洋書に出てくる英語表現0058:bark up the wrong tree【おすすめ英語フレーズ編44】

「洋書に出てくる英語表現0058:bark up the wrong tree【おすすめ英語フレーズ編44】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第58回は、フレーズ編の第44回として「bark up the wrong tree」を取り挙げます。

目次
  1. Bark up the wrong treeの意味と由来
  2. Bark up the wrong treeの英語による定義
  3. 洋書におけるbark up the wrong treeの出現頻度
  4. Bark up the wrong treeの年代分布
  5. Bark up the wrong treeの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):PURE DYNAMITE (1999)(邦題『ピュア・ダイナマイト:ダイナマイト・キッド自伝』、ダイナマイト・キッド = 著)より
    2. 実例2(パターン1):Rich Dad’s Before You Quit Your Job (2004)(邦題『金持ち父さんの起業する前に読む本』、ロバート・キヨサキ + 公認会計士シャロン・レクター = 著)より
    3. 実例3(パターン1):Salvation of a Saint (2012)(日本語原著『聖女の救済』、東野圭吾 = 著)より
    4. 実例4(パターン1):Sleeping Murder (1976)(邦題『スリーピング・マーダー:ミス・マープル最後の事件』、アガサ・クリスティー = 著)より
    5. 実例5(パターン1):Freckles (1904)(邦題『そばかすの少年』、G・ポーター = 著)より
    6. 実例6(パターン1):Crucible (2019)(邦題『AIの魔女(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より
    7. 実例7(パターン2):The Curious Casebook of Inspector Hanshichi : Detective Stories of Old Edo (2007)(日本語原著『半七捕物帳 : 時代推理小説1』、岡本綺堂 = 著)より
    8. 実例8(パターン2):My Life (2004)(邦題『マイライフ:クリントンの回想』 ビル・クリントン = 著)より
    9. 実例9(パターン2):The Devotion of Suspect X (2011)(日本語原著『容疑者Xの献身』、東野圭吾 = 著)より
  7. Bark up the wrong treeのまとめ

Bark up the wrong treeの意味と由来

直訳すると、「間違った木の下で吠え上げる」となります。

この表現は、1800年代前半にアメリカでよく行われていた猟犬を使ったアライグマ狩り(raccoon-hunting)に由来します。

アライグマは夜行性の動物であるため、アライグマ狩りは特別に訓練された猟犬を使って夜に行われていたのですが、訓練された猟犬と言えども間違えることが少なからずありました。

猟犬は、アライグマを見つけると走って追いかけて行き、アライグマが登って行ったと思われる木の下で上に向かって吠えながら、猟師の到着を待つのですが、アライグマに上手いことだまされた場合には「間違った木の下で吠え上げる(bark up the wrong tree)」というわけです。

このように「間違った木の下で吠え上げる」ことは、時間やエネルギーを浪費する無駄な努力であることから、この「bark up the wrong tree」という表現は「見当違いの努力をする」という意味で広く使用されるようになりました。

日本語では、「見当違いの努力をする」のほか、「的外れなことをする(言う)」、「お門違いの追跡をする」などと訳されます。

Bark up the wrong treeの英語による定義

waste one’s time, energy or effort by making a wrong choice

洋書におけるbark up the wrong treeの出現頻度

A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]

(AAA[超高頻度]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Bark up the wrong treeの年代分布

1904年 – 2019年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1904年発行の『Freckles(邦題:そばかすの少年)』(G・ポーター = 著)で、最も新しい洋書は2019年発行の『Crucible(邦題:AIの魔女(上・下))』(ジェームズ・ロリンズ = 著)でした。

このように本ブログの調査では1904年が最も古い使用例でしたが、複数の英文資料によると、1800年代の前半に既に本表現の使用がみられるということです。

Bark up the wrong treeの出現パターン

bark up the wrong treeの用法上の特徴は何と言っても「進行形」(現在進行形、過去進行形、現在完了進行形、過去完了進行形)で使用されることです。bark up the wrong treeの約90%が進行形で出てきます。

このため、bark up the wrong treeの出現パターンは「進行形」と「その他」の2つに分類することができます。

パターン1:be barking up the wrong tree(進行形で用いるもの)
パターン2:その他

例文を上げると次のようになります。

例文58-1)
If you think I’m hiding her, I must say you are barking up the wrong tree. She is not here.
僕が彼女をかくまっていると思っているんだったら、お門違いだと言わざるをえないな。彼女はここにいないよ。

例文58-2)
Do you think I’m barking up the wrong tree?
君は、僕が見当違いなことをしているとでも思っているのかい?

洋書内の実例

bark up the wrong treeのイメージ画像2です。

それでは、実際に洋書内にみられるbark up the wrong treeの使用例を紹介していきます。

 

まずは、パターン1から紹介します。

パターン1:be barking up the wrong tree(進行形で用いるもの)

実例1(パターン1):PURE DYNAMITE (1999)(邦題『ピュア・ダイナマイト:ダイナマイト・キッド自伝』、ダイナマイト・キッド = 著)より

I said, trying not to laugh, “No. Sorry Sandy. You’re barking up the wrong tree altogether.”
「サンディ、気の毒だな。おまえは見当違いのところばかり探すから見つからねえんだ
俺は笑いをこらえながらそう言ってやった。

引用元:
(英語原著)PURE DYNAMITE (1999) by Former “British Bulldog” Tom Billington WITH ALISON COLEMAN; CHAPTER FOURTEEN
(日本語版)『ピュア・ダイナマイト:ダイナマイト・キッド自伝』(ダイナマイト・キッド = 著、ウォーリー山口 = 監修、今川みゆき = 翻訳協力)、エンターブレイン(2001/10);第14章(全日本へのUターン、そして従弟デイビーボーイ・スミスとのコンビ解消)より引用

1980年代前半に初代タイガーマスクのライバルとして新日本プロレスで活躍し、その後全日本プロレスやアメリカのWWFで活躍したイギリス出身の元プロレスラー、ダイナマイト・キッドの自伝からの引用です。

この引用文では、キッドがキャリアの晩年にカナダのスタンピード・レスリングに戻って試合をしていた頃に、サンディ・スコットというレスラーに対して行った「いたずら」について記載されています。

キッドは、巡業のために他のレスラーとともにエドモントンへ移動する際、全員の荷物が置いてあるバンの後ろへ行ってサンディーのスーツケースを窓から外に放り投げたところ、スーツケースは木の枝にうまく引っかかったといいます。キッドは、自分を犯人と疑うサンディの顔面を一発殴った上、スーツケースを必死に探すサンディに対して、ずっと知らぬフリをしていました。

どうしても自分のスーツケースが見つからないサンディが再びキッドのところにやってきて荷物をどこにやったのか尋ねた時に、キッドが笑いをこらえながら言ったのが上記引用文にある「You’re barking up the wrong tree altogether」で、ここでは「見当違いのところばかり探すから見つからねえんだ」と訳されています。

実例2(パターン1):Rich Dad’s Before You Quit Your Job (2004)(邦題『金持ち父さんの起業する前に読む本』、ロバート・キヨサキ + 公認会計士シャロン・レクター = 著)より

It is best to admit you have come to a dead end or to admit you have been barking up the wrong tree.
そういう時は、袋小路に突き当たったことや、見当違いの努力をしていたことを正直に認めるのが一番だ。

引用元:
(英語原著)Rich Dad’s Before You Quit Your Job: 10 Real-Life Lessons Every Entrepreneur Should Know (2005) by Robert T. Kiyosaki with Sharon L. Lechter; Rich Dad’s Entrepreneurial Lesson # 10 Know When to Quit
(日本語版)『金持ち父さんの起業する前に読む本:ビッグビジネスで成功するための10のレッスン』(ロバート・キヨサキ + 公認会計士シャロン・レクター = 著、白根美保子 = 訳)、筑摩書房(2006/11);金持ち父さんの起業家レッスン その十「いつ会社を辞めるべきか?」、より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験

【単語ノート】
come to a dead end = 袋小路に突き当たる、行き止まりに突き当たる、行き詰まる

ここでは、昔からよく言われる「勝者は決して途中ではやめない。すぐやめる人は決して勝てない」という言葉に対して、著者のロバート・キヨサキ氏が必ずしも賛成できないという内容が述べられています。

ロバート・キヨサキ氏の経験によると、勝者はやめ時も知っているとのことで、やめるのが最善と考えられる場合には「見当違いの努力をしていたこと」を正直に認めるのが一番、という部分が「bark up the wrong tree」を使って表現されています。

実例3(パターン1):Salvation of a Saint (2012)(日本語原著『聖女の救済』、東野圭吾 = 著)より

‘If you’re thinking that Mashiba might’ve invited his ex-girlfriend over, I’d say you’re barking up the wrong tree. I can say with total confidence that that’s not his style. Not at all.’
「もし、真柴がその女性を家に招き入れたかもしれないと考えておられるのなら、とんでもない見当違いだ。あいつはそんなことはしない。絶対にね。これは断言できます」

引用元:
(英語版)Salvation of a Saint (2012) by Keigo Higashino, translated by Alexander O. Smith; Chapter 12
(日本語原著)『聖女の救済』(東野圭吾 = 著)、文藝春秋(2008/10);12より引用
(英語Audible版)Audible版-完全版一冊無料!Audible無料体験

【単語ノート】
ex-girlfriend = 元彼女、昔の彼女

同じ本の第22章にも「bark up the wrong tree」が再度登場します。

Yukawa looked up at Kusanagi and a smile spread across his face.
‘What’s that for?’ the detective asked. ‘You think I’m barking up the wrong tree, don’t you?
すると湯川は草薙の顔を見た後、ふっと笑みを浮かべた。
「なんだ、気味が悪いな。俺が的外れなことをいっているとでも思うのか

引用元:
(英語版)Salvation of a Saint (2012) by Keigo Higashino, translated by Alexander O. Smith; Chapter 22
(日本語原著)『聖女の救済』(東野圭吾 = 著)、文藝春秋(2008/10);22より引用
(英語Audible版)Audible版-完全版一冊無料!Audible無料体験

 

実例4(パターン1):Sleeping Murder (1976)(邦題『スリーピング・マーダー:ミス・マープル最後の事件』、アガサ・クリスティー = 著)より

You mean we’re barking up the wrong tree?
ぼくらが見当ちがいのことをしているって言うのかい?

‘Not entirely. I think he was in love with Helen all right. But he’s nice, Giles, awfully nice. Not the strangling kind at all.’
「まるっきりちがっているわけではないの。彼はたしかにヘレンを愛していたでしょう。だけど彼はいい人よ、ジャイルズ、とってもいい人。絞め殺したりするような人ではないわ」

‘You haven’t an awful lot of experience of the strangling kind, have you, Gwenda?’
「絞め殺したりするような人間にそれほど会った経験はないはずだろ、グエンダ?」

‘No. But I’ve got my woman’s instinct.’
「それはないけど。女の直感よ」

引用元:
(英語原著)Sleeping Murder (1976) by Agatha Christie; Chapter 17 – Richard Erskine
(日本語版)『スリーピング・マーダー:ミス・マープル最後の事件』(アガサ・クリスティー = 著、綾川梓 = 訳)、早川書房(1977);17(リチャード・アースキン)より引用

【単語ノート】
strangle = 締めつける、絞め殺す、窒息させる
instinct = 直感、本能

実例5(パターン1):Freckles (1904)(邦題『そばかすの少年』、G・ポーター = 著)より

“Oh, hagginy! Wasn’t I barking up the wrong tree, though? Ought to been looking close the ground all this time. Now it’s all to do over, and I suspect the sooner I start the sooner I’ll be likely to find them.”
「うわあ、なんだって! じゃあ僕は、まちがった場所を探していたのか? 見張るべきなのは、地面の近くだったんだ。じゃあ、とにかくやり直しだな。早く始めればそのぶん、早く見つけることができるぞ」

引用元:
(英語原著)Freckles (1904) by Gene Stratton-Porter; CHAPTER IV
(日本語版)『そばかすの少年』(G・ポーター = 著、鹿田 昌美 = 訳)、光文社(2009/5);第4章(敵と新たな使命)より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/24確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

「do over」という表現にも注目してください。「do over」はやり直すという意味の表現で、次のように使用されます。

If it’s not right, you throw it away and do it over.
しっくりとこなければ、それを捨ててやり直すまでです。

引用元:
(英語原著)Moonwalk (1988) by Michael Jackson; Chapter Six – All You Need Is Love
(日本語版)『ムーンウォーク:マイケル・ジャクソン自伝』(マイケル・ジャクソン = 著、田中康夫 = 訳)、河出書房新社(2009/11);第6章(愛こそはすべて)より引用

‘Yep, I make a note of what’s bad as well as what’s good. You don’t get the chance to go back and do it over!’
「ああ、あいつの悪かった点と良かった点を両方ちゃんと書き残しているよ。でも、もう二度とやり直すチャンスはないけどな!」

引用元:
(英語原著)Mbappe (2018) by Luca Caioli and Cyril Collot; Chapter 6 The hell of paradise
(日本語版)『エムバペ 19歳で世界を獲った男』(ルーカ・カイオーリ & シリル・コロー = 著、タカ大丸 = 訳)、扶桑社(2018/10);第6章(ASモナコ — 楽園の中の地獄!?)より引用

He wasn’t just dissatisfied, he was furious, fuming, ordering it be done over.
スティーブは不機嫌どころではなかった。怒り心頭に発して、全部やり直せと声を荒らげた。

引用元:
(英語原著)THE STEVE JOBS WAY: iLEADERSHIP FOR A NEW GENERATION (2011) by Jay Elliot with William L. Simon; 2 Success Is in the Details
(日本語版)『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』(ジェイ・エリオット、ウィリアム・L ・サイモン = 著、中山 宥 = 訳)、ソフトバンク クリエイティブ株式会社;2(成功は細部に宿る)より引用

実例6(パターン1):Crucible (2019)(邦題『AIの魔女(上・下)』、ジェームズ・ロリンズ = 著)より

Gray motioned to Kowalski. “Use one of our satellite phones. Even with the cell towers down, they should work. Make sure we’re not barking up the wrong tree here.”
グレイはコワルスキに合図した。「俺たちの衛星電話を使ってもらえ。携帯電話の基地局がダウンしていても、衛星電話ならつながるはずだ。俺たちが見当外れの場所を探っているわけではないと、確かめておく必要がある

引用元:
(英語原著)Crucible (2019) by James Rollins; Chapter 18
(日本語版)『AIの魔女(上・下)』(ジェームズ・ロリンズ = 著、桑田 健 = 訳)、竹書房(2020/4);下巻・第18章より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/24確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
motion = (身ぶり、手ぶりで)合図する

 

パターン2:その他

実例7(パターン2):The Curious Casebook of Inspector Hanshichi : Detective Stories of Old Edo (2007)(日本語原著『半七捕物帳 : 時代推理小説1』、岡本綺堂 = 著)より

If Hanshichi blindly based his assumptions on Kakuemon’s story, there was a good chance he would go barking up the wrong tree.
用人の話だけでうっかり見込みを付けようとすると、飛んだ見当違いになるかも知れない

引用元:
(英語版)The Curious Casebook of Inspector Hanshichi : Detective Stories of Old Edo (2007) by Okamoto Kido, translated by Ian MacDonald; The Mansion of Morning Glories
(日本語原著)『半七捕物帳 : 時代推理小説1』(岡本綺堂 = 著)、初出:1917年、光文社(2001/11);朝顔屋敷より引用

【単語ノート】
assumption = 仮定、仮説

実例8(パターン2):My Life (2004)(邦題『マイライフ:クリントンの回想』 ビル・クリントン = 著)より

If they wanted to spend the last month of the campaign barking up the wrong tree, that was fine with me.
わたしとしては、選挙戦最後のひと月をこんなお門違いの詮索に費やしたいならどうぞご勝手にという気持ちだった。

引用元:
(英語原著)My Life (2004) by Bill Clinton; Chapter 28
(日本語版)『マイライフ:クリントンの回想』(ビル・クリントン = 著、楡井浩一 = 訳)、朝日新聞社(2004/9);上巻、第28章より引用
(英語原著Audible版)Audible-要約版一冊無料!Audible無料体験):Audible版はクリントンさん本人が朗読していてリスニングの練習に最適です。サンプルを聞くだけでも十分に価値のある内容となっています。サンプル再生時間は約10分です。

ここでは、共和党のブッシュ大統領と、民主党のビル・クリントン候補、無所属のロス・ペロー候補の3人による争いとなった1992年のアメリカ大統領選挙について記載されています。

第1回テレビ討論会に向けて、ブッシュ陣営はクリントン氏の人格に攻撃を加えようと懸命になっていて、その一環としてブッシュ陣営はクリントン氏が1969年から1970年に40日間かけて北欧、ソ連、チェコスロヴァキアを旅行した際の全パスポート記録を調査させたといいます。その目的は、クリントン氏が徴兵を忌避するために別の国の市民権を得ようとしていたという根も葉もない噂の裏付けをとることでした。

しかし、この調査を進めるために他の二千件もの調査が後回しにされたことなどが明らかとなり、クリントン氏の人格を攻撃するところか、逆にブッシュ陣営のイメージが大きく損なわれることになります。

上記引用文では、こうしたパスポート騒動が「barking up the wrong tree」と表現されていて、ここでは「お門違いの詮索」と訳されています。

実例9(パターン2):The Devotion of Suspect X (2011)(日本語原著『容疑者Xの献身』、東野圭吾 = 著)より

“One thing you come to realize as a police detective is that a lot of our work consists of barking up the wrong tree. It’s not like your world, where once the logic fits, you have your proof and you can call it a day.”
「ま、俺たちの仕事はそういう空振りの繰り返しなんだけどさ。おまえたちみたいに、理屈が通れば認められるっていう世界とはわけが違うんだ」

引用元:
(英語版)The Devotion of Suspect X (2011) by Keigo Higashino, translation by Alexander O. Smith; Chapter Eight
(日本語原著)『容疑者Xの献身』(東野圭吾 = 著)、文藝春秋(2005/8);第8章より引用
(英語Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

パターン2として取り上げた実例7〜実例9を見ていただければ分かるように、これらの3つの実例は時制としては進行形ではないものの、いずれも「-ing」の形で使用されています。

こうしたことから、「bark up the wrong tree」は、約90%が進行形で使われ、残りの10%は時制としては進行形でなくてもその多くが「-ing」の形で使われることがお分かり頂けると思います。

Bark up the wrong treeのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

bark up the wrong tree

bark up the wrong treeのイメージ画像2です。

  • 由来:猟犬を使ったアライグマ狩りにおいて、猟犬が間違えてアライグマのいない木の下で吠え上げる様子から。
  • 意味:見当違いの努力をする、的外れなことをする(言う)、お門違いの追跡をする
  • 英語による定義: waste one’s time, energy or effort by making a wrong choice
  • 出現頻度:A[中頻度:高めの頻度で洋書に出てくる準必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:be barking up the wrong tree(進行形で用いるもの)
    パターン2:その他
  • 例文
    If you think I’m hiding her, I must say you are barking up the wrong tree. She is not here.
    僕が彼女をかくまっていると思っているんだったら、お門違いだと言わざるをえないな。彼女はここにいないよ。
    Do you think I’m barking up the wrong tree?
    君は、僕が見当違いなことをしているとでも思っているのかい?

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング