洋書に出てくる英語表現0063:down in the mouth【おすすめ英語フレーズ編46】

「洋書に出てくる英語表現0063:down in the mouth【おすすめ英語フレーズ編46】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第63回は、フレーズ編の第46回として「down in the mouth」を取り挙げます。

Down in the mouthの意味と由来

口には人の気持ちがよく現れます。例えば、不満がある時にはよく口が尖りますし、不意を突かれたような時には言葉を失って思わずポカンと口を開けてしまいます。また、うれしい時には口の両端が自然と上がります。

同様に、精神的に弱っていたり、元気のない時には口の両端が下がることから、「down in the mouth」は「元気がなくてしょげている」状態を表すフレーズとして使用されるようになりました。

日本語では、「元気がない」、「(精神的に)弱っている」、「意気消沈している」、「しょげている」などと訳されます。

口の両端が下がるというのは、あくまで比喩的な表現ですので、実際に口の両端が下がっているかどうかに関係なく使用することができます。

Down in the mouthの英語による定義

unhappy, depressed, or discouraged

洋書におけるdown in the mouthの出現頻度

A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Down in the mouthの年代分布

1838年 – 2011年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1838年発行の『Oliver Twist(邦題:オリヴァ・トゥイスト)』(チャールズ・ディケンズ = 著)で、最も新しい洋書は2011年発行の『Otogizoshi: The Fairy Tale Book of Dazai Osamu(日本語原著:お伽草紙)』(太宰治 = 著)でした。

このように当ブログの調査では1838年が最も古い使用例だったのですが、複数の英文資料によるとこの表現は1600年代に既に使用例がみられるそうです。

なお、当ブログの調査では、この「down in the mouth」という表現は1900年代前半から中頃に多くみられ、2000年以降にはあまり見られませんでした。どの英文資料をみても、この表現を「old-fashioned(古めかしい表現)」と分類しているものはなかったのですが、2000年以降の使用例が少ないことから使用頻度としては低下傾向にあると言えると思います。

Down in the mouthの出現パターン

down in the mouthの出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:be down in the mouth(基本型・最頻出パターン)
パターン2:seem (look) down in the mouth

パターン1はbe動詞とともに用いる基本型で例文を挙げると次のようになります。

例文63-1)
Mary has been down in the mouth since she broke up with her boyfriend.
メアリーは、彼氏と別れてからずっと元気がありません。

パターン2は、seemやlookとともに用いて「元気がなさそう」という意味を表すものです。

例文63-2)
What’s wrong with him? He seems down in the mouth.
彼はどうしたの?元気なさそうだけど。

注意点としては、これらの例文を見ていただければ分かるように、この「down in the mouth」という表現は、通常は他人のことを表現する場合に使われることを覚えておくと良いと思います。

この点については、「眉間(みけん)にシワを寄せる」という日本語の用法をイメージすると分かりやすいのではないかと思います。例えば、「今日の社長は朝から眉間にシワが寄ってて何か機嫌悪そうだね」という使い方はしますが、「彼女と別れてから、俺はずっと眉間にシワが寄っているんだ」とか、「今日の俺は朝から眉間にシワが寄ってて何か機嫌が悪そうだろ?」とは普通は言いませんよね。

なぜ、そのような使い方がおかしいのかというと、眉間にシワが寄っているかどうかは他人が見て判断することであって、自分で意識してすることではないからです。

逆に言えば、「あの頃は毎日ふさぎ込んでいて、一日中眉間にシワが寄っていました」のように過去の自分を他人目線で客観的に見ているような場合には、自分のことを表現する場合にも使えます。

この点は「down in the mouth」も同じで例外的な用法もありますので、あくまで「通常は」他人のことを表現する場合に使うということを意識しておくと良いと思います。

洋書内の実例

down in the mouthのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるdown in the mouthの使用例を紹介していきます。

 

まずは、パターン1から紹介します。

パターン1:be down in the mouth(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):BLACK DAHLIA AVENGER: A Genius for Murder (2003)(邦題『ブラック・ダリアの真実〈上・下〉』、スティーヴ・ホデル = 著)より

The day before the scheduled appointment, Stoker was contacted by the medical board investigators, who were, in Stoker’s words, “down in the mouth.”
手術日の前日、ストーカーは医療審議会の調査官に連絡を入れたが、調査官はストーカーによると「落胆していた」という。

引用元:
(英語原著)BLACK DAHLIA AVENGER: A Genius for Murder (2003) by STEVE HODEL; 25Sergeant Stoker, LAPD’s Gangster Squad, and the Abortion Ring
(日本語版)『ブラック・ダリアの真実〈上・下〉』(スティーヴ・ホデル = 著、東理夫 = 訳)、早川書房(2006/8);下巻・25(ストーカー部長刑事、LAPD組織犯罪課、闇の堕胎組織)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間1分25秒

実例2(パターン1):Inspector French’s Greatest Case (1925)(邦題『フレンチ警部最大の事件』、クロフツ = 著)より

“The truth is, sir, that I didn’t take what the old gentleman said seriously enough. I met him last week in Piccadilly, and he appeared anxious to hear my news and asked me to have a cup of coffee with him. He was pretty down in the mouth then, saying he was getting short of cash, and near the end of his tether, and so on.
「じつは、私はあの老人の言ったことを真剣には取らなかったのです。前の週にピカデリーで会いましたが、彼は私からの情報を聞きたがっていまして、一緒にコーヒーを飲まないかと誘ったのです。その時は、相当に弱っていました。現金にも不自由し始めたとか、財力の限界に来たなどと言っていました。

引用元:
(英語原著)Inspector French’s Greatest Case (1925) by Freeman Wills Crofts; CHAPTER XIV TRAGEDY
(日本語版)『フレンチ警部最大の事件』(クロフツ = 著、長谷川 修二 = 訳)、グーテンベルク21(2008/5);一四(悲劇)より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/29確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間4分54秒

【単語ノート】
end of one’s tether = 体力・財力・忍耐などの限界

 

次は、seemやlookとともに用いて「元気がなさそう」という意味を表すパターン2です。

パターン2:seem (look) down in the mouth

実例3(パターン2): Three Act Tragedy (1934)(邦題『三幕の殺人』、アガサ・クリスティ = 著)より

She hasn’t many treats, poor child, and – well, she had seemed a little down in the mouth, as though she didn’t take any interest in anything. I thought a big house-party might cheer her up.”
かわいそうにあの子はおもしろいことはほとんど経験しておりませんし、それに近頃は何事にも興味がわかないらしくて元気がなかったんでございます。それで盛大なハウス・パーティに行けばあの子も元気を出すんじゃないかと思いまして

引用元:
(英語原著)Three Act Tragedy (1934) by Agatha Christie; Chapter 14
(日本語版)『三幕の殺人』(アガサ・クリスティ = 著、赤冬子 = 訳)、グーテンベルク21(2013/3); 第三幕(発見)、第二章より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/29確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
treat = もてなし、ご馳走、ご褒美、楽しみ、おごること

実例4(パターン2):Otogizoshi: The Fairy Tale Book of Dazai Osamu (2011)(日本語原著『お伽草紙』、太宰治 = 著)より

You do seem rather down in the mouth, though.
“Look who’s talking. As for me, well, I don’t mind welcoming people, but seeing them off just isn’t my cup of tea.”
でも、何だかお前、元気が無いぢやないか。
「さう言ふあなたこそ、妙にしよんぼりしてゐるぜ。私や、どうも、お迎へはいいけれど、このお見送りつてやつは苦手だ。」

引用元:
(英語版)Otogizoshi: The Fairy Tale Book of Dazai Osamu (2011) by Dazai Osamu, translated by Ralph F. McCarthy; Urashima-san; Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/29確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(日本語原著)『お伽草紙』(太宰治 = 著)、初出:1945年10月25日筑摩書房より発行;(浦島さん)より引用

1945年に発行された太宰治のパロディー短編小説集『お伽草紙』に収められている4編の短編小説のうちの1つ『浦島さん』からの引用です。

『浦島さん』はもちろん日本人なら誰でも知っている昔話『浦島太郎』を太宰流にアレンジしたもので、上記引用文では浦島太郎が龍宮城から故郷に帰る途中に別れを惜しむ亀の様子が「down in the mouth」を用いて表現されています。

「someone’s cup of tea」については、以下の記事の中で詳しく解説しています。

実例5(パターン2):The Four of Hearts (1938)(邦題『ハートの4』、エラリー・クイーン = 著)より

“Darling. Don’t,” said Bonnie gently, her arm about her mother’s shoulders. “The man looks pretty much down in the mouth to me. I don’t think you’d enjoy seeing him in jail.”
「ね、およしなさいよ」ボニーはやさしく言って、母の肩を抱いた。「あの人は相当弱っているらしいじゃないの。留置場に入れてみても、うれしくはないじゃない」

引用元:
(英語原著)The Four of Hearts (1938) by Ellery Queen; Chapter 3 MR. QUEEN SEES STARS
(日本語版)『ハートの4』(エラリー・クイーン = 著、長谷川修二 = 訳)、グーテンベルク21(2006/1);三(クイーン氏スター連と会う)より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/29確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

Down in the mouthのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

down in the mouth

down in the mouthのイメージ画像1です。

  • 由来:精神的に弱っていたり、元気のない時には口の両端が下がることから。
  • 意味:元気がない、(精神的に)弱っている、意気消沈している、しょげている
  • 英語による定義: unhappy, depressed, or discouraged
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:be down in the mouth(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:seem (look) down in the mouth
  • 例文
    Mary has been down in the mouth since she broke up with her boyfriend.
    メアリーは、彼氏と別れてからずっと元気がありません。
    What’s wrong with him? He seems down in the mouth.
    彼はどうしたの?元気なさそうだけど。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング