re caught between a rock and a hard place. And they’re closing in on us.”
板挟みになっているんだよ。それがどんどんひどくなるばかりでね……」

引用元:
(英語原著)Necessary but Not Sufficient (2000) by Eliyahu M. Goldratt with Eli Schragenheim and Carol A. Ptak; Chapter 3 FEBRUARY 23, 1998
(日本語版)『チェンジ・ザ・ルール!:なぜ、出せるはずの利益が出ないのか』(エリヤフ・ゴールドラット = 著、三本木亮 = 訳)、ダイヤモンド社(2002/10);3 February 23, 1998より

【単語ノート】
close in on = 迫ってくる、詰め寄ってくる

 

次は、be動詞とともに用いて板挟みになったり、苦境に陥っている状態を表すパターン2です。

パターン2:be between a rock and a hard place

実例5(パターン2):Black Order (2006)(邦題『ナチの亡霊(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より

And with the current tensions between the Nepalese government and the Maoist rebels, the border was closely watched. They were literally between a rock and a hard place.
しかも、ネパール政府と毛沢東主義派の反政府軍との間で緊張状態が続いている現状を考えると、中国とネパールとの国境は厳重な監視下に置かれているに違いない。これでは前と後ろから挟み撃ちにされているも同然だ

引用元:
(英語原著)Black Order (2006) by James Rollins; 10 BLACK CAMELOT
(日本語版)『ナチの亡霊(上・下)』(ジェームズ・ロリンズ = 著、桑田健 = 訳)、竹書房(2012/7);10(黒いキャメロット)より。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/9/6確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
Nepalese [ˌnɛpəˈliz/nɛpəˈliːz] = ネパールの、ネパール人の
Maoist [ˈmaʊɪst] = 毛沢東主義者
rebel [ˈrɛbəl] = 反逆者

実例6(パターン2):Emotional Blackmail (1997)(邦題『となりの脅迫者 : 家族・恋人・友人・上司の言いなりをやめる方法』、スーザン・フォワード = 著)より

People trying to deal with punishers are always between a rock and a hard place. If they resist and try to hold their ground, they run the risk that the punisher will actually carry through on the threat. If they capitulate, or at least buy some time, they find themselves swimming in a cauldron of rage: rage at the blackmailer for creating such an oppressive and constricting situation, and at themselves for not having the guts to put up a fight.
「罰する人」に対処しようとする人は、必ずつらい選択を迫られる。もし抵抗して自分の意志を通そうとすれば、本当に脅しを実行される危険を冒すことになる。屈服すれば、あるいは少なくとも時間稼ぎをすれば、憤怒(ふんぬ) の大波に翻弄されることになる。それほどまでに抑圧的でがんじがらめの状況をつくりだしたブラックメール発信者に対する憤怒、そして闘いを挑む勇気を持てない自分自身に対する憤怒の大波に。

引用元:
(英語原著)Emotional Blackmail (1997) by Susan Forward; 2. The Four Faces of Blackmail
(日本語版)『となりの脅迫者 : 家族・恋人・友人・上司の言いなりをやめる方法』(スーザン・フォワード = 著、亀井よし子 = 訳)、パンローリング(2012/7);第2章(ブラックメールの四つの顔)より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/9/6確認)。(Kindle Unlimited 無料体験

【単語ノート】
hold one’s ground = 自分の考えを押し通す、譲らない
carry through = 成し遂げる、果たす

 

次は、「stuck between a rock and a hard place」の形で板挟みになったり、苦境に陥っていることを意味するパターン3です。

パターン3:stuck between a rock and a hard place

実例7(パターン3):Becoming Facebook (2017)(邦題『フェイスブック 不屈の未来戦略』、マイク・ホフリンガー = 著)より

By the end of 2010 — three years into Sandberg’s efforts — Facebook’s business was profitable but stuck between a rock and a hard place.
2010年末、サンドバーグが広告事業に取り組み始めてから3年がたった。フェイスブックの広告事業は収益を上げていたものの、立ち往生を余儀なくされていた

引用元:
(英語原著)Becoming Facebook: The 10 Challenges That Defined the Company That’s Disrupting the World (2017) by Mike Hoefflinger; 6 How Facebook Built a $10 Billion Business in Three Years
(日本語版)『フェイスブック 不屈の未来戦略』(マイク・ホフリンガー = 著、大熊 希美 = 訳)、TAC出版(2017/6);第6章(100億ドル規模のビジネスを3年で作る)より引用
(英語原著Audible版)Audible版-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約5分

【単語ノート】
profitable = 採算のとれる、利益の出る

実例8(パターン3):The Perfect Assassin (2004)(邦題『完全なる暗殺者』、ウォード・ラーセン = 著)より

He might actually sneak out of this predicament after all. For months he’d been stuck between that proverbial rock and a hard place, ending with his journey deep into the godforsaken Libyan desert, to barter with the devil himself. But now there was an end, an escape.
最終的に、どうにか窮地を脱したようだ。板挟みになり、リビア砂漠の人里離れた奥地まで出向いていき、悪魔と物々交換するはめになった。しかしようやく決着がつき、無事に逃げきれたのだ。

引用元:
(英語原著)The Perfect Assassin (2004) by Ward Larsen; Chapter Twenty-Four
(日本語版)『完全なる暗殺者』(ウォード・ラーセン = 著、本郷久美子 = 訳)、竹書房(2017/4);24より
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
sneak out of = …からこっそりと抜け出す
predicament = 窮地、苦境
proverbial = ことわざの、ことわざになっている、おなじみの(proverb = ことわざ、格言)
godforsaken = 人里離れた

 

最後は、「その他」のパターン4です。

パターン4:その他

実例9(パターン4):Grinding It Out: The Making of McDonald’s (1977)(邦題『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』、レイ・A・クロック、ロバート・アンダーソン = 著)より

When Harry would countermand one of my directives, leaving some young executive between a rock and a hard place, June would work it out with us individually.
ハリーが私の指示を撤回し、若い役員を過酷な環境に追い詰めようとしたときなどは、ジューンが我々と個々に話をつけてくれことも多々あった。

引用元:
(英語原著)Grinding It Out: The Making of McDonald’s (1977) by Ray Kroc with Robert Anderson; Chapter 11
(日本語版)『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝』(レイ・A・クロック、ロバート・アンダーソン = 著、野崎稚恵 = 訳)、株式会社プレジデント社(2007/1);第十一章(取引先とともに成長する)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間4分6秒

【単語ノート】
countermand = (指示や命令を)取り消す、撤回する
directive = 指示、命令

Between a rock and a hard placeのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

between a rock and a hard place

between a rock and a hard placeのイメージ画像1です。

  • 由来:賃金の上昇を要求したものの、雇い主からそのままの賃金で「鉱山(a rock)」で働き続けるか、仕事を辞めて「困窮した状況(a hard place)」に身を置くかのいずれかの選択を迫られた鉱夫の話から。
  • 意味:板挟みになって、ジレンマに陥って、立ち往生して、苦境に陥って
  • 英語による定義:facing two equally undesirable choices
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:caught between a rock and a hard place(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:be between a rock and a hard place
    パターン3:stuck between a rock and a hard place
    パターン4:その他
  • 例文
    I was completely caught between a rock and a hard place at that time. I had to continue my business to pay the bill, while I had to quit my business to avoid getting into more debt.
    当時、私は完全に板挟みの状態にいました。請求書の支払いを行うためにはビジネスを続けなければならなかった一方で、借金がさらに膨らまないようにするためにはビジネスを辞めなければならなかったのです。
    My wife and mother are locking horns over me. I’m really between a rock and a hard place.
    嫁と姑が私のことでもめています。2人の間に挟まれて本当に困っています。
    I have to undergo a surgery to fully recover from the injury, but I can’t play next season if I go under the knife. I’m stuck between a rock and a hard place.
    ケガから完全に回復するには手術を受けなければなりませんが、手術を受ければ来シーズンはプレーすることができません。板挟みの状態です。

例文内で使用されている「lock horns」と「go under the knife」については、以下の記事で詳しく解説しています。

また、類似表現の「Catch-22」については以下の記事で詳しく解説していますので、是非あわせてお読みください。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング