洋書に出てくる英語表現0036:「vanilla(バニラ)」には「●●●」という意味がある【第2・第3の意味編4】

「洋書に出てくる英語表現0036:「vanilla(バニラ)」には「●●●」という意味がある【第2・第3の意味編4】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第36回は「第2・第3の意味編」の第4回として「vanilla」を取り上げます。

目次
  1. 僕と彼女はバニラの関係だ
  2. 「バニラ」の世界
  3. vanillaの英語による定義
  4. 洋書におけるvanillaの出現頻度
  5. vanillaの年代分布
  6. vanillaの出現パターン
  7. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):THE STEVE JOBS WAY: iLEADERSHIP FOR A NEW GENERATION (2011)(邦題『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』、ジェイ・エリオット、ウィリアム・L ・サイモン = 著)より
    2. 実例2(パターン1):The Airbnb Story (2017)(邦題『Airbnb Story:大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法』、リー・ギャラガー = 著)より
    3. 実例3(パターン1):UNSTOPPABLE: MY LIFE SO FAR (2017)(邦題『マリア・シャラポワ自伝』、マリア・シャラポワ = 著)より
    4. 実例4(パターン1):Harry Potter and the Cursed Child – Parts One and Two (2016)(邦題『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』、J.K.ローリング = 著)より
    5. 実例5(パターン1):Open: An Autobiography (2009)(邦題『OPEN:アンドレ・アガシの自叙伝』、アンドレ・アガシ = 著)より
    6. 実例6(パターン1):Fifty Shades Darker (2011)(邦題『フィフティ・シェイズ・ダーカー』、ELジェイムズ = 著)より
    7. 実例7(パターン1):The Theory of Attraction (2012)(邦題『ザ・セオリー・オブ・アトラクション : 恋愛学入門講座』、デルフィーン・ドライデン = 著)より
    8. 実例8(パターン2):STEVE JOBS: THE BIOGRAPHY (2011)(邦題『スティーブ・ジョブズ』、ウォルター・アイザックソン = 著)より
    9. 実例9(パターン2):HOW THE MIGHTY FALL: And Why Some Companies Never Give In (2009)(邦題『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』、ジェームズ・C・コリンズ = 著)より
  8. Vanillaのまとめ

僕と彼女はバニラの関係だ

突然ですが、日本語でもし「彼女はバニラのような女性だ」や「僕と彼女はバニラの関係だ」と言ったとすれば、みなさんはどのような印象を受けるでしょうか。

この言葉を聞いた日本人の多くは、シンプルで余計な味の付いていないバニラアイスのイメージから、「バニラのような女性」であれば「バニラのように真っ白で汚れのない清純な女性」、「バニラの関係」であれば「はじめて異性と付き合うような清純な関係(プラトニックな関係)」を連想するのではないでしょうか。

しかし、我々日本人が「バニラ」という言葉から連想するイメージとは違って、英語で「vanilla」というと、多くの場合、それは「ありきたりな」とか「面白みのない」というネガティブなニュアンスになってしまい、冒頭の例でいえば「清純な女性」ではなく「面白みのない女性」、「プラトニックな関係」ではなく「ありきたりでつまらない関係」(文脈によっては「ノーマルなセックスしか行わない退屈な関係」)という意味になってしまいます。

「バニラ」の世界

次の文章を見てください。

“We’re new to the Lifestyle, but we don’t go to vanilla clubs or parties anymore,” Chelsea tells me as Tommy gazes hungrily at her, apparently committing covert sexualized violence. “At Lifestyle events, everyone’s cooler and more fun and more comfortable with themselves. And the girls aren’t catty and jealous of each other, like in the vanilla world.”
「私たち、『ライフスタイル』の初心者だけど、『バニラ』のクラブやパーティーには二度と行きたくないの」とチェルシーが言えば、トミーが物欲しそうにチェルシーを見つめる。心の中で「性的暴行」を働いているに違いない。「『ライフスタイル』に集まる人たちはみんな素敵だし、楽しいし、自分に満足している。女同士のひがみやねたみもないわ。『バニラ』の世界とは大違いよ」

That word vanilla comes up often in the conversation, always with disdain. The term refers to people who are not in the Lifestyle. When it’s mentioned, I laugh and joke back about those lame vanillas who ruin everything. But inside I wonder: Am I vanilla?
バニラ」という言葉が頻繁に飛び交う、常に侮蔑の意味を込めて。「バニラ」とは「ライフスタイル」の会員以外のことだ。誰かがそう言うたびに、俺は調子を合わせて野暮なバニラたちを茶化したが、内心では「そう言う俺もバニラの一人じゃないか」と突っ込んでいた。

引用元:
(英語原著)The TRUTH: An Uncomfortable Book About Relationships (2015) by Neil Strauss; PROLOGUE: The Hand You Are Dealt Face Down: Door 3 ALTERNATIVES
(日本語版)『ザ・ゲーム — 4イヤーズ』(ニール・ストラウス = 著、永井 二菜 = 訳)、パンローリング(2017/2);Door 3:新しい恋愛スタイル;Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/2確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

いきなり下衆な内容で申し訳ないのですが、上の文章で繰り返し出てくる「ライフスタイル」というのはどういう意味だかわかりますでしょうか。

この「ライフスタイル」は「生活様式」という意味ではなく、「スワッピング」、つまり複数のカップルが集まってパートナーを交換(スワップ)して行う性行為のことを指しています。

人間というのは、例えば自分の学業成績が悪ければ、成績の良い人を「ガリ勉」や「真面目」と言ってバカにし、一方の「ガリ勉」君は成績の悪い人たちを「不良」や「不真面目」などと呼んだりしてバカにします。

また、金持ちの人であれば、貧乏人をコキ使って心の奥底で貧乏人をバカにしていたり、一方の貧乏人は金持ちのことを「金の亡者」といってバカにしては、なんとか自分を正当化したがります。

このように自分とは異なる種類の人間を見下して、相対的に自分を高めることで精神のバランスを保つという行為は、本人がそれを自覚しているかどうかは別にして、多少なりともすべての人がなんらかの形で行っているものだと思います。

それと同じように、上記引用文に出てくるライフスタイル(スワッピング)の愛好者たちは、ライフスタイルを行わないノーマルな人達のことを侮辱の意味を込めて「vanilla」と呼んでいるということです。

このように、我々日本人が日本語の「バニラ」から受ける印象とは異なり、英語の「vanilla」には自分と異なる人や物を見下して相対的に自分を高めるという排他的なニュアンスが多分に含まれます。

この後の「洋書内の実例」の中で「vanilla」の使用例を示しますので、こうしたニュアンスを感じ取って頂ければと思います。

vanillaの英語による定義

ordinary and lacking special features

洋書におけるvanillaの出現頻度

AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
(AAA[超頻出]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

vanillaは、「バニラ」や「バニラ味の」という意味で洋書に高頻度に出現するだけでなく、「ありきたりな、面白みのない」という意味でも高頻度に出現します。

vanillaの年代分布

1994年 – 2017年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1994年発行の『Insanely Great: The Life and Times of Macintosh, the Computer that Changed Everything(邦題:マッキントッシュ物語 僕らを変えたコンピュータ)』(スティーブン・レヴィ = 著)で、最も新しい洋書は2017年発行の『UNSTOPPABLE: MY LIFE SO FAR(邦題:マリア・シャラポワ自伝)』(マリア・シャラポワ = 著)でした。

もちろん、「バニラ」や「バニラ味の」という意味での使用例であればもっと古い書籍にも見られるのですが、私の調査した限り、「ありきたりな、面白みのない」という意味での使用は1994年が最も古い使用例でした。

vanillaの出現パターン

「ありきたりな」や「面白みのない」という意味での「vanilla」の出現パターンは、主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:vanilla(基本型・最頻出パターン)
パターン2:plain-vanilla又はplain vanilla

パターン1は「vanilla」単独の形で使用するもので、例文を挙げると次のようになります。

例文36-1)
My job may seem creative, but, for the most part, is vanilla.
私の仕事はクリエイティブに見えるかもしれませんが、大部分はありきたりでつまらないものです。

パターン2は、vanillaを「plain-vanilla」又は「plain vanilla」の形で使用するもので、パターン1との間に意味の違いはありません。例文を挙げると次のようになります。

例文36-2)
Today, markets are full of plain-vanilla commodities.
今日、市場はありきたりの平凡な商品で溢れかえっています。

洋書内の実例

vanillaのイメージ画像2です。

 

それでは、実際に洋書内にみられるvanillaの使用例を紹介していきます。

まずは基本型のパターン1からです。

パターン1:vanilla(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):THE STEVE JOBS WAY: iLEADERSHIP FOR A NEW GENERATION (2011)(邦題『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』、ジェイ・エリオット、ウィリアム・L ・サイモン = 著)より

He would talk about the future of Apple, worried that as it grew, it would become just another vanilla company.
彼はたびたび、アップルの将来について不安を口にした。規模が大きくなるにつれて、面白みのない月並みな会社になってしまうのでは、と心配していた。

引用元:
(英語原著)THE STEVE JOBS WAY: iLEADERSHIP FOR A NEW GENERATION (2011) by Jay Elliot with William L. Simon; 3 Teaming “Pirates! Not the Navy”
(日本語版)『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』(ジェイ・エリオット、ウィリアム・L ・サイモン = 著、中山 宥 = 訳)、ソフトバンク クリエイティブ株式会社;3(チームづくり — 「海賊になろう! 海軍に入るな」)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約2分30秒

「彼」とは、アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズのことを指しています。

英語の「vanilla」には自分と異なる人や物を見下して、相対的に自分を高めるという排他的なニュアンスが多分に含まれると述べましたが、この引用文からもそのニュアンスが感じ取れるのではないかと思います。

スティーブ・ジョブズは、アップルを他の会社とは一線を画する特別な会社と考えているものの、将来、規模がさらに大きくなれば、自分たちもただの「vanilla company」、つまり「面白みのない月並みな会社」に成り下がってしまうのではないかと心配していたということです。

実例2(パターン1):The Airbnb Story (2017)(邦題『Airbnb Story:大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法』、リー・ギャラガー = 著)より

Blecharczyk, too, feels that this is an opportunity for innovation: “How do we make sure we have the right experience for an early community member who loves personal hospitality a host might provide, and also provide it for the person who wants to have a luxury experience? That’s the challenge and the opportunity.” But the company still has to walk a fine line without seeming too corporate or “vanilla.”
ブレチャージクも、これはイノベーションのチャンスだと感じている。
「親密なおもてなしを愛する初期のユーザーに合う体験を確実に届けるにはどうしたらいいだろう? また同時に、贅沢な体験を求めるユーザーにそれを届けるにはどうしたらいいだろう? そこが挑戦であり、チャンスでもある」。しかしまた、商業的になりすぎず、「金太郎あめ」にならないような微妙な配慮も必要になる。

引用元:
(英語原著)The Airbnb Story (2017) by Leigh Gallagher; 8 What’s Next?
(日本語版)『Airbnb Story:大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法』(リー・ギャラガー = 著、関 美和 = 訳)、日経BP(2017/5);8章(3人が次に出すものは?)より引用

【単語ノート】
hospitality = おもてなし
luxury = 贅沢な、豪華な

この文章の主語である「ブレチャージク」とは、世界中で民泊サービスを展開するアメリカのエアビーアンドビー社(Airbnb, Inc)の共同創業者の一人Nathan Blecharczykのことを指しています。ここでは、”vanilla”が「金太郎あめ」と訳されていますね。

「walk a fine line」という表現にも注目してください。「walk a fine line」は直訳すると「細い線を歩く」となりますが、この「fine line」は「微妙な差」や「紙一重」という意味で、「walk a fine line」で「紙一重の所を行く」や「ぎりぎりの所を行く」という意味で使われます。

実例3(パターン1):UNSTOPPABLE: MY LIFE SO FAR (2017)(邦題『マリア・シャラポワ自伝』、マリア・シャラポワ = 著)より

I was in the middle. I was vanilla. I didn’t think about my clothes too much, and I really didn’t care about my hair. I put it up in a ponytail — done.
わたしは彼女たちの中間。面白みのない娘だった。服装にはほとんど無頓着で、髪型など気にもしなかった。さっとポニーテールにまとめて — それでおしまい。

引用元:
(英語原著)UNSTOPPABLE: MY LIFE SO FAR (2017) by MARIA SHARAPOVA; Chapter 7
(日本語版)『マリア・シャラポワ自伝』(マリア・シャラポワ = 著、金井真弓 = 訳)、文藝春秋(2018/6);第7章(ライバルは友達じゃない)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);Audible版はシャラポワさん本人が朗読しています。サンプルだけでも聴く価値アリです。

モスクワのテニス・クリニックでマルチナ・ナブラチロワに才能を見出され、7歳の時に父ユーリとともに渡米したマリア・シャラポワは、9歳の時にフロリダのニック・ボロテリー・テニス・アカデミーに入学します。

そのアカデミー時代のライバルについて記載しているのがこの引用文で、ライバルの一人、タチアナ・ゴロビンは人気者で誰からも好かれていて、いつもキュートな服装をしていたといい、もう一人のライバル、エレナ・ヤンコビッチはおてんば娘だったといます。

そして、当のシャラポワといえば、タチアナとエレナの中間で、服装には無頓着で、髪型なども気にしない「vanilla」だったと表現されていて、ここでは「面白みのない娘だった」と訳されています。

ここでも決して、自分のことを「バニラのように飾り気のない純粋な娘だった」というような良い意味で使用しているわけではなく、「面白みのない娘だった」と卑下しているのがお分かりいただけると思います。

実例4(パターン1):Harry Potter and the Cursed Child – Parts One and Two (2016)(邦題『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』、J.K.ローリング = 著)より

DRACO: No. My father. He liked owning things that no one else had. The Ministry’s Time-Turners — thanks to Croaker — were always a little vanilla for him. He wanted the ability to go back further than an hour, he wanted the ability to travel back years.
ドラコ  いや、私の父親だ。父は、誰も持っていないものを所有したがった。魔法省の持っていた複数の逆転時計(タイムターナー)は──クローカー教授のおかげだったが──父にとっては常にありきたりのものにすぎなかった。父が欲しかったのは、一時間以上過去に戻る能力だった。何年も過去に旅のできる能力だった。

引用元:
(英語原著); Harry Potter and the Cursed Child – Parts One and Two: The Official Playscript of the Original West End Production; BASED ON AN ORIGINAL NEW STORY BY J.K. ROWLING, JOHN TIFFANY & JACK THORNE; ACT FOUR; Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/2確認)。(Kindle Unlimited 無料体験
(日本語版)『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部』(J.K.ローリング = 著、松岡 佑子 = 訳)、静山社(2016/11);第四幕より引用。Kindle Unlimited会員の方は¥0で読めます(2020/7/2確認)。(Kindle Unlimited 無料体験

実例5(パターン1):Open: An Autobiography (2009)(邦題『OPEN:アンドレ・アガシの自叙伝』、アンドレ・アガシ = 著)より

Stick to basics, Andre. Run him, run him. He’s gimpy, just make him move. I serve, he hits a vanilla return, I send him side to side until he yowls in pain and hits the ball into the net. Deuce number six.
基本に戻れ、アンドレ。彼を走らせろ。彼の脚は不自由なのだから、動かすのだ。僕がサービスを打つ。彼はありきたりのリターンを返す。僕は、彼をサイドからサイドに走らせる。彼はとうとう悲痛な声を上げてボールをネットにひっかける。デュース・ナンバー6。

引用元:
(英語原著)Open: An Autobiography (2009) by Andre Agassi; THE END
(日本語版)『OPEN:アンドレ・アガシの自叙伝』(アンドレ・アガシ = 著、川口由紀子 = 訳)、ベースボール・マガジン社(2012/5);「ジ・エンド」より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約7分30秒

【単語ノート】
gimpy = 脚の不自由な
yowl = 悲痛な声を上げる
deuce = (テニスの)デュース

ここでも、相手のリターンを「vanilla」と表現して見下しているのがお分かりいただけると思います。

実例6(パターン1):Fifty Shades Darker (2011)(邦題『フィフティ・シェイズ・ダーカー』、ELジェイムズ = 著)より

“Let me ask you something first. Do you want a regular vanilla relationship with no kinky fuckery at all?
「その前にひとつ訊いていいか。きみはふつうの関係、”バニラ” な関係を望んでいるのか? いかがわしい性行為がまったく含まれない関係が望みか?

My mouth drops open. “Kinky fuckery?” I squeak.
いきなりそんなことを訊かれて、顎がはずれて落ちそうになった。「いかがわしい性行為?」ネズミが鳴くみたいな声だった。

“Kinky fuckery.”
「そう、いかがわしい性行為だ」

引用元:
(英語原著)Fifty Shades Darker (2011) by E. L. James; Chapter Two
(日本語版)『フィフティ・シェイズ・ダーカー』(ELジェイムズ = 著、池田真紀子 = 訳)、早川書房(2015/6);上巻・第2章より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
kinky = (毛が)ちぢれた、チリチリの;性的に異常な、倒錯した
fuckery = 愚かな行為

ここでも「vanilla」が「清純な」関係という良い意味で使われているのではなく、「(普通のセックスしかしない)退屈な」関係というネガティブな意味で使われていて、そういう「バニラ」な関係を小バカにして若干見下しているのがお分かりいただけると思います。

実例7(パターン1):The Theory of Attraction (2012)(邦題『ザ・セオリー・オブ・アトラクション : 恋愛学入門講座』、デルフィーン・ドライデン = 著)より

“One of the intangible benefits people often say they get from submission is a sense of having permission to do things they wouldn’t normally do. You’ve given the choice of activity to the other person, so the responsibility is on that person if he or she exercises their power to make you do something you’d otherwise be too ashamed or shy to do. It’s also why some people like to be bound. They can’t blame themselves for their responses then. They can allow themselves to react freely in a way that regular, vanilla sex wouldn’t provide.”
「サブミッシブにとって、服従することの利点は、ふつうはしないようなことができるということなんだ。何をするかの選択権をドミナントに与えたからには、責任はドミナントにある。ふだんは恥ずかしくてとてもできないようなことをさせられたとしても、それはドミナントの責任なんだ。たとえば、縛ってもらいたがるサブミッシブがいるのは、そんなことをしてもドミナントのせいであって、自分のせいではないからだ。ノーマルなセックスのときにはしないような反応をしても許される」

引用元:
(英語原著); The Theory of Attraction (2012) by Delphine Dryden; Chapter Five
(日本語版)『ザ・セオリー・オブ・アトラクション : 恋愛学入門講座』(デルフィーン・ドライデン = 著、芦原夕貴 = 訳)、主婦の友社(2013/10);5章より引用

 

次は、「plain-vanilla」又は「plain vanilla」の形で使うパターン2です。

パターン2:plain-vanilla又はplain vanilla

実例8(パターン2):STEVE JOBS: THE BIOGRAPHY (2011)(邦題『スティーブ・ジョブズ』、ウォルター・アイザックソン = 著)より

Workaday professionals weren’t seeking a jewel-like sculpture for their desks, and mass-market consumers were not eager to spend twice what they’d pay for a plain vanilla desktop.
仕事に打ち込むプロフェッショナルは宝石のように輝く彫刻を机に置きたいとは思わなかったし、平凡なデスクトップの倍も払おうとする一般消費者は少なかったのだ。

(英語原著)Steve Jobs (2011) by Walter Isaacson
(日本語版)『スティーブ・ジョブズ(I・II)』(ウォルター・アイザックソン = 著、井口耕二 = 訳)、講談社(2011/10-11)
(英語原著Audible版)Audible版-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

2000年、アップルはパワーマックG4キューブを発売します。キューブの名の通り一辺約20cmの立方体の形をしていて、ニューヨーク近代美術館にも展示されるほどの洗練されたデザインのマシンだったのですが、商業的には成功しませんでした。

ハイエンドのデスクトップとして設計されたマシンであったにもかかわらず、大衆市場にも供給できるものにしようと欲張ったために、結局はどちらの市場にも受け入れられなかったことが原因で、上の引用文ではその点が分析されています。

ここでも、他社製のデスクトップパソコンを「plain vanilla」と表現することで若干見下している雰囲気が感じ取れると思います。

実例9(パターン2):HOW THE MIGHTY FALL: And Why Some Companies Never Give In (2009)(邦題『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』、ジェームズ・C・コリンズ = 著)より

Whereas Platt, with his thick glasses, penchant for driving plain-vanilla Ford Taurus cars, and humble eat-in-the-Iunchroom-with-employees demeanor, might have been ideal for an earlier era, HP’s stalling growth and languishing stock price (relative to the skyrocketing technology sector) lent credence to a growing worry that HP needed an entirely new type of leader.
プラットは分厚い眼鏡をかけ、何の飾り気もないフォード・トーラスを運転し、昼食は社員食堂で従業員とともに食べる質素な人柄なので、もっと以前には理想的な経営者だったかもしれないが、HPの成長が失速し、株価が低迷したことで(ハイテク株の急騰と比較したときの話だが)、HPにまったく新しいタイプの経営者が必要になっていると懸念するのは当然だと思えるようになった。

引用元:
(英語原著)HOW THE MIGHTY FALL: And Why Some Companies Never Give In (2009) by Jim Collins; STAGE 4: GRASPING FOR SALVATION
(日本語版)『ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階』(ジェームズ・C・コリンズ = 著、山岡洋一 = 訳)、日経BP社(2010/7);第六章(第四段階 一発逆転策の追求)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

【単語ノート】
penchant = 強い好み、趣味
humble = 謙虚な、控えめな、質素な
demeanor = 態度、振る舞い
stalling = 行き詰まった
languish = 低迷する、もがく、衰退する
stock price = 株価
credence = 信用、信頼
lend credence to = 〜に信用を与える

「Platt」とは、1992年から1999年までヒューレット・パッカード(HP)社のCEOを務めたルイス・プラット(Lewis E. Platt)のことを指しています。

Vanillaのまとめ

vanillaのイメージ画像3です。

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

vanilla

  • 意味:ありきたりな、面白みのない、平凡な
  • 英語による定義:ordinary and lacking special features
  • 出現頻度:AAA[超高頻度:極めて高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:vanilla(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:plain-vanilla又はplain vanilla
  • 例文
    My job may seem creative, but, for the most part, is vanilla.
    私の仕事はクリエイティブに見えるかもしれませんが、大部分はありきたりでつまらないものです。
    Today, markets are full of plain-vanilla commodities.
    今日、市場はありきたりの平凡な商品で溢れかえっています。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング