洋書に出てくる英語表現0002:bite the bullet【おすすめ英語フレーズ編2】

「洋書に出てくる英語表現0002:bite the bullet【おすすめ英語フレーズ編2】」のアイキャッチ画像

「洋書に出てくる英語表現」の第2回は「bite the bullet」を取り上げます。

上皇后美智子さまの愛読書として有名なジーブスシリーズの『The Inimitable Jeeves(邦題:比類なきジーヴス)』(1923年発行)や『Thank You, Jeeves (邦題:サンキュー、ジーヴス 』(1934年発行)の中でも使用されている古くからある英語表現です。

目次
  1. bite the bulletの意味と由来
  2. bite the bulletの英語による定義
  3. 洋書におけるbite the bulletの出現頻度
  4. bite the bulletの年代分布
  5. bite the bulletの出現パターン
  6. 洋書内の実例
    1. 実例1(パターン1):iCon: Steve Jobs (2005)(邦題『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』、ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著)より
    2. 実例2(パターン1):Business Stripped Bare: Adventures of a Global Entrepreneur (2008)(邦題『ヴァージン流:世界を変える非常識な仕事術』、リチャード・ブランソン = 著)より
    3. 実例3(パターン1):Digital Gold: Bitcoin and the Inside Story of the Misfits and Millionaires Trying to Reinvent Money (2015)(邦題『デジタル・ゴールド — ビットコイン、その知られざる物語』、ナサニエル・ポッパー = 著)より
    4. 実例4(パターン1):Cheating Death, Stealing Life: The Eddie Guerrero Story(2005)(邦題『エディ・ゲレロ自伝 』、エディ・ゲレロ、マイケル・クラッグマン = 著)より
    5. 実例5(パターン1):TRADING FOR A LIVING(1993)(邦題『投資苑 : 心理・戦略・資金管理 』、アレキサンダー・エルダー = 著)より
    6. 実例6(パターン2):Senna Versus Prost(2009)(邦題『セナvsプロスト:史上最速の”悪魔”は誰を愛したのか!?』、マルコム・フォリー = 著)より
    7. 実例7(パターン2):Thank You, Jeeves (1934)(邦題『サンキュー、ジーヴス 』、P・G・ウッドハウス = 著)より
    8. 実例8(パターン2):The Inimitable Jeeves (1923)(邦題『比類なきジーヴス』、P・G・ウッドハウス = 著)より
    9. 実例9(パターン3):Business Stripped Bare: Adventures of a Global Entrepreneur (2008)(邦題『ヴァージン流:世界を変える非常識な仕事術』、リチャード・ブランソン = 著)より
  7. bite the bulletのまとめ

bite the bulletの意味と由来

直訳すると、「弾丸を噛む」となります。

昔、麻酔薬がなかった時代に、負傷した兵士達が痛みをこらえるために弾丸を噛んで(bite the bullet)手術を受けたことから、「(弾丸を噛んで痛みを耐える兵士のように)歯を食いしばって辛いことに耐える」という意味でこの表現が使用されるようになったと言われています。

日本語では、「歯を食いしばる」、「歯を食いしばってこらえる」、「グッとこらえる」などと訳されます。

bite the bulletの英語による定義

to endure hardship or to deal with unpleasant situation

洋書におけるbite the bulletの出現頻度

AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
(AAA[超頻出]、AA[高頻度]、A[中頻度]、B[低頻度]、C[まれ]の5段階で評価)

bite the bulletの年代分布

1923年〜2015年*
(*当ブログで調査した1813年以降の洋書約1000冊のなかで、当該英語表現の使用が確認された洋書の発行年の範囲)

当ブログで調査した1813年以降に発行された約1000冊の洋書のなかで、当該表現の使用が確認された最も古い洋書は、1923年発行の『The Inimitable Jeeves(邦題:比類なきジーヴス)』で、最も新しい洋書は2015年発行の『Digital Gold: Bitcoin and the Inside Story of the Misfits and Millionaires Trying to Reinvent Money(邦題:デジタル・ゴールド — ビットコイン、その知られざる物語)』でした。

1900年代初期から現在に至るまで、幅広く使用されている定番表現で、英会話にも安心して使用できる英語表現と言えるでしょう。

なお、古くは「bite on the bullet」という表現が使用されていて、それが現在広く使用されている「bite the bullet」に変形したそうです。古い方の「bite on the bullet」という表現は1800年代にもみられるようです。

bite the bulletの出現パターン

bite the bulletの出現パターンは主に以下の3つに分類することができます。

パターン1:bite the bullet and do something(最頻出パターン)
パターン2:bite the bullet(パターン1のand do somethingがないパターン)
パターン3:〜 is a bullet worth biting

では、最も頻度の高いパターン1から見ていきましょう。

パターン1:bite the bullet and do something

例えば、「コロナウイルスの流行中は、グッとこらえて家にこもる必要がある」であれば、

例文2-1)
We need to bite the bullet and stay at home during the coronavirus pandemic.

となります。

次によくみられるのが、パターン1の「and do something」がないパターンです。

パターン2:bite the bullet(パターン1のand do somethingがないパターン)

例文2-2)
Last night I wanted to eat a giant piece of chocolate cake, but I bit the bullet.
(昨晩、私は巨大なチョコレートケーキを食べたかったが、グッとこらえた。)

最後にパターン3です。

パターン3はかなりまれなのですが、実際に出会った時に面食らわないように、こういう使い方もあるよ位に頭の片隅に置いておけばいいと思います。「a bullet worth biting」で「やる価値のあること」を意味します。

パターン3:〜 is a bullet worth biting

例文2-3)
That book is very difficult, but a bullet worth biting because it widens our views.
(あの本はとても難しいけど、我慢して読んでみる価値はあるよ。視野が広がるから。)

洋書内の実例

それでは、実際に洋書内にみられるbite the bulletの使用例を紹介していきます。

まずは最頻出のパターン1から紹介します。

パターン1:bite the bullet and do something(最頻出パターン)

実例1(パターン1):iCon: Steve Jobs (2005)(邦題『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』、ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著)より

Once again, the headstrong boy prevailed over his parents. They bit the bullet, dipped into their savings, and sent him off to Reed.
今回もスティーブがわがままを通し、両親は歯を食いしばって蓄えを放出し、息子をリードに送りだした

引用元:
(英語原著)iCon: Steve Jobs – THE GREATEST SECOND ACT IN THE HISTORY OF BUSINESS (2005) by Jeffrey S. Young and William L. Simon; PART ONE Flowering and Withering; 1 Roots
(日本語版)『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』(ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著、井口耕二 = 訳)、東洋経済新報社(2005/11);第1部(沙羅双樹の花の色)、第1章(ルーツ)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 要約版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

リードとは、オレゴン州ポートランドにある私立大学のReed Collegeのことで、アップルの共同創業者であるスティーブ・ジョブズの出身大学として有名です。スティーブ・ジョブズが育った家庭は、決して裕福ではなかったのですが、スティーブ・ジョブズの育ての親であるジョブズ夫妻は、未婚の大学院生カップルから生まれて間もないジョブズを養子として迎え入れる際に「ある約束」をしていたために、何としても息子を大学に入れなければなりませんでした。

スティーブ・ジョブズは、1955年2月24日に、カリフォルニア州サンフランシスコでウィスコンシン大学大学院のシリア人留学生ジャンダーリと、同じくウィスコンシン大学の大学院生であるジョアン・シーブルとの間に生まれたのですが、実母のジョアン・シーブルは、ジョブズ夫妻が二人とも大学を出ていなかったことからジョブズ夫妻のところに息子を養子に出すのをためらっていました。そこで、「将来絶対にこの子を大学に進学させる」という条件でジョブズを養子に出したということです。

ジョブズ夫妻は、律儀にもこの約束を守るため、「bite the bullet」、つまり歯を食いしばって蓄えを放出してでも、「リードじゃなければ大学には行かない」と言い張る息子をリード大学に入れたというわけです。

こうして、スティーブ・ジョブズは、1972年9月に学費が高いことで有名な私立のリード大学に入学したのですが、1学期だけで退学しています。

次も、同じ本からの引用です。

Part of the deal that Markkula insisted on was that Steve Jobs and Woz would become full-time Apple employees; Woz would finally have to bite the bullet and leave the security of his job at HP.
ジョブズとウォズのふたりともがアップルでフルタイム働く、というマークラが出した条件をウォズに承諾させ、HPという安定した職を捨てさせるのがたいへんだったのだ。

引用元:
(英語原著)iCon: Steve Jobs – THE GREATEST SECOND ACT IN THE HISTORY OF BUSINESS (2005) by Jeffrey S. Young and William L. Simon; 2 A Company Is Born
(日本語版)『スティーブ・ジョブズ 偶像復活』(ジェフリー・S・ヤング + ウィリアム・L・サイモン = 著、井口耕二 = 訳)、東洋経済新報社(2005/11);第2章(ある企業の誕生)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 要約版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

アップルコンピュータ社は、1977年1月にスティーブ・ジョブズ(当時21歳)とスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)の2人のスティーブに、投資家のマイク・マークラ(Mike Markkula)を加えて正式に設立されましたが、その際、投資家のマイク・マークラはあることを条件にアップルに25万ドルを投資しました。

その「あること」について記載したのが上記の引用文です。この引用文にあるように、2人のスティーブがフルタイムでアップルの仕事に専念するというのがマークラの出した条件でした。スティーブ・ウォズニアックは、アップル創業当初はヒューレット・パッカード(HP)社のエンジニアでした。野心あふれるスティーブ・ジョブズとは対照的に、無欲でお人好しで堅実なタイプのウォズニアックは、HP社のエンジニアという安定した職業を捨てたくはありませんでした。

しかし、そのウォズニアックも、周りに説得されて結局は「bite the bullet」、つまり歯を食いしばって、HP社のエンジニアという安定した職業を捨てたということです。

実例2(パターン1):Business Stripped Bare: Adventures of a Global Entrepreneur (2008)(邦題『ヴァージン流:世界を変える非常識な仕事術』、リチャード・ブランソン = 著)より

Addressing climate change is good business; and I guarantee that once you bite the bullet and start work in this sector, you won’t want to stop. HIV/Aids and climate change are issues that I have a personal passion for and that make sense for the Virgin Group to get behind.
気候変動への対処は立派な仕事だ。だから私は、ひとたび苦境を乗り切ってこの分野で仕事を始めれば、やめようという気にはならないと保証する。エイズと気候変動は、私が個人的に情熱を持つ問題で、ヴァージン・グループが援助をするのにふさわしい問題でもある。

引用元:
(英語原著)Business Stripped Bare: Adventures of a Global Entrepreneur (2008) by Richard Branson; 7 Social Responsibility
(日本語版)『ヴァージン流:世界を変える非常識な仕事術』(リチャード・ブランソン = 著、植山周一郎/宮本喜一 = 訳)、エクスナレッジ(2009/5);第七章(社会的責任)より
(英語原著Audible版)Audible版 – 完全版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

ヴァージン・グループの創業者であるリチャード・ブランソン氏の著書からの引用です。ここでは、「bite the bullet」が「苦境を乗り切って」と訳されていますね。

実例3(パターン1):Digital Gold: Bitcoin and the Inside Story of the Misfits and Millionaires Trying to Reinvent Money (2015)(邦題『デジタル・ゴールド — ビットコイン、その知られざる物語』、ナサニエル・ポッパー = 著)より

The lawyer had reached Charlie’s parents and they were ready to put up their house in Brooklyn as collateral for the $1 million bail. But they had conditions: he had to apologize to them and break up with Courtney. When Charlie resisted the conditions, his lawyer told him that he needed to bite the bullet and do what it took to get out.
弁護士がチャーリーの両親と連絡をとったところ、両親は一〇〇万ドルの保釈金の担保としてブルックリンの自宅を差しだす用意があると語った。ただそれには条件があった。チャーリーが両親に謝罪し、コートニーと別れることだ。チャーリーが条件に抗おうとすると、弁護士はここはグッとこらえて、外に出る選択をすべきだと言い聞かせた。

引用元:
(英語原著)Digital Gold: Bitcoin and the Inside Story of the Misfits and Millionaires Trying to Reinvent Money (2015) by Nathaniel Popper; CHAPTER 28 January 20, 2014、Kindle Unlimited会員は¥0で読めます(2020/6/9確認)Kindle Unlimited 無料体験
(日本語版)『デジタル・ゴールド — ビットコイン、その知られざる物語』(ナサニエル・ポッパー = 著、土方 奈美 = 訳)、日本経済新聞出版社(2016/9);第28章(二〇一四年一月二〇日)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 完全版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

「チャーリー」とは、仮想通貨ライトコインの発明者で、元グーグルの技術者であるチャーリー・リー(Charlie Lee)のこと。ここでは、「bite the bullet」が「グッとこらえて」と訳されています。

実例4(パターン1):Cheating Death, Stealing Life: The Eddie Guerrero Story(2005)(邦題『エディ・ゲレロ自伝 』、エディ・ゲレロ、マイケル・クラッグマン = 著)より

And if it wasn’t me getting ribbed, it would’ve happened to someone else. Getting ribbed is part of the business, so I had to accept it. If you don’t bite the bullet and swallow your anger, the ribs just get worse.
それにもし自分がターゲットでなければ、他の誰かが同じ目に遭っていたのだ。遊ばれるのも仕事のうちだから、おとなしく我慢しなければならなかった。グッとこらえ怒りを飲み込まなければ、いたずらはさらにエスカレートしていくだけだ。

引用元:
(英語原著)Cheating Death, Stealing Life: The Eddie Guerrero Story (2005) by Eddie Guerrero with Michael Krugman;CHAPTER 12
(日本語版)『エディ・ゲレロ自伝』(エディ・ゲレロ、マイケル・クラッグマン = 著、井川昌子ほか = 訳)、エンターブレイン(2006/10);第12章より引用

エディ・ゲレロ(Eddie Guerrero)は、アメリカ・テキサス州出身のメキシコ系アメリカ人プロレスラーで、2005年11月に遠征先のホテルで動脈硬化性疾患により38歳で急死しました。日本では、二代目ブラックタイガーとして、三代目タイガーマスクや獣神サンダー・ライガーと激闘を繰り広げたことでも有名です。

そのエディ・ゲレロですが、日本への遠征時に空港のラウンジで落ち合ったレスラー仲間達と搭乗前に軽く飲んでいたところ、いたずらとして、ナスティーボーイズの二人に鎮静剤を混入されました。ナスティーボーイズの二人は、意識を失ったエディ・ゲレロの顔に平手打ちを食らわせた上、眉毛を剃り落とし、前髪を切り、さらに頭のてっぺんを三角形に刈り込んで、フランケンシュタインのようにしたということです。そのせいで、エディ・ゲレロは両国国技館の超満員の観客の前で眉毛も髪の毛もない姿で闘わなければならなかったのですが、その事件について記載したのが上記の引用文です。

この例文のように「bite the bullet and do something」を否定形で使用することもできます。また、この例文にみられるように、「rib(あばら骨)」には「からかう」という意味もあります。

実例5(パターン1):TRADING FOR A LIVING(1993)(邦題『投資苑 : 心理・戦略・資金管理 』、アレキサンダー・エルダー = 著)より

A loser cannot cut his losses quickly. When a trade starts going sour, he hopes and hangs on. (中略) Finally, his broker forces him to bite the bullet and take his punishment. As soon as he gets out of a trade, the market comes roaring back.
敗者はなかなか自分の損失を早めに切ることができません。トレードがうまくいかなくなると、彼は祈るような気持ちでポジションに必死にしがみつこうとします。(中略)そして、最後にブローカーが彼に引導を渡し、彼は罰を受けることになるのです。そして、彼がトレードから降りるやいなや、マーケットはそれをあざ笑うかのように元のレベルへ急回復していくのです。

引用元:
(英語原著)TRADING FOR A LIVING: Psychology, Trading Tactics, Money Management (1993) by Dr. Alexander Elder ; Chapter X Risk Management, 46. EMOTIONS AND PROBABILITIES
(日本語版)『投資苑 : 心理・戦略・資金管理』(アレキサンダー・エルダー = 著、福井強 = 訳)、パンローリング(2000/8);第10章(リスク・マネジメント)、46(感情と確率)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 要約版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

ここまで見てきた実例で、「bite the bullet and do something」の使い方がよく分かって頂けたのではないかと思います。日本語の「歯を食いしばる」と意味が近いだけでなく、「歯を食いしばって〜する」のように具体的な内容が後に続く場合が多いという用法の点でも、この表現は日本語の「歯を食いしばる」にとても近いと考えられます。

続いて、パターン1の「and do something」の部分がないパターン2の実例を紹介します。

パターン2:bite the bullet(パターン1のand do somethingがないパターン)

実例6(パターン2):Senna Versus Prost(2009)(邦題『セナvsプロスト:史上最速の”悪魔”は誰を愛したのか!?』、マルコム・フォリー = 著)より

In 1981, when Dennis had wanted Lauda to come out of retirement, he knew the Austrian held the bargaining power. Lauda drove a typically hard deal, then told Dennis, ‘You’ll be paying just one dollar for my driving ability, all the rest is for my personality.’ At the time Dennis bit the bullet – but now he had Prost.
1981年にラウダのF1復帰を画策した際、デニスはラウダが交渉においてスゴ腕だということに気づいていた。厳しい契約内容を突きつけるラウダは、デニスにこう言い放った。「私のドライビング能力に対し、あなたが支払うのは1ドルだけだ。残りの金額は、私の人間としての魅力に対する報酬だ」。この時はデニスが折れたが、しかし今の彼には「プロスト」がいた。

引用元:
(英語原著)Senna Versus Prost (2009) by Malcolm Folley; 7 STORMY MONACO
(日本語版)『セナvsプロスト:史上最速の”悪魔”は誰を愛したのか!?』(マルコム・フォリー = 著、五十嵐 哲 = 訳)、三栄書房(2010/7);第6章(水煙のモナコ)より引用
*日本語版は全訳ではないため、英語原著と日本語版では章立てが異なり、英語原著のChapter 7が日本語版の第6章に相当。

「ラウダ」は、通算25勝でワールドタイトル3回獲得のオーストリア人F1ドライバー、故ニキ・ラウダのこと。また、「プロスト」は通算51勝、ワールドタイトル4回獲得のフランス人F1ドライバーで、プロフェッサーの愛称で知られるアラン・プロストのこと。故アイルトン・セナの最大のライバルでした。「デニス」は、イギリスのF1チーム・マクラーレンの元総監督ロン・デニスのこと。

ちなみに、この本は日本でF1人気が下火になった後、セナが事故死するまでのセナとプロストの関係についても書かれているのでとても興味深いです。特に、日本でF1が大ブームだった頃には必死にF1情報を追っていたけれども、F1人気が下火になった後のことはほとんど知らないというにわかファンの人(私もその一人)には、びっくりするような話が多く書かれています。また、セナとプロストを比較すると、セナの方が圧倒的に人気が高かったので、セナとプロストの確執はどうしてもセナ目線で語られがちですが、この本はセナの死後何十年も経った後で冷静なプロスト目線で書かれているというのも大変興味深いです。

実例7(パターン2):Thank You, Jeeves (1934)(邦題『サンキュー、ジーヴス 』、P・G・ウッドハウス = 著)より

‘I’m not pretending I’m pleased, of course, but I can bite the bullet. My self-respect would not permit me to accept the man’s terms.
「もちろん僕は喜んでいるようなふりをするつもりはない。だけど歯を食いしばってこらえてみせるさ。僕の自尊心は彼の提示する条件を呑むことを許さないんだ。

引用元:
(英語原著)Thank You, Jeeves (1934) by P. G. Wodehouse; Chapter 2 CHUFFY
(日本語版)『サンキュー、ジーヴス』(P・G・ウッドハウス = 著、森村たまき = 訳)、国書刊行会(2006/11);第2章(チャッフィー)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 完全版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

実例8(パターン2):The Inimitable Jeeves (1923)(邦題『比類なきジーヴス』、P・G・ウッドハウス = 著)より

‘I don’t wonder, Jeeves,’ I said, ‘so brace up and bite the bullet. I’m afraid I’ve bad news for you. That scheme of yours – reading those books to old Mr Little and all that – has blown out a fuse.’
「そうだろうな、ジーヴス」僕は言った。「気をしっかり持てよ、悪い知らせがあるんだ。あの本を老リトルに読んでやるという君の計略だが、ひどいことになった」

引用元:
(英語原著)The Inimitable Jeeves (1923) by P. G. Wodehouse; Chapter 2 NO WEDDING BELLS FOR BINGO
(日本語版)『比類なきジーヴス』(P・G・ウッドハウス = 著、森村たまき = 訳)、国書刊行会(2005/2);第2章(ビンゴが為にウエディングベルは鳴らず)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 完全版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

「brace up and bite the bullet」の「brace up」は「気を引き締める、シャキッとする」という意味です。

 

最後にパターン3を紹介します。

パターン3:〜 is a bullet worth biting

実例9(パターン3):Business Stripped Bare: Adventures of a Global Entrepreneur (2008)(邦題『ヴァージン流:世界を変える非常識な仕事術』、リチャード・ブランソン = 著)より

Our Virgin health clubs make the experience as pleasant as possible, but it’s a lot easier to spend an hour chasing rays in the shallows off Necker than it is to slog up and down in a swimming pool. Still, exercise is a bullet worth biting, whatever your surroundings and whatever the pressures of the day.
ヴァージンのフィットネスクラブでは非常に快適にトレーニングできるが、プールを往復するよりは、ネッカー島沖の浅瀬でエイを追いかけて一時間過ごすほうがはるかに楽だ。しかし、本人の置かれた環境や日々さらされる精神的苦痛の程度とは関係なく、運動はとにかくする価値がある

引用元:
(英語原著)Business Stripped Bare: Adventures of a Global Entrepreneur (2008) by Richard Branson; 1 People
(日本語版)『ヴァージン流:世界を変える非常識な仕事術』(リチャード・ブランソン = 著、植山周一郎/宮本喜一 = 訳)、エクスナレッジ(2009/5);第一章(人)より引用
(英語原著Audible版)Audible版 – 完全版一冊無料!Audible無料体験)、サンプル聴けます

実例2でも引用したヴァージン・グループの創業者であるリチャード・ブランソン氏の著書からの引用です。パターン3はまれなパターンだと言いましたが、このような形で出てきます。

bite the bulletのまとめ

それでは、最後に以上の内容をまとめておきます。

bite the bullet

  • 由来:昔、麻酔薬がなかった時代に、負傷した兵士達が痛みをこらえるために弾丸を噛んで(bite the bullet)手術を受けたことから。
  • 意味:歯を食いしばる、歯を食いしばって辛いことに耐える、グッとこらえる
  • 英語による定義:to endure hardship or to deal with unpleasant situation
  • 出現頻度:AA[高頻度: 高い頻度で洋書に出てくる必須の英語表現]
  • 出現パターン
    パターン1:bite the bullet and do something(最頻出パターン)
    パターン2:bite the bullet(パターン1のand do somethingがないパターン)
    パターン3:〜 is a bullet worth biting
  • 例文
    We need to bite the bullet and stay at home during the coronavirus pandemic.
    (コロナウイルスの流行中は、グッとこらえて家にこもる必要がある)
    Last night I wanted to eat a giant piece of chocolate cake, but I bit the bullet.
    (昨晩、私は巨大なチョコレートケーキを食べたかったが、グッとこらえた。)
    That book is very difficult, but a bullet worth biting because it widens our views.
    (あの本はとても難しいけど、我慢して読んでみる価値はあるよ。視野が広がるから。)

今回は、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆☆いつも応援ありがとうございます☆☆
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

英語ランキング