洋書に出てくる英語表現0035:jump the gun【おすすめ英語フレーズ編27】

「洋書に出てくる英語表現0035:jump the gun【おすすめ英語フレーズ編27】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第35回は、フレーズ編の第27回として「jump the gun」を取り上げます。

目次
  1. Jump the gunの意味と由来
  2. Jump the gunの英語による定義
  3. 洋書におけるjump the gunの出現頻度
  4. Jump the gunの年代分布
  5. Jump the gunの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):Lean In (2013)(邦題『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』、シェリル・サンドバーグ = 著)より
    2. 実例2(パターン1):Hollywood Hulk Hogan (2002)(邦題『ハリウッド・ハルク・ホーガン:ハルク・ホーガン自伝』、ハリウッド・ハルク・ホーガン & マイケル・ジャン・フリードマン = 著)より
    3. 実例3(パターン1):Cheating Death, Stealing Life: The Eddie Guerrero Story(2005)(邦題『エディ・ゲレロ自伝』、エディ・ゲレロ、マイケル・クラッグマン = 著)より
    4. 実例4(パターン1):THE DARK TOWER II : The drawing of the three (2003)(邦題『ダークタワー II:運命の3人(上・下)』、スティーヴン・キング = 著)より
    5. 実例5(パターン1):Twilight (2005)(邦題『トワイライト(上・下)』、ステファニー・メイヤー = 著)より
    6. 実例6(パターン1):The Gate of Sorrows (2016)(日本語原著『悲嘆の門(上・下)』、 宮部みゆき = 著)より
    7. 実例7(パターン2):2010: Odyssey Two (1982)(邦題『2010年宇宙の旅』、アーサー・C.クラーク = 著)より
    8. 実例8(パターン2):The Rampage of Haruhi Suzumiya (2011)(日本語原著『涼宮ハルヒの暴走』、谷川流 = 著)より
  7. Jump the gunのまとめ

Jump the gunの意味と由来

今回取り上げる「jump the gun」という表現は陸上競技のスタートに由来しています。

まず最初に次の文章を見てください。

Once the race was reset, the other guys had worry all of a sudden, because if someone jumped the gun again, they were immediately disqualified.
レースが仕切り直しになると、次にフライングを犯してしまったらすぐに失格になってしまうので、突如、不安と戦わなければならない選手も出てくる。

引用元:
(英語原著)FASTER THAN LIGHTNING: MY AUTOBIOGRAPHY (2013) by USAIN BOLT with Matt Allen; CHAPTER TWELVE The Message
(日本語版)『ウサイン・ボルト自伝』(ウサイン・ボルト = 著、生島淳 = 訳)、集英社インターナショナル(2015/5);第12章(神からのメッセージ)より引用

100m、200m及び4 x 100mリレーの世界記録保持者で、オリンピックで計11個の金メダルを獲得したジャマイカ出身のウサイン・ボルト氏の自伝からの引用です。

この引用文にあるように陸上競技において「jump the gun」という表現は、スタートのピストル音が鳴る前にスタートしてしまう「フライング」を意味します。それが転じて「早まった行動をする」という意味で陸上競技以外にも広く使用されるようになったのが、今回取り扱う「jump the gun」です。

Jump the gunの英語による定義

to do something too hastily without thinking carefully about it

洋書におけるjump the gunの出現頻度

AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]

(AAA[超頻出]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

Jump the gunの年代分布

1961年 – 2018年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、「早まった行動をする」という意味での当該英語表現の使用が確認された最も古い洋書は、1961年発行の『The Mind Thing(邦題:73光年の妖怪)』(フレドリック・ブラウン = 著)で、最も新しい洋書は2018年発行の『HALLOWEEN(邦題:ハロウィン )』(ジョン・パサレラ = 著)でした。

当ブログの調査では1961年が一番古い使用例でしたが、この「jump the gun」という表現は1900年代前半から使われているそうです。

Jump the gunの出現パターン

jump the gunの出現パターンは主に以下の2つに分類することができます。

パターン1:jump the gun(基本型・最頻出パターン)
パターン2:jump the gun on someone

パターン1は「jump the gun」を「早まった行動をする」の意味で使う基本型と言えるもので、例文を挙げると次のようになります。

例文36-1)
Don’t jump the gun. You two only just met yesterday. It’s too early to think about marriage.
早まってはいけないよ。君たち二人は昨日出会ったばかりだろ。結婚を考えるのは早すぎるよ。

例文36-2)
She jumped the gun and ate all the birthday cake before the party. She has a sweet tooth.
彼女が早まってパーティー前にバースデーケーキを全部食べてしまったんだよ。彼女は甘いものに目がないんだ。

もう1つのパターン2ですが、これはパターン1と若干ニュアンスが異なるので注意が必要です。

通常、パターン1は、陸上選手がスタートを我慢しきれなくてつい早くスタートしてしまうのと同じように、あることを我慢しきれなくてつい早まった行動をしてしまい、その結果として失敗してしまう場合に使われます。

それに対し、パターン2はパターン1のように我慢しきれなくて「つい」やってしまって「失敗」するのではなく、人よりも「意図的に(確信犯的に)」早くスタートして「成功」を収める、つまり「人を出し抜く」や「抜け駆けをする」という意味で使われます。

例文を挙げると、

例文36-3)
They jumped the gun on us and won the contract.
彼らは我々を出し抜いてその契約を獲得した。

のようになります。

洋書内の実例

jump the gunのイメージ画像2です。
それでは、実際に洋書内にみられるjump the gunの使用例を紹介していきます。

まずは、パターン1から紹介します。

パターン1:jump the gun(基本型・最頻出パターン)

実例1(パターン1):Lean In (2013)(邦題『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』、シェリル・サンドバーグ = 著)より

It seemed to me that she was jumping the gun — big time — but I understood why.
ずいぶん気の早い話だが、彼女の気持ちもわからなくはない。

引用元:
(英語原著)Lean In (2013) by Sheryl Sandberg; 7 Don’t Leave Before You Leave
(日本語版)『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』(シェリル・サンドバーグ = 著、村井章子 = 訳)、日本経済新聞出版社(2013/6/26);7(辞めなければならないときまで辞めないで)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約3分40秒

フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ氏は、ある時フェイスブックの若手女性社員から真剣な面持ちで相談を持ちかけられました。

会議室に入るなり、その女性社員が仕事とプライベートとの両立について次から次へと質問を投げかけてくるので、もしやと思い妊娠したのか尋ねるも、答えは「ノー」でそうなる前にあらかじめ計画を立てておきたいのだと言います。

そこでサンドバーグ氏は妊娠の計画についてパートナーに相談しているのか尋ねたところ、その女性社員は夫もボーイフレンドもいないと答えたということです。

そうした流れで出てきたのがこの引用文で、サンドバーグ氏はこの女性のことを「jumping the gun」と表現していて、ここでは「ずいぶん気の早い話」と訳されています。

実例2(パターン1):Hollywood Hulk Hogan (2002)(邦題『ハリウッド・ハルク・ホーガン:ハルク・ホーガン自伝』、ハリウッド・ハルク・ホーガン & マイケル・ジャン・フリードマン = 著)より

Universal jumped the gun and put up life-sized posters that showed me presenting the XWF all through their theme park.
ユニバーサルは先走りして、自分たちの経営するテーマパークでXWFを紹介するための俺の等身大ポスターを掲示した。

引用元:
(英語原著)Hollywood Hulk Hogan (2002) By Hulk Hogan; 64 The XWF
(日本語版)『ハリウッド・ハルク・ホーガン:ハルク・ホーガン自伝』(ハリウッド・ハルク・ホーガン & マイケル・ジャン・フリードマン = 著、株式会社ルミエール = 訳)、エンターブレイン(2003/4);第64章(XWF)より引用
(英語原著Audible版)Audible-要約版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間約15分;要約版ですが、ハルク・ホーガン本人が朗読しています。サンプルだけでも聞く価値アリ。

【単語ノート】
life-sized = 等身大の、実寸大の

ビンス・マクマホン(Jr.)率いるアメリカのプロレス団体WWEは、2001年にライバル団体のWCWとECWを買収したことで全米マット界を制圧します。

これにより、アメリカのプロレス界にはナンバー2どころか、ナンバー3もナンバー4も存在しないという奇妙な状況が生まれます。これは、新しくプロレス団体を立ち上げれば、ビンス・マクマホン率いるWWEには太刀打ちできないものの、自動的にナンバー2の座を手に入れることができるというある面でおいしい状況を意味していました。

そこで、ハルク・ホーガンのブランドを利用してナンバー2の団体を立ち上げようと考えた人たちがXWF(エクストリーム・レスリング・フェデレーション)という新団体の立ち上げを計画します。

ハルク・ホーガンも最初はその話に乗り気で、自身も2000万ドルをその新事業に注ぎ込むつもりでいましたが、肝心の後援者達が金を出し渋り始めたことや、プロレスのことを何も知らない人物に経営が任されようとしていたことなどもあって、結局ハルク・ホーガンは契約書にはサインしませんでした。

しかし、XWFの各種宣伝にはハルクホーガンの名前や写真が既に使用されていて、この引用文ではその点が「jumped the gun」と表現されていて、「先走り」と訳されています。

実例3(パターン1):Cheating Death, Stealing Life: The Eddie Guerrero Story(2005)(邦題『エディ・ゲレロ自伝』、エディ・ゲレロ、マイケル・クラッグマン = 著)より

Though our divorce hadn’t been made official, Vickie and I both jumped the gun and started seeing other people.
離婚が正式に成立してはいなかったにもかかわらず、ヴィッキーも俺も先を争うようにそれぞれ違う相手と交際を始めた

引用元:
(英語原著)Cheating Death, Stealing Life: The Eddie Guerrero Story (2005) by Eddie Guerrero with Michael Krugman;CHAPTER 36
(日本語版)『エディ・ゲレロ自伝』(エディ・ゲレロ、マイケル・クラッグマン = 著、井川昌子ほか = 訳)、エンターブレイン(2006/10);第36章より引用

日本でも活躍したアメリカのプロレスラーのエディ・ゲレロが妻ヴィッキーと家族への愛を語っている自伝の第36章からの引用です。

この章を読めば、エディ・ゲレロが妻ヴィッキーのことをどれだけ深く愛しているのかがよくわかるのですが、エディ・ゲレロのアルコール依存症などが原因で二人は一時期とても結婚生活を続けられるような状態ではなくなり、弁護士を通して離婚手続きを進めていました。

離婚手続きを進めつつも、ヴィッキーを愛し続けていたエディ・ゲレロは、妻から拒絶され続ける辛さに耐えきれず、ヴィッキーを忘れるために他の女性と交際するようになったといいます。そして、妻のヴィッキーも他の男性と交際を始めていました。

そうした流れで出てくるのがこの引用文で、「jumped the gun」の部分が「先を争うように」と訳されています。

なお、その後の二人ですが、離婚手続きが時間を要したことが幸いし、最後書類にサインすれば離婚が成立するという段階まで来た時には、既に二人は恋人同士に戻っていて、妻ヴィッキーの方から弁護士に離婚しない旨が伝えられたとのことです。

実例4(パターン1):THE DARK TOWER II : The drawing of the three (2003)(邦題『ダークタワー II:運命の3人(上・下)』、スティーヴン・キング = 著)より

Now they were closer.
Don’t jump the gun, wait, just wait …
さあ、親子三人連れがやってきた。
早まるな、待て、あともう少し…。

引用元:
(英語原著)THE DARK TOWER II : The drawing of the three (2003) by Stephen King; THE PUSHER, CHAPTER 1 Bitter Medicine
(日本語版)『ダークタワー II:運命の3人(上・下)』(スティーヴン・キング = 著、風間賢二 = 訳)、新潮社(2006/1);下巻・第一章(苦い薬)より引用
(英語原著Audible版)Audible-完全版一冊無料!Audible無料体験);サンプル再生時間5分

実例5(パターン1):Twilight (2005)(邦題『トワイライト(上・下)』、ステファニー・メイヤー = 著)より

Isabella,
If I haven’t heard from you by 5:30 p.m. today I’m calling Charlie.
イザベラヘ
今日の五時半までに連絡がなかったら、チャーリーに電話します

I checked the clock. I still had an hour, but my mom was well known for jumping the gun.
時計をチェックした。まだ一時間ある。でも、ママはフライングするので有名だった

Mom,
Calm down. I’m writing right now. Don’t do anything rash.
ママヘ
落ち着いて。いま書いてるから。早まったことしないでね。ベラより

引用元:
(英語原著)Twilight (2005) by Stephenie Meyer; 2. OPEN BOOK
(日本語版)『トワイライト(上・下)』(ステファニー・メイヤー = 著、小原亜美 = 訳)、ヴィレッジブックス(2008/4);2(見透かす瞳)より引用

「rash」と言えば、「発疹」を最初に思い浮かべる方も多いと思いますが、この引用文のように「性急な、早まった」という意味もあります。

実例6(パターン1):The Gate of Sorrows (2016)(日本語原著『悲嘆の門(上・下)』、 宮部みゆき = 著)より

Narita chuckled soothingly, trying to keep things light. “Hold on, you’re jumping the gun. We don’t know if he’s disappeared.”
成田が宥めるように苦笑した。「おいおい、気が早すぎるよ。まだ行方不明とは限らないんだから」

引用元:
(英語版)The Gate of Sorrows (HAIKASORU 2016) by Miyuki Miyabe, translated by Jim Hubbert; BOOK II
(日本語原著)『悲嘆の門(上・下)』(宮部みゆき = 著)、毎日新聞社(2015/1);上巻・第2章(死神)より引用

【単語ノート】
chuckle = くすくす笑う、含み笑いをする
soothingly = 穏やかに、落ち着かせるように、なだめるように

 

続いて、「人を出し抜く」、「抜け駆けをする」の意味で使用するパターン2です。

パターン2:jump the gun on someone

実例7(パターン2):2010: Odyssey Two (1982)(邦題『2010年宇宙の旅』、アーサー・C.クラーク = 著)より

‘It’s an ill wind – if our Chinese friends hadn’t jumped the gun on us, you wouldn’t have heard from me for another month. But now that Dr Rudenko’s woken me up, I’ll be speaking to you every couple of days.
例の逆風のことわざどおりだね(どんな逆風でもだれかの得になる) — もし中国の友人たちが抜け駆けをしなかったら、あと一ヵ月はこの声もそちらに届かないわけだ。しかしドクター・ルデンコが起こしてくれたおかげで、これからは一日おきに連絡できると思う。

引用元:
(英語原著)2010: Odyssey Two (1982) by Arthur C. Clarke; 7 Tsien
(日本語版)『2010年宇宙の旅』(アーサー・C.クラーク = 著、伊藤典夫 = 訳)、早川書房(1984/5);7(チェン号)より引用

「it’s an ill wind」という表現にも注目して下さい。これは、「it’s an ill wind that blows nobody (any) good」ということわざを省略したものです。

直訳すると「誰にも利益をもたらさない風は悪い風である」となり、「損をする人もいれば得をする人もいる」や「損する人がいるからこそ、得をする人がいる」、「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味で使用されます。

この本ではもう1箇所、パターン2の使用例と思われる箇所があります。

‘There’s one simple solution. What more can he do on this trip? When we start back for home, he’ll be in hibernation anyway. We could always – what do you say, jump the gun on him.’
「簡単な答が一つあるわね。ここで彼にできる仕事がまだ残っているか? 帰りの旅が始まれば、どちらにしても冬眠に入ってしまうんだし。いざとなればいつでも──何というのかしら、一発お見舞いすることはできるわけだから

引用元:
(英語原著)2010: Odyssey Two (1982) by Arthur C. Clarke; 39 In the Pod Bay
(日本語版)『2010年宇宙の旅』(アーサー・C.クラーク = 著、伊藤典夫 = 訳)、早川書房(1984/5);39(ポッド・ベイにて)より引用

最後にパターン2の実例をもう1つ紹介しておきます。

実例8(パターン2):The Rampage of Haruhi Suzumiya (2011)(日本語原著『涼宮ハルヒの暴走』、谷川流 = 著)より

I was the last one to arrive at our meeting place. I came fifteen minutes early, but the other members had moved even more quickly, as though they had been expecting Haruhi’s call. This was why I always ended up having to pay, but I was used to that by now. I was just an ordinary human. I had no chance of jumping the gun on three people with such special backgrounds.
集合場所に現れた最後の人物は俺だった。ちゃんと十五分前に来たってのに、他のメンツは急なハルヒの呼び出しをあらかじめ解っていたような速度で集合したらしい。おかげで毎回俺が奢るハメになるんだが、もう慣れたしあきらめたね。しょせん一介の一般人たる俺が、この特殊な背後関係を持つ三人を出し抜くことなどできはしないのさ

引用元:
(英語版)The Rampage of Haruhi Suzumiya (2011) by Nagaru Tanigawa; English translation by Chris Pai ; ENDLESS EIGHT
(日本語原著)『涼宮ハルヒの暴走』(谷川流 = 著)、角川書店(2004/10);エンドレスエイト、より引用

かなりわかりやすいパターン2の実例だと思います。

このように「jump the gun on someone」の形で使われるパターン2は、「早まった行動をする」という意味で使われる基本型のパターン1とはニュアンスが異なることがお分かり頂けたのではないかと思います。

Jump the gunのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

jump the gun

jump the gunのイメージ画像1です。

  • 由来:陸上競技のスタートでピストル音が鳴る前にスタートしてしまうフライングから。
  • 意味:早まった行動をする(「jump the gun on someone」の形で「人を出し抜く」の意味もあり)
  • 英語による定義:to do something too hastily without thinking carefully about it
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:jump the gun(基本型・最頻出パターン)
    パターン2:jump the gun on someone
  • 例文
    Don’t jump the gun. You two only just met yesterday. It’s too early to think about marriage.
    早まってはいけないよ。君たち二人は昨日出会ったばかりだろ。結婚を考えるのは早すぎるよ。
    She jumped the gun and ate all the birthday cake before the party. She has a sweet tooth.
    彼女が早まってパーティー前にバースデーケーキを全部食べてしまったんだよ。彼女は甘いものに目がないんだ。
    They jumped the gun on us and won the contract.
    彼らは我々を出し抜いてその契約を獲得した。

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング